動物生理学特別講義
英文名Special Studies in Animal Physiology
科目概要動物資源科学専攻(博士後期課程)1年次前期、選択、講義、2単位(30時間)
動物資源科学専攻(博士後期課程)2年次前期、選択、講義、2単位(30時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎濱野 美夫
講義室本館A棟5階共用セミナー室(A54)
備考動物資源科学専攻(博士後期課程)関連科目
1年次または2年次にて履修する

授業の目的

 動物を対象とする研究の課題解決には、種々の生理機能の仕組みを個別に理解するだけでなく、生理現象の各論を相互に関連づけて有機的に解釈する能力も求められる。そのため、本特別講義は動物生理学に関する専門知識を多角的かつ有機的な視点から論述できる論理的思考力の修得を目的とする。

教育内容

 動物資源利用に関連する動物の恒常性維持と生産機能に関する内容について、体温調節と生産機能、内分泌系・神経系の機構と代謝調節など多方面からの研究内容を原著論文・総説の情報を読解等から把握し、考察・討議する。

教育方法

 動物生理(内分泌系、神経系や代謝調節)の仕組みや課題解決に関して担当教員の研究動向や解説を行う。これに加えて、学生が動物生理に関する原著論文の内容や自身の研究を話題にパワーポイントおよび印刷資料を駆使したプレゼンテーションを行う。この学生発表では学生間での討議や、発言に対する担当教員からの助言(フィードバック)を交えながら動物生理学の研究動向の理解を深める。

卒業・学位授与の方針と当該科目の関連

◎論理的思考をもって本質的な課題を見出す能力

授業内容(シラバス)

学年回/1.5h項目内容担当者
1年又は2年1回オリエンテーションガイダンス濱野 美夫
2回シグナル伝達系シグナル伝達機構に関する文献の読解。内容の発表と討議濱野 美夫
3回内分泌系(1)内分泌機構に関する文献の読解。内容の発表と討議濱野 美夫
4回内分泌系(2)ホルモンと畜産物の生産性に関する文献の読解。内容の発表と討議濱野 美夫
5回内分泌系(3)ホルモンの技術的利用に関する文献の読解。内容の発表と討議濱野 美夫
6回内分泌系(4)ストレス反応とホルモンの分泌・作用の関係に関する文献の読解。内容の発表と討議濱野 美夫
7回神経系(1)中枢神経系に関する文献の読解。内容の発表と討議濱野 美夫
8回神経系(2)末梢神経系に関する文献の読解。内容の発表と討議濱野 美夫
9回神経系(3)神経伝達物質に関する文献の読解。内容の発表と討議濱野 美夫
10回環境生理(1)体温調節機構に関する文献の読解。内容の発表と討議濱野 美夫
11回環境生理(2)温熱環境と適応に関する文献の読解。内容の発表と討議濱野 美夫
12回環境生理(3)生産機能、ストレス反応と肉質に及ぼす体温調節機能(温熱環境)の影響濱野 美夫
13回生産機能の調節(1)骨格筋タンパク質代謝回転に関する文献の読解。内容の発表と討議濱野 美夫
14回生産機能の調節(2)脂質・脂肪酸の代謝調節に関する文献の読解。内容の発表と討議濱野 美夫
15回生産機能の制御(1)肉質や卵質におけるn3・n6系脂肪酸代謝とその生理的調節に関する文献の読解と討議濱野 美夫
16回生産機能の制御(2)ホルモン剤と生産機能・飼養技術に関する文献の読解と討議濱野 美夫
17回生産機能の制御(3)泌乳・産卵機能に関する文献の読解。内容の発表と討議濱野 美夫
18回動物福祉と生産生理鶏卵の生産方式の改善によるストレス緩和と鶏卵の生産性に関する問題提起と討議濱野 美夫
19回家畜生理の応用と今後の食料生産地球温暖化や食料問題等を踏まえた家畜生理の制御を技術的に考える。濱野 美夫
20回総括まとめ濱野 美夫

到達目標

動物生理学領域における高度な専門知識を修得し、個々の生理学的知見を有機的に捉えた科学的思考からの討議ができる。

評価方法

評価方法:受講態度80%、発表とレポート20%。

準備学習(予習・復習等)

[授業時間外に必要な学習時間:10時間]
<予習>次回の授業範囲を予習し、専門用語の意味等を理解しておくこと。
<復習>授業後に、当日の授業で扱ったテーマについて、専門知識の確認と自身の考えや意見をまとめること。

その他注意事等

テーマに沿った原著論文や配付資料について、発表・討論形式で講義を進める参加型で行う。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書文献・資料を配布する。
参考書(なし)