毒性学特別講義
英文名Special Studies in Toxicology
科目概要獣医学専攻(博士課程)1年次通年、講義、2単位(30時間)
獣医学専攻(博士課程)2年次通年、講義、2単位(30時間)
獣医学専攻(博士課程)3年次前期、講義、1単位(15時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎鎌田 亮 (※)
講義室毒性学研究室
備考獣医学専攻(博士課程)主科目

授業の目的

生体異物の毒性について高度な知識を有し、毒性評価やリスクマネジメントにおいて指導的な役割を果たせる職業人、毒性研究の発展に確かな貢献をもたらす研究者を養成することを目標とする。

教育内容

1.毒性学研究における基礎、今日までの成果、および最新の研究内容を説明する。
2.生体異物の種類・毒性評価・規制・情報の共有等に関して、国内外の最新知見・動向を説明する。

教育方法

個別講義および指導、教員・研究室員等とのディスカッション

卒業・学位授与の方針と当該科目の関連

◎獣医学とその周辺領域の高度な専門知識と技術
〇深い学識と豊かな人間性
〇独創的で国際的に通用する研究者、高度専門職業人、指導者となる能力

授業内容(シラバス)

学年回/1h項目内容担当者
1年1回毒性学の基本概念毒性学の概要鎌田 亮
2回毒性発現機序1生体異物の曝露から標的部位への移行鎌田 亮
3回毒性発現機序2毒性物質と標的分子との反応鎌田 亮
4回毒性発現機序3細胞機能の障害と修復鎌田 亮
5回毒性発現機序4組織の機能的変化と形態学的変化鎌田 亮
6回毒性発現機序5毒性発現機序研究に関する最新知見鎌田 亮
7回遺伝毒性1DNAの損傷と修復鎌田 亮
8回遺伝毒性2遺伝子突然変異と染色体異常鎌田 亮
9回遺伝毒性3遺伝毒性試験の現状と課題鎌田 亮
10回遺伝毒性4遺伝毒性研究に関する最新知見鎌田 亮
11回発がん性1遺伝毒性発がん機序鎌田 亮
12回発がん性2非遺伝毒性発がん機序鎌田 亮
13回発がん性3発がん物質鎌田 亮
14回発がん性4がん原性試験の現状と課題鎌田 亮
15回発がん性5発がん性研究に関する最新知見鎌田 亮
16回生殖発生毒性1生殖毒性の歴史的背景鎌田 亮
17回生殖発生毒性2発生(生前・生後)毒性鎌田 亮
18回生殖発生毒性3生殖発生毒性物質鎌田 亮
19回生殖発生毒性4生殖発生毒性試験の現状と課題鎌田 亮
20回生殖発生毒性5生殖発生毒性研究に関する最新知見鎌田 亮
21回肝毒性1肝毒性の発現機序と病態鎌田 亮
22回肝毒性2肝毒性物質鎌田 亮
23回肝毒性3肝毒性バイオマーカー鎌田 亮
24回腎毒性1腎毒性の発現機序と病理鎌田 亮
25回腎毒性2腎毒性物質鎌田 亮
26回腎毒性3腎毒性バイオマーカー鎌田 亮
27回心毒性1心室再分極遅延(QT間隔延長)とその評価法鎌田 亮
28回心毒性2QT間隔延長と Torsades de Pointes (TdP)鎌田 亮
29回心毒性3催不整脈作用予測の新たな展開鎌田 亮
30回実験動物モデル遺伝子改変生物、薬剤投与動物モデル鎌田 亮
2年1回動態・代謝1代謝酵素鎌田 亮
2回動態・代謝2トランスポーター鎌田 亮
3回動態・代謝3薬物相互作用鎌田 亮
4回動態・代謝4薬物代謝研究に関する新たな試み鎌田 亮
5回神経毒性神経毒性の発現機序と病態鎌田 亮
6回呼吸器毒性呼吸器毒性の発現機序と病態鎌田 亮
7回免疫毒性免疫毒性の発現機序と病態、関連ガイドライン鎌田 亮
8回血液毒性血液毒性の発現機序と病態鎌田 亮
9回内分泌毒性内分泌毒性の発現機序と病態鎌田 亮
10回消化器毒性消化器毒性の発現機序と病態鎌田 亮
11回光毒性光毒性の発現機序と病態、関連ガイドライン鎌田 亮
12回運動器・感覚器毒性運動器・感覚器毒性の発現機序と病態鎌田 亮
13回環境毒性1環境汚染物質の物理化学的性状鎌田 亮
14回環境毒性2環境汚染物質の環境動態鎌田 亮
15回環境毒性3生態毒性鎌田 亮
16回環境毒性4環境毒性評価法に関する国際的動向鎌田 亮
17回リスク評価と管理1ハザードの同定とリスクアセスメント鎌田 亮
18回リスク評価と管理2レギュラトリーサイエンスの定義と応用鎌田 亮
19回リスク評価と管理3リスクコミュニケーション鎌田 亮
20回リスク評価と管理4毒性試験法ガイドライン鎌田 亮
21回リスク評価と管理5ICHの役割と成果鎌田 亮
22回統計学1毒性試験における統計解析の考え方鎌田 亮
23回統計学2計量データの解析鎌田 亮
24回統計学3計数データの解析鎌田 亮
25回統計学4毒性試験に固有な統計解析法鎌田 亮
26回統計学5毒性試験における統計解析の演習鎌田 亮
27回毒性オミクストキシコゲノミクスとプロテオミクス鎌田 亮
28回トランスクリプトーム網羅的解析研究の現状鎌田 亮
29回バイオインフォマティクスオミクス解析技術との関連性鎌田 亮
30回システム毒性学システムバイオロジーの理論と課題鎌田 亮
3年1回有害事象1低分子医薬品鎌田 亮
2回有害事象2化粧品鎌田 亮
3回有害事象3食品、食品添加物、食品汚染物質。飼料添加物鎌田 亮
4回有害事象4農薬鎌田 亮
5回有害事象5工業化学物質鎌田 亮
6回有害事象6環境汚染物質鎌田 亮
7回有害事象7天然化学物質鎌田 亮
8回有害事象8放射線、紫外線鎌田 亮
9回臨床中毒学1中毒物質と症状鎌田 亮
10回臨床中毒学2中毒の診断と治療鎌田 亮
11回特殊な安全性評価1バイオ医薬品の品質と安全性評価鎌田 亮
12回特殊な安全性評価2予防用・治療用ワクチン、アジュバントの安全性評価鎌田 亮
13回特殊な安全性評価3抗体医薬と核酸医薬の安全性評価鎌田 亮
14回毒性学トピック1毒性学に関する最新の話題鎌田 亮
15回毒性学トピック2毒性評価法に関する最新の話題鎌田 亮

到達目標

1.毒性学について、その基礎を踏まえつつ最新の研究内容を説明することができる。
2.生体異物の毒性評価・規制・情報の共有等に関して国内外の最新動向を説明し、化学物質の管理について自分の見解を述べることができる。

評価方法

カテゴリーごとに講義の理解度を口頭試問・討議(50%)およびレポート(50%)によって評価する。
レポートを採点・返却し、内容についてディスカッションを行う。

準備学習(予習・復習等)

【授業時間外に必要な学習の時間:150時間】
予習:教科書を熟読し、各カテゴリーの最新知見に関する論文検索を行っておくこと。
復習:各カテゴリー終了時に総括レポートを作成するとともに収集論文等の内容を発表する練習をすること。

その他注意事等

(なし)

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書トキシコロジー[第3版] 日本トキシコロジー学会教育委員会編朝倉書店
教科書Casarett and Doull's Toxicology Curtis D. Klaassen,Mc Grow Hill Medical, NY.
教科書Encyclopedia of ToxicologyPhilip Wexler et al.Academic Press, NY.
参考書原著論文および総説(英語主体)など