動物飼育学特別演習
英文名Seminar on Advanced Topics in Animal Feeding and Management
科目概要動物資源科学専攻(博士後期課程)1年次通年、演習、4単位(120時間)
動物資源科学専攻(博士後期課程)2年次前期、演習、1単位(30時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎松浦 晶央山﨑 淳鍋西 久 (※)小倉 匡俊担当者全員
講義室動物飼育学研究室
備考動物資源科学専攻(博士後期課程)主科目

授業の目的

動物飼育学に関する高度な情報収集能力と課題解決能力を身につける。

教育内容

動物飼育学に関するテーマ選定、研究計画、実験、統計、論文執筆の演習をおこなう。

教育方法

大学院生の作成した資料・論文についてディスカッションするとともに、論文執筆方法について例示しながら指導し、研究者として必要不可欠な基礎を身に付けさせる。

卒業・学位授与の方針と当該科目の関連

高度な専門知識と技術を修得し、豊かな人間性を備えている

授業内容(シラバス)

学年回/2h項目内容担当者
1年1回修士課程時代の発表研究テーマの選定-修士課程の研究についてプレゼンテーションを行う。担当者全員
2回修士論文の問題点研究テーマの選定-修士課程の研究の問題点についてディスカッションを行う。担当者全員
3回テーマ選定研究テーマの選定-博士課程における計画担当者全員
4回文献情報研究テーマの選定-文献を用いてディスカッション担当者全員
5回テーマ決定研究テーマの決定担当者全員
6回研究計画、目的研究計画立案-目的について担当者全員
7回研究計画、動物研究計画立案-対象動物について担当者全員
8回方法研究計画立案-方法について担当者全員
9回研究計画発表会研究計画立案-プレゼンテーション担当者全員
10回予備実験方法予備実験-方法の習得担当者全員
11回予備実験データ解析予備実験-データ解析担当者全員
12回予備実験の問題予備実験-問題点の整理担当者全員
13回実験開始実験の遂行担当者全員
14回再現性実験の遂行-再現性の確認担当者全員
15回データ解析実験の遂行-データ解析担当者全員
16回繰り返し実験実験の遂行担当者全員
17回再現性実験の遂行-再現性の確認担当者全員
18回データ解析実験の遂行-データ解析担当者全員
19回繰り返し実験実験の遂行担当者全員
20回再現性実験の遂行-再現性の確認担当者全員
21回データ解析実験の遂行-データ解析担当者全員
22回評価結果の評価-ディスカッション担当者全員
23回まとめ結果の評価-取りまとめ担当者全員
24回論文執筆準備学術論文の作成の準備担当者全員
25回緒論作成学術論文の作成-緒論担当者全員
26回結果執筆学術論文の作成-結果担当者全員
27回考察学術論文の作成-考察担当者全員
28回方法学術論文の作成-方法担当者全員
29回アブストラクト学術論文の作成-要旨担当者全員
30回発表プレゼンテーション担当者全員
2年1回1年目の評価1年目の研究成果の評価担当者全員
2回検討1年目の研究成果の評価と2年目の展望-ディスカッション担当者全員
3回実験開始実験の遂行担当者全員
4回再現性実験の遂行-再現性の確認担当者全員
5回解析実験の遂行-データ解析担当者全員
6回統計実験の遂行-統計解析担当者全員
7回まとめ結果の評価-取りまとめ担当者全員
8回論文執筆準備学術論文の作成の準備担当者全員
9回緒論作成学術論文の作成-緒論担当者全員
10回結果執筆学術論文の作成-結果担当者全員
11回考察学術論文の作成-考察担当者全員
12回方法学術論文の作成-方法担当者全員
13回アブストラクト学術論文の作成-要旨担当者全員
14回発表準備プレゼンテーションの準備担当者全員
15回発表会プレゼンテーション担当者全員

到達目標

実験技術、論理的思考能力、問題解決能力、情報発信力を身に付けることができる。

評価方法

授業態度(口頭発表40%、質問に対する回答20%)、論文発表内容40%

準備学習(予習・復習等)

授業時間外に必要な学習の時間:150時間
<予習>自ら資料を収集し、疑問点を抽出しておくこと。
<復習>問題解決が図られた点を中心にレポートにまとめること。

その他注意事等

身の回りの関連事項に興味をもつこと。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書適宜資料を配布する。
参考書なし