動物飼育学特別講義
英文名Special Studies in Animal Feeding and Management
科目概要動物資源科学専攻(博士後期課程)1年次前期、講義、2単位(30時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎松浦 晶央山﨑 淳
講義室動物飼育学研究室
備考動物資源科学専攻(博士後期課程)主科目

授業の目的

産業動物の飼育管理法と生産性、地球環境へ及ぼす影響等について専門的な理解を深め、これらの分野における研究動向、問題点等を把握できるようにする。また、自身の研究テーマとの関係を説明できるようにする。

教育内容

飼育管理技術と人為的制御技術、生産性、畜舎、環境、アニマルウェルフェアについて講義する。

教育方法

視聴覚メディア(DVD)を活用しながら講義形式で進める。パワーポイントと配布資料を用いて講義を進める。

卒業・学位授与の方針と当該科目の関連

高度な専門知識と技術を修得し、豊かな人間性を備えている

授業内容(シラバス)

学年回/2h項目内容担当者
1年1回概論飼育管理技術概論松浦 晶央
2回紹介飼育管理技術と人為的制御技術松浦 晶央
3回調教法人為的制御技術・・・トレーニング方法松浦 晶央
4回調教道具人為的制御技術・・・トレーニングの道具松浦 晶央
5回調教現場人為的制御技術・・・トレーニングの実際松浦 晶央
6回現場との関連飼育管理法と生産性松浦 晶央
7回飼育施設設備畜舎の設備松浦 晶央
8回飼育施設のつくり畜舎の構造松浦 晶央
9回飼育施設と現場畜舎と生産性松浦 晶央
10回飼育施設と公衆衛生畜舎と環境松浦 晶央
11回現場と公衆衛生生産性と環境松浦 晶央
12回現場と調教生産性と人為的制御技術松浦 晶央
13回Animal Welfare産業動物のAnimal Welfare松浦 晶央
14回Animal Welfareと現場Animal Welfareと生産性松浦 晶央
15回Animal Welfareと世論Animal Welfareに関する消費者の意識松浦 晶央

到達目標

関連分野の研究動向を理解することができ、自ら行う研究との接点を明確に意識することができる。

評価方法

授業態度(口頭発表50%、質問に対する回答50%)

準備学習(予習・復習等)

授業時間外に必要な学習の時間:60時間
<予習>次回の授業範囲を予習し、専門用語の意味等を理解しておくこと。
<復習>授業後に、当日の授業で扱ったテーマについて資料を確認し、考察をまとめること。

その他注意事等

(なし)

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書(なし)
参考書ウマの科学近藤誠司朝倉書店
参考書ウマの動物学近藤誠司東京大学出版会
参考書日本の馬近藤誠司東京大学出版会