インターンシップ
英文名Internship
科目概要動物資源科学科3年不定期 [休業中]、3群科目、選択、講義、1単位(15時間)
動物資源科学科4年不定期 [休業中]、3群科目、選択、講義、1単位(15時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎クラス主任
講義室
備考科目ナンバリング:VZ301-RS14

授業の目的

動物や食品産業をはじめとする企業、畜産農家、動物園、動物病院、関連研究施設あるいは企業・自治体等の実習先で、希望する関連技術を習得する。また、実務作業を通して、学習意欲の向上を図るとともに、自己の適性を把握する。

教育内容

インターンシップに参加する以前から、3年次以降定期的実施される就職支援の説明会に積極的に参加することを指導する。また、インターン募集状況を就職センターと連携して提供する。

教育方法

講義形式で実習制度や目的等を説明を受けたのちインターンシップに参加する。
フィードバックとして、オリエンテーション時に質疑応答の時間を設ける。また受け入れ先選定や折衝の際に必要に応じてサポートする。

卒業・学位授与の方針と当該科目の関連

◎生命科学を理解し、豊かな教養と高い倫理観に基づく自立的な思考力と問題解決能力

授業内容(シラバス)

項目内容担当者
1オリエンテーションインターンシップの概要や留意点について解説する。クラス主任
2受け入れ機関の検討受け入れ機関・法人情報等に基づき、希望業種・職種・受け入れ先を検討する。クラス主任
3受け入れ機関との折衝希望する受け入れ機関と連絡を取り、受け入れを折衝する。クラス主任
4就業体験1受け入れ機関での就業体験1クラス主任
5就業体験2受け入れ機関での就業体験2クラス主任
6就業体験3受け入れ機関での就業体験3クラス主任
7就業体験4受け入れ機関での就業体験4クラス主任
8就業体験5受け入れ機関での就業体験5クラス主任
9就業体験6受け入れ機関での就業体験6クラス主任
10就業体験7受け入れ機関での就業体験7クラス主任
11就業体験8受け入れ機関での就業体験8クラス主任
12就業体験9受け入れ機関での就業体験9クラス主任
13就業体験10受け入れ機関での就業体験10クラス主任
14報告書作成就業体験に関する報告書を作成する。クラス主任

到達目標

(1)講義や実習で習得した知識や技術を、実際の現場で高いレベルに引き上げることができる。
(2)実社会の現状を把握し、現場の技術内容を理解することができる。
(3)実社会における仕事を経験することで、自己の適正を判断し、進路決定に役立てることができる。

評価方法

実習先からの報告書、レポート、教員による面談等により総合的に評価する。配点は、実習先からの報告書(70%)、レポート等(30%)を目安とするが、最終的な配点基準は、クラス主任が判断する。

準備学習(予習・復習等)

【授業時間外に必要な学習時間:-時間】
予習:希望する実習先での業務内容について、資料等で理解してから実習に臨むことが望ましい。実習先での事前研修等がある場合には、授業に支障のない限り出席すること。
復習:実習終了後は、実習報告書を提出するだけでなく、実習内容を学生生活の中にフィードバックできるように努める。

その他注意事等

本実習は、実習期間や実習先などについて、実施前に学科会での検討を必要とするため、できるだけ早期にクラス主任に相談する必要がある。また、本実習の実施は夏期休業などの長期休業中とし、本学部において専門基礎教育を受け、知識を習得した後に行うことが望ましい。実習時には、受け入れ先に対して迷惑をかけないように注意すること。学内では経験できないようなことが多く、広く知識や技術の習得ができるので積極的な参加が望まれる。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書なし
参考書なし