動物資源科学特別講義(生物資源循環学)
英文名Special Lecture in Animal Science(Sustainable Animal Production)
科目概要動物資源科学専攻(博士後期課程)隔年開講次、講義、3単位(45時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎馬場 光久
講義室本館A棟5階共用セミナー室(A55・A56)
備考動物資源科学専攻(博士後期課程)主科目
全8学科目を履修
1年から3年の間に履修する

授業の目的

合理的な養分循環に基づく環境保全型の食料(畜産物)生産について理解する。

教育内容

動植物の必須元素の土壌中における動態に基づいた環境保全,修復について講義する。また,循環型畜産の意義について討論を行う。

教育方法

パワーポイントによる講義形式ですすめる。講義内容について授業中に質問して回答する機会を設ける。

卒業・学位授与の方針と当該科目の関連

問題解決提起能力に資するための学識を深めることに関連する。

授業内容(シラバス)

学年回/1.5h項目内容担当者
1年から3年の間1回食料生産と環境問題日本と世界における食料生産に伴う環境汚染実態を概説する。馬場 光久
2回人間活動と窒素循環農林業と耕地,草地,林地における窒素循環について概説する。馬場 光久
3回環境保全型食料生産土壌診断に基づく食料生産について討論を行う。馬場 光久
4回循環型畜産循環型畜産の意義について討論を行う。馬場 光久

到達目標

わが国の食料生産(農業)と環境汚染の現状とその仕組みを理解し、自ら行う研究との接点を実感することができる。

評価方法

毎回のレポートと、最終回に行う総合討議の内容から総合的に判定する。

準備学習(予習・復習等)

<予習>授業範囲を予習し、専門用語の意味等を理解しておくこと。
<復習>授業後に、当日の授業で扱ったテーマについて資料を確認し、考察をまとめること。

その他注意事等

(なし)

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書個別に提示する。
参考書土壌環境学岡崎正規朝倉書店
参考書農業由来のアンモニア負荷寳示戸雅之編日本土壌肥料学会