動物栄養学特別演習
英文名Seminar on Advanced Topics in Animal Nutrition
科目概要動物資源科学専攻(博士後期課程)1年次通年、演習、4単位(120時間)
動物資源科学専攻(博士後期課程)2年次前期、演習、1単位(30時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎黒瀬 陽平濱野 美夫落合 優 (※)高橋 辰行担当者全員
講義室動物代謝機能学研究室
備考動物資源科学専攻(博士後期課程)主科目

授業の目的

動物栄養学分野において自立して研究を遂行するための基礎を習得できる。

教育内容

研究に必要なスキルを修得しつつ、それらのスキルを柔軟に応用し、専門領域に新たな知見を付け加える。

教育方法

教員とのディスカッションを重ねながら、研究者として必要な一連の過程をより発展的に経験させ、研究者として自立できるための基礎を身に付けさせる。

卒業・学位授与の方針と当該科目の関連

本特別演習では、動物栄養学領域における深い学識・技術、問題解決提起能力、独創性、倫理観を養う。

授業内容(シラバス)

学年回/2h項目内容担当者
1年1回研究動向と方法に関する討議研究動向および研究方法について討議する。(1)担当者全員
2回研究動向と方法に関する討議研究動向および研究方法について討議する。(2)担当者全員
3回研究動向と方法に関する討議研究動向および研究方法について討議する。(3)担当者全員
4回研究動向と方法に関する討議研究動向および研究方法について討議する。(4)担当者全員
5回研究動向と方法に関する討議研究動向および研究方法について討議する。(5)担当者全員
6回研究動向と方法に関する討議研究動向および研究方法について討議する。(6)担当者全員
7回研究動向と方法に関する討議研究動向および研究方法について討議する。(7)担当者全員
8回研究動向と方法に関する討議研究動向および研究方法について討議する。(8)担当者全員
9回研究動向と方法に関する討議研究動向および研究方法について討議する。(9)担当者全員
10回研究動向と方法に関する討議研究動向および研究方法について討議する。(10)担当者全員
11回研究テーマの決定に向けた討議研究テーマの決定に向けた討議を行う。(1)担当者全員
12回研究テーマの決定に向けた討議研究テーマの決定に向けた討議を行う。(2)担当者全員
13回研究テーマの決定に向けた討議研究テーマの決定に向けた討議を行う。(3)担当者全員
14回研究テーマの決定に向けた討議研究テーマの決定に向けた討議を行う。(4)担当者全員
15回研究テーマの決定に向けた討議研究テーマの決定に向けた討議を行う。(5)担当者全員
16回研究テーマの決定に向けた討議研究テーマの決定に向けた討議を行う。(6)担当者全員
17回研究テーマの決定に向けた討議研究テーマの決定に向けた討議を行う。(7)担当者全員
18回研究テーマの決定に向けた討議研究テーマの決定に向けた討議を行う。(8)担当者全員
19回研究テーマの決定に向けた討議研究テーマの決定に向けた討議を行う。(9)担当者全員
20回研究テーマの決定に向けた討議研究テーマの決定に向けた討議を行う。(10)担当者全員
21回実験計画と実験の実施方法研究目的に合う実験計画法の選択、実験の実施方法について討議する。(1)担当者全員
22回実験計画と実験の実施方法研究目的に合う実験計画法の選択、実験の実施方法について討議する。(2)担当者全員
23回実験計画と実験の実施方法研究目的に合う実験計画法の選択、実験の実施方法について討議する。(3)担当者全員
24回実験計画と実験の実施方法研究目的に合う実験計画法の選択、実験の実施方法について討議する。(4)担当者全員
25回実験計画と実験の実施方法研究目的に合う実験計画法の選択、実験の実施方法について討議する。(5)担当者全員
26回実験計画と実験の実施方法研究目的に合う実験計画法の選択、実験の実施方法について討議する。(6)担当者全員
27回実験計画と実験の実施方法研究目的に合う実験計画法の選択、実験の実施方法について討議する。(7)担当者全員
28回実験計画と実験の実施方法研究目的に合う実験計画法の選択、実験の実施方法について討議する。(8)担当者全員
29回実験計画と実験の実施方法研究目的に合う実験計画法の選択、実験の実施方法について討議する。(9)担当者全員
30回実験計画と実験の実施方法研究目的に合う実験計画法の選択、実験の実施方法について討議する。(10)担当者全員
2年1回実験の実施と結果の解釈実験の実施。実験結果の解釈について討議。関連文献の読解とセミナーにおける発表(1)担当者全員
2回実験の実施と結果の解釈実験の実施。実験結果の解釈について討議。関連文献の読解とセミナーにおける発表(2)担当者全員
3回実験の実施と結果の解釈実験の実施。実験結果の解釈について討議。関連文献の読解とセミナーにおける発表(3)担当者全員
4回実験の実施と結果の解釈実験の実施。実験結果の解釈について討議。関連文献の読解とセミナーにおける発表(4)担当者全員
5回実験の実施と結果の解釈実験の実施。実験結果の解釈について討議。関連文献の読解とセミナーにおける発表(5)担当者全員
6回実験の実施と結果の解釈実験の実施。実験結果の解釈について討議。関連文献の読解とセミナーにおける発表(6)担当者全員
7回実験の実施と結果の解釈実験の実施。実験結果の解釈について討議。関連文献の読解とセミナーにおける発表(7)担当者全員
8回実験の実施と結果の解釈実験の実施。実験結果の解釈について討議。関連文献の読解とセミナーにおける発表(8)担当者全員
9回実験の実施と結果の解釈実験の実施。実験結果の解釈について討議。関連文献の読解とセミナーにおける発表(9)担当者全員
10回実験の実施と結果の解釈実験の実施。実験結果の解釈について討議。関連文献の読解とセミナーにおける発表(10)担当者全員
11回学術論文の作成と投稿学術論文の作成と欧文雑誌への投稿。研究成果の国内または国際学会における発表(1)担当者全員
12回学術論文の作成と投稿学術論文の作成と欧文雑誌への投稿。研究成果の国内または国際学会における発表(2)担当者全員
13回学術論文の作成と投稿学術論文の作成と欧文雑誌への投稿。研究成果の国内または国際学会における発表(3)担当者全員
14回学術論文の作成と投稿学術論文の作成と欧文雑誌への投稿。研究成果の国内または国際学会における発表(4)担当者全員
15回学術論文の作成と投稿学術論文の作成と欧文雑誌への投稿。研究成果の国内または国際学会における発表(5)担当者全員

到達目標

動物栄養学分野において自立して研究を遂行することができる。

評価方法

実験計画の立案、実験の実施、研究発表および論文作成に関する一連の能力を評価基準とする。

準備学習(予習・復習等)

<予習>詳細なディスカッションを重ねながら綿密な実験計画を立案する(‐時間)。
<復習>実験結果を詳細に検討し、その成果を次の実験に確実に活かす。研究成果を学術論文としてまとめる(‐時間)。

その他注意事等

(なし)

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書指定しない。
参考書学術雑誌に掲載された原著論文および総説