畜産環境経済学特論
英文名Advanced Farm Management and Environmental Economics
科目概要動物資源科学専攻(修士課程)1年次集中、選択、講義、2単位(30時間)
動物資源科学専攻(修士課程)2年次集中、選択、講義、2単位(30時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎伊藤 房雄水木 麻人
講義室本館A棟5階共用セミナー室(A55・A56)
備考動物資源科学専攻(修士課程)関連科目
1年次または2年次にて履修する

授業の目的

社会科学の視点から畜産経営の発展と関連する環境問題の解決方法等の理解を養う。

教育内容

「飢餓」と「飽食」が併存する世界の食料問題を認識するととともに、畜産経営の発展を考えるにあたって不可欠な経営学の基礎理論を学び、様々な事例を通じて経営発展の要因についてディスカッションを行う。併せて、環境経済学の基礎理論を学び、畜産公害の解決方法についてもディスカッションを行い、畜産経営が直面する環境問題と環境政策に関する理解を深める。

教育方法

講義形式、討議(ディスカッション)

卒業・学位授与の方針と当該科目の関連

◎A:畜産経営の発展と畜産環境問題に関する知識
○B:コミュニケーション能力

授業内容(シラバス)

学年回/1.5h項目内容担当者
1年又は2年1回畜産・酪農をめぐる情勢わが国の酪農発展の推移と生乳市場の特性伊藤 房雄
2回畜産・酪農をめぐる情勢肉用牛経営および養豚経営の展開と飼料自給率ほか伊藤 房雄
3回食料問題世界の食料問題:なぜ飢餓と飽食が併存するのか伊藤 房雄
4回食料問題日本の食料問題:安全・安心とは何か伊藤 房雄
5回ディスカッション世界の食料問題・日本の食料問題伊藤 房雄
6回畜産経営学畜産経営学の基礎理論:経営理念、外部環境、内部組織伊藤 房雄
7回畜産経営学畜産経営学の基礎理論:経営の成長、成熟とは何か伊藤 房雄
8回畜産経営分析畜産経営分析の理論:財務諸表、損益分岐点分析伊藤 房雄
9回畜産経営分析畜産経営分析の実際:財務諸表、損益分岐点分析伊藤 房雄
10回循環型社会と畜産経営有畜複合経営の変遷を再考する伊藤 房雄
11回貿易政策とこれからの畜産経営自由貿易の推進(TPPなど)がもたらす影響を考える伊藤 房雄
12回環境問題発生のメカニズム外部性、市場の失敗、コモンズの悲劇など水木 麻人
13回環境政策の基礎理論市場メカニズム、環境税、コースの定理など水木 麻人
14回環境政策への応用廃棄物対策、地球温暖化対策など水木 麻人
15回環境の価値評価環境の価値、顕示選好法、表明選好法水木 麻人
16回ディスカッション環境の価値評価について水木 麻人
17回食品の消費者評価食品表示、環境保全・新食品技術に対する評価水木 麻人
18回ディスカッション植物肉・培養肉について水木 麻人
19回農畜産業における環境問題と環境政策環境保全型農業と生物多様性水木 麻人
20回ディスカッションみどりの食料システム戦略について水木 麻人

到達目標

畜産経営の展開論理と農業環境問題および解決方法を理解することができる。

評価方法

講義でのディスカッションおよびレポートの成果を総合的に評価する。

準備学習(予習・復習等)

<予習>次回の授業範囲を予習し、専門用語の意味等を理解しておくこと。
<復習>授業後に、当日の授業で扱ったテーマについて聞き取りを行い、考察をまとめること。

その他注意事等

(なし)

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書講義の中で随時取り上げて紹介する。
参考書(なし)