動物感染予防学特別講義
英文名Special Studies in Animal Hygiene
科目概要動物資源科学専攻(博士後期課程)1年次前期、選択、講義、2単位(30時間)
動物資源科学専攻(博士後期課程)2年次前期、選択、講義、2単位(30時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎角田 勤
講義室本館A棟5階共用セミナー室(A54)
備考動物資源科学専攻(博士後期課程)関連科目
1年次または2年次にて履修する

授業の目的

安全な畜産物を提供するために健康な家畜を生産することを目的とした動物予防科学のひとつとして動物感染予防学がある。それを理解し、生産現場において安全な畜産食品の提供が出来るように応用・実践可能な知識・技術を身に付ける。

教育内容

動物感染予防学特論では、家畜の伝染性疾病について概説し、その発生予防とまん延防止の方法について教授します。急性から慢性に至る症状を呈する各種疾病による家畜の損耗防止により、畜産農家の経営の健全化と畜産の振興を目指します。これにより健康な家畜を飼養することにより安全・安心な畜産物を消費者に安定的に供給することにつながることを、確認します。

教育方法

講義形式。テーマを与え、それぞれの考えをプレゼンし、出席者との意見交換により、理解を深める。 

卒業・学位授与の方針と当該科目の関連

〇A:コミュニケーション能力
◎B:家畜伝染病予防に関する知識・技術
〇C:主体性をもって学ぶ力

授業内容(シラバス)

学年回/1.5h項目内容担当者
1年1回家畜感染症のトピックス乳牛の急性・慢性感染症の原因とその予防法(1)角田 勤
2回家畜感染症のトピックス乳牛の急性・慢性感染症の原因とその予防法(2)角田 勤
3回家畜感染症のトピックス乳牛の急性・慢性感染症の原因とその予防法(3)角田 勤
4回家畜感染症のトピックス肉牛の急性・慢性感染症の原因とその予防法(1)角田 勤
5回家畜感染症のトピックス肉牛の急性・慢性感染症の原因とその予防法(2)角田 勤
6回家畜感染症のトピックス肉牛の急性・慢性感染症の原因とその予防法(3)角田 勤
7回家畜感染症のトピックス豚の急性・慢性感染症の原因とその予防法(1)角田 勤
8回家畜感染症のトピックス豚の急性・慢性感染症の原因とその予防法(2)角田 勤
9回家畜感染症のトピックス豚の急性・慢性感染症の原因とその予防法(3)角田 勤
10回家畜感染症のトピックス採卵鶏・ブロイラーの急性・慢性感染症とその予防法(1)角田 勤
11回家畜感染症のトピックス採卵鶏・ブロイラーの急性・慢性感染症とその予防法(2)角田 勤
12回家畜感染症のトピックス採卵鶏・ブロイラーの急性・慢性感染症とその予防法(3)角田 勤
13回海外悪性伝染病のトピックス海外悪性伝染病の現状とわが国への侵入に対する危機管理対策(1)角田 勤
14回海外悪性伝染病のトピックス海外悪性伝染病の現状とわが国への侵入に対する危機管理対策(2)角田 勤
15回海外悪性伝染病のトピックス海外悪性伝染病の現状とわが国への侵入に対する危機管理対策(3)角田 勤
16回海外悪性伝染病のトピックス海外悪性伝染病の現状とわが国への侵入に対する危機管理対策(4)角田 勤
17回予防衛生論個体管理並びに集団予防衛生管理理論(1)角田 勤
18回予防衛生論個体管理並びに集団予防衛生管理理論(2)角田 勤
19回予防衛生論個体管理並びに集団予防衛生管理理論(3)角田 勤
20回まとめ講義内容について理解度を確認する。角田 勤

到達目標

家畜生産現場における各種感染症の問題を理解し、応用・実践できる知識と技術を身に付けることができる。

評価方法

レポート並びに、学生のプレゼンテーションとその質疑応答を評価する。その判定指標は、思考力、発表・表現・伝達力、学習に取り組む姿勢・意欲、知識が十分に備わっているかなど。特に積極的な参加は加点対象とする。

準備学習(予習・復習等)

<予習>次回の授業範囲を予習し、概要を理解しておくこと。
<復習>授業後に、当日の授業で扱ったテーマの中から問題点を考察としてまとめ、レポートとすること。

その他注意事等

(なし)

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書農水省家畜衛生週報のホームページ
参考書動物の感染症(第4版)明石博臣 他近代出版