環境生物化学特別講義
英文名Special Studies in Environmental and Biological Chemistry
科目概要動物資源科学専攻(博士後期課程)1年次前期、講義、2単位(30時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎向井 孝夫
講義室細胞分子機能学研究室
備考動物資源科学専攻(博士後期課程)主科目

授業の目的

動物やヒトと共生する微生物の中で腸内細菌の生体恒常性に果たす役割を理解する。関連する文献の調査する能力やそれをまとめて発表する能力を修得する。

教育内容

動物やヒトと共生する微生物の中で腸内細菌の生体恒常性に果たす役割を理解するために,微生物学の基礎を学ぶとともに,関連する文献を調査し,発表・議論する。

教育方法

パワーポイントと配布資料を用いて講義形式で進める。また,関連する文献を調査し,プレゼンテーションを行うとともに,討議する。

卒業・学位授与の方針と当該科目の関連

◎動物資源科学に関する専門知識
〇コミュニケーション能力

授業内容(シラバス)

学年回/2h項目内容担当者
1年1回宿主と微生物の共生(1)宿主の生理機能および疾病のコントロールにおける腸内細菌の役割の概説向井 孝夫
2回宿主と微生物の共生(2)宿主の生理機能および疾病のコントロールにおけるプロバイオティクスの利用の概説向井 孝夫
3回腸内細菌と疾患(1)アレルギーと腸内細菌向井 孝夫
4回腸内細菌と疾患(2)プロバイオティクスやプレバイオティクスによるアレルギーの制御向井 孝夫
5回腸内細菌と疾患(3)腸内細菌のメタボロミクス解析向井 孝夫
6回腸内細菌と疾患(4)ガスバイオロジーからみた腸内細菌(1)向井 孝夫
7回腸内細菌と疾患(5)ガスバイオロジーからみた腸内細菌(2)向井 孝夫
8回腸内細菌と疾患(6)腸内細菌叢と発がん(1) 大腸がん向井 孝夫
9回腸内細菌と疾患(7)腸内細菌叢と発がん(2) 肝臓がん向井 孝夫
10回腸内細菌と疾患(8)腸内細菌叢と炎症性疾患(1) 動物大腸炎モデル向井 孝夫
11回腸内細菌と疾患(9)腸内細菌叢と炎症性疾患(2) プロバイオティクス、プレバイオティクスによる制御向井 孝夫
12回腸内細菌と疾患(10)感染症と腸内細菌(1) ピロリ菌感染症向井 孝夫
13回腸内細菌と疾患(11)感染症と腸内細菌(2) ウイルス感染に対する腸内細菌の役割向井 孝夫
14回腸内細菌の活用(1)腸内細菌叢の機能を生かした応用例(1)向井 孝夫
15回腸内細菌の活用(2)腸内細菌叢の機能を生かした応用例(2)向井 孝夫

到達目標

動物とヒトに関わる微生物分野における最新の研究動向を理解し、問題解決のための学問的アプローチの方法を習得することができる。

評価方法

講義におけるディスカッション(50%)ならびにレポート(50%)による理解度を評価する。

準備学習(予習・復習等)

<予習>次回の授業範囲を予習し、専門用語の意味等を理解しておくこと。
<復習>授業後に、当日の授業で扱ったテーマについて聞き取りを行い、考察をまとめること。

その他注意事等

(なし)

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書文献・資料を配布する。
参考書授業中に最新の総説や参考書を紹介する。