獣医微生物学総論Ⅰ
英文名Introduction of Veterinary Microbiology Ⅰ
科目概要獣医学科2年前期 [金曜日2時限(週1コマ)]、3群科目、必修、講義、1単位(15時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎田邊 太志
講義室B31講義室
備考科目ナンバリング:VV301-GH24

授業の目的

感染症は微生物の侵入・増殖によって宿主の生理機能が障害される疾病であるため、その診断・予防・治療には病原微生物の特性や宿主と微生物の相互作用を理解する必要がある。また、感染症の防御には宿主体内での免疫反応が関与しているため、感染症を理解するのは免疫学の知識も必要である。これらの目的を達成するため、微生物、特に細菌の構造、代謝、遺伝、変異を理解するとともに感染症の成立過程や感染防御の基礎について修得する。

教育内容

微生物学の分類、細菌の構造、生体、増殖様式について講義する。

教育方法

LMSにより資料を配布し、資料と教科書を参照しつつ、スライドを使って講義を行う。
毎回講義前に前回の講義に関した小テストを実施し、その解答と解説をLMSに載せる。

卒業・学位授与の方針と当該科目の関連

◎DP2:動物の病気の診断・治療・予防に関する知識を持ち、適切に実践できる能力
◯DP6:人獣共通感染症の制圧に寄与する能力

授業内容(シラバス)

項目内容担当者
1微生物学序論微生物学の歴史(細菌の発見、ウイルスの発見、消毒・化学療法・免疫療法の進展、微生物と遺伝子操作)田邊 太志
2細菌学総論1細菌の分類と微細構造1(細菌の分類、細菌の形態)田邊 太志
3細菌学総論2細菌の微細構造2(細菌の形態、細菌の構造と機能)田邊 太志
4細菌学総論3細菌の微細構造3(細菌の構造と機能1)田邊 太志
5細菌学総論4細菌の微細構造4(細菌の構造と機能2)田邊 太志
6細菌学総論5細菌の増殖と代謝1(細菌の増殖1)田邊 太志
7細菌学総論6細菌の増殖と代謝2(細菌の増殖2)田邊 太志
8細菌学総論7細菌の増殖と代謝3(物質の獲得機構)田邊 太志
9細菌学総論8細菌の増殖と代謝4(異化代謝系)田邊 太志
10細菌学総論9細菌の増殖と代謝5(同化代謝系)田邊 太志
11細菌学総論10細菌の遺伝学1(細菌ゲノムの構造、染色体とプラスミド)田邊 太志
12細菌学総論11細菌の遺伝学2(バクテリオファージ)田邊 太志
13細菌学総論12細菌の遺伝学3(遺伝子の伝達と変異)田邊 太志
14細菌学総論13細菌の遺伝学4(遺伝子の基本構成と発現調節)田邊 太志
15総括まとめ田邊 太志

到達目標

豊かな人間性を有し、獣医学・獣医療の専門職業人としての高度の知識・技能と社会の要請に対応可能な問題解決能力を身に付けるため、特に感染症と病原微生物に関する幅広い知識を修得する必要がある。微生物学総論Ⅰを学習すると、(1) 微生物の生物学的位置づけについて説明することができる。(2) 細菌の形態・一般性状・代謝・遺伝・変異について説明することができる。(3) 細菌の感染経過について説明することができる。(4) 腸内細菌科の細菌の一般性状について説明することができる。

評価方法

小テスト(10%)と定期試験(90%)の結果より総合的に評価する。

準備学習(予習・復習等)

授業時間外に必要な学習の時間:30時間
予習:次回の講義範囲について、教科書・資料・参考書等を利用して基本的知識を得ておく。
復習:前回の講義内容について、資料・ノート・LMSなどで確認し、小テストに対応できるように準備する。 

その他注意事等

獣医微生物学総論Ⅰは以後に開講される獣医微生物学総論Ⅱ、獣医細菌学、獣医ウイルス学を初めとする多くの病原微生物を対象とする教科の基礎となるものなので、以後の科目の理解のためにもよく学習することを期待する。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書獣医微生物学 第4版公益社団法人日本獣医学会微生物学分科会 偏文永堂出版
教科書コアカリ獣医微生物学公益社団法人日本獣医学会微生物学分科会 編文永堂出版
参考書シンプル微生物学 改訂第6版小熊惠二・堀田博・若宮伸隆 編南江堂
参考書標準微生物学 第14版神谷 茂 監修 医学書院
参考書動物微生物学明石博臣・木内明男・原澤 亮・本多英一 編朝倉書店