細胞工学特別実験実習
英文名Research on Advanced Topics in Animal Cell Biotechnology
科目概要動物資源科学専攻(修士課程)1年次通年、必修、実験、5単位(225時間)
動物資源科学専攻(修士課程)2年次通年、必修、実験、5単位(225時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎久保田 浩司高岸 聖彦垣内 一恵鈴木 喜博担当者全員
講義室細胞工学研究室、動物健康情報学研究室
備考動物資源科学専攻(修士課程)主科目

授業の目的

細胞工学分野における実験手技・技術を習得する。
研究計画の立案・遂行・結果解析を行うことにより科学的思考法を身につける。

教育内容

細胞工学分野における実験手技・技術、および研究計画の立案・遂行・結果解析方法を教授する。

教育方法

配布資料を用いた講義、実技、及びパワーポイントを用いた発表形式にて実施する。

卒業・学位授与の方針と当該科目の関連

細胞工学が関連する分野の研究者、高度専門職業人、高度な技術者、提言や技術提供できる指導者のいずれになるためにも必要なリテラシーを身に付ける科目と位置づけられる。

授業内容(シラバス)

学年回/7.5h項目内容担当者
1年1回研究課題の選定研究分野の歴史的背景担当者全員
2回研究課題の選定研究分野の最新動向担当者全員
3回研究課題の選定研究課題の決定担当者全員
4回研究計画の立案作業仮説の立案担当者全員
5回研究計画の立案研究計画原案の作成担当者全員
6回研究計画の立案問題点の整理担当者全員
7回研究計画の立案研究計画の決定担当者全員
8回基本実験手技の習得遺伝子工学担当者全員
9回基本実験手技の習得実験動物の取り扱い担当者全員
10回基本実験手技の習得組織からの細胞分離担当者全員
11回基本実験手技の習得細胞培養担当者全員
12回基本実験手技の習得細胞への遺伝子導入担当者全員
13回基本実験手技の習得免疫細胞染色担当者全員
14回基本実験手技の習得免疫組織染色担当者全員
15回基本実験手技の習得フローサイトメトリー(アナライザー)担当者全員
16回基本実験手技の習得フローサイトメトリー(セルソーター)担当者全員
17回基本実験手技の習得細胞移植担当者全員
18回基本実験手技の習得レシピエントにおけるドナー細胞の解析担当者全員
19回予備実験幹細胞の分離担当者全員
20回予備実験免疫組織染色による幹細胞の同定担当者全員
21回予備実験フローサイトメトリーによる幹細胞の同定担当者全員
22回予備実験フローサイトメトリーによる幹細胞の分取担当者全員
23回予備実験幹細胞の培養担当者全員
24回予備実験幹細胞への遺伝子導入担当者全員
25回予備実験幹細胞の免疫細胞染色担当者全員
26回予備実験幹細胞の分化誘導担当者全員
27回予備実験幹細胞の移植担当者全員
28回予備実験レシピエントにおけるドナー幹細胞の解析担当者全員
29回予備実験実験データの整理と解析担当者全員
30回予備実験の研究発表予備実験の総括と成果発表担当者全員
2年1回中間評価実験計画の再評価および修正担当者全員
2回中間評価本実験実施に向けての討議と実験計画の確認担当者全員
3回本実験生殖幹細胞の分離担当者全員
4回本実験免疫組織染色による生殖幹細胞の同定担当者全員
5回本実験フローサイトメトリーによる生殖幹細胞の同定担当者全員
6回本実験フローサイトメトリーによる生殖幹細胞の分取担当者全員
7回本実験生殖幹細胞の培養担当者全員
8回本実験生殖幹細胞への遺伝子導入担当者全員
9回本実験生殖幹細胞の免疫細胞染色担当者全員
10回本実験生殖幹細胞の分化誘導担当者全員
11回本実験生殖幹細胞の移植担当者全員
12回本実験レシピエントにおけるドナー生殖幹細胞の解析担当者全員
13回本実験生殖幹細胞からの個体作成担当者全員
14回本実験生殖幹細胞から作出された個体の解析担当者全員
15回本実験結果の解析実験データの整理担当者全員
16回本実験結果の解析実験データの解析担当者全員
17回本実験結果の解析実験結果の解釈と作業仮説の検証担当者全員
18回本実験結果の解析結論の導出担当者全員
19回本実験結果の解析結論の検証担当者全員
20回本実験の研究発表本実験の成果発表担当者全員
21回補足実験再現性の評価(第3~5回 本実験)担当者全員
22回補足実験再現性の評価(第6~8回 本実験)担当者全員
23回補足実験再現性の評価(第9~11回 本実験)担当者全員
24回補足実験再現性の評価(第12~14回 本実験)担当者全員
25回補足実験結論を補完する実験データの収集担当者全員
26回修士論文論文作成と口頭発表準備(緒論)担当者全員
27回修士論文論文作成と口頭発表準備(材料と方法)担当者全員
28回修士論文論文作成と口頭発表準備(結果)担当者全員
29回修士論文論文作成と口頭発表準備(考察)担当者全員
30回修士論文論文作成と口頭発表準備(全体)担当者全員

到達目標

実験の計画と遂行、結果の解釈、結論の導出作業において科学的思考ができる。
研究内容についての情報発信ができる。

評価方法

実験計画、実験結果、実験のレポート及び論文内容を総合的に評価する。

準備学習(予習・復習等)

<予習>各項目に関連する情報を収集し、十分準備を行ったうえで実施する。
<復習>項目ごとに整理する。実験結果の解析及びデータの取りまとめを怠らない。

その他注意事等

実験ノートを用いて実験データの記録と管理を適正に行う。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書配布資料
参考書参考となる図書・文献を適宜紹介する。
参考書Manipulating the Mouse Embryo : a laboratory manual 4th EditionRichard Behringer, Marina Gertsenstein, Kristina Vintersten Nagy, Andras NagyCold Spring Harbor Laboratory Press