実験動物学特別実験
英文名Research on Advanced Topics in Laboratory Animal Science
科目概要獣医学専攻(博士課程)1年次通年、実験、4単位(180時間)
獣医学専攻(博士課程)2年次通年、実験、4単位(180時間)
獣医学専攻(博士課程)3年次前期、実験、2単位(90時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎佐々木 宣哉
講義室実験動物学研究室
備考獣医学専攻(博士課程)主科目

授業の目的

実験験動物の歴史的背景と医学・獣医学をはじめとする生命科学の発展における意義を理解する。実験動物を利用するために必要な飼育管理や実験動物医学の知識を習得する。実験動物の種による特徴的な形態・機能を理解し、モデル動物としての役割を理解する。最先端の生命科学の研究に用いられている実験動物技術を理解する。獣医師として動物実験に関する国際的な基準、国際的動向を学ぶ。これらの知識を元に、実験動物学、実験動物医学の技術・実験手法について理解し、その技術を応用することができる。

教育内容

実験動物を利用するために必要な飼育管理や実験動物医学の知識を習得する。実験動物の種による特徴的な形態・機能を理解し、モデル動物としての役割を理解する。最先端の生命科学の研究に用いられている実験動物技術を理解し、応用できるようになる。

教育方法

論文の解説・説明を行う。課題について調べ、効果的な実験系をデザインし実践する。講義中にディスカッションを行い、また論文を執筆する。

卒業・学位授与の方針と当該科目の関連

基礎獣医学の研究課題を博士論文にまとめ、高度な知識と技術、深い知識と豊かな人間性を身に付け、問題に即応した課題解決を自ら具現化できる独創的で国際的に通用する研究者、高度な専門職業人、あるいは指導者となる能力を持つこと。当該科目を受講した後、日本実験動物医学専門医協会が認定する単位を取得し、国際資格である実験動物医学専門医を取得する。                    

授業内容(シラバス)

学年回/6h項目内容担当者
1年1回実験動物学概論実験動物学の概論1佐々木 宣哉
2回実験動物学概論実験動物学の概論2佐々木 宣哉
3回実験動物学概論実験動物学の概論3佐々木 宣哉
4回実験動物学概論実験動物学の概論4佐々木 宣哉
5回実験動物学概論実験動物学の概論5佐々木 宣哉
6回実験動物倫理実験動物倫理1佐々木 宣哉
7回実験動物倫理実験動物倫理2佐々木 宣哉
8回実験動物倫理実験動物倫理3佐々木 宣哉
9回実験動物倫理実験動物倫理4佐々木 宣哉
10回実験動物倫理実験動物倫理5佐々木 宣哉
11回実験動物医学実験動物医学1佐々木 宣哉
12回実験動物医学実験動物医学2佐々木 宣哉
13回実験動物医学実験動物医学3佐々木 宣哉
14回実験動物医学実験動物医学4佐々木 宣哉
15回実験動物医学実験動物医学5佐々木 宣哉
16回比較遺伝学比較遺伝学1佐々木 宣哉
17回比較遺伝学比較遺伝学2佐々木 宣哉
18回比較遺伝学比較遺伝学3佐々木 宣哉
19回比較遺伝学比較遺伝学4佐々木 宣哉
20回比較遺伝学比較遺伝学5佐々木 宣哉
21回実験動物飼育学実験動物育種学1佐々木 宣哉
22回実験動物飼育学実験動物育種学2佐々木 宣哉
23回実験動物飼育学実験動物育種学3佐々木 宣哉
24回実験動物飼育学実験動物育種学4佐々木 宣哉
25回実験動物飼育学実験動物育種学5佐々木 宣哉
26回実験動物繁殖学実験動物繁殖学1佐々木 宣哉
27回実験動物繁殖学実験動物繁殖学2佐々木 宣哉
28回実験動物繁殖学実験動物繁殖学3佐々木 宣哉
29回実験動物繁殖学実験動物繁殖学4佐々木 宣哉
30回実験動物繁殖学実験動物繁殖学5佐々木 宣哉
2年1回実験動物飼育管理学実験動物飼育管理学1佐々木 宣哉
2回実験動物飼育管理学実験動物飼育管理学2佐々木 宣哉
3回実験動物飼育管理学実験動物飼育管理学3佐々木 宣哉
4回実験動物飼育管理学実験動物飼育管理学4佐々木 宣哉
5回実験動物飼育管理学実験動物飼育管理学5佐々木 宣哉
6回実験動物疾病学実験動物疾病学1佐々木 宣哉
7回実験動物疾病学実験動物疾病学2佐々木 宣哉
8回実験動物疾病学実験動物疾病学3佐々木 宣哉
9回実験動物疾病学実験動物疾病学4佐々木 宣哉
10回実験動物疾病学実験動物疾病学5佐々木 宣哉
11回比較実験動物学比較実験動物学1佐々木 宣哉
12回比較実験動物学比較実験動物学2佐々木 宣哉
13回比較実験動物学比較実験動物学3佐々木 宣哉
14回比較実験動物学比較実験動物学4佐々木 宣哉
15回比較実験動物学比較実験動物学5佐々木 宣哉
16回実験動物手技実験動物手技1佐々木 宣哉
17回実験動物手技実験動物手技2佐々木 宣哉
18回実験動物手技実験動物手技3佐々木 宣哉
19回実験動物手技実験動物手技4佐々木 宣哉
20回実験動物手技実験動物手技5佐々木 宣哉
21回実験動物代替法代替法1佐々木 宣哉
22回実験動物代替法代替法2佐々木 宣哉
23回実験動物代替法代替法3佐々木 宣哉
24回実験動物代替法代替法4佐々木 宣哉
25回実験動物代替法代替法5佐々木 宣哉
26回実験動物感染症感染症1佐々木 宣哉
27回実験動物感染症感染症2佐々木 宣哉
28回実験動物感染症感染症3佐々木 宣哉
29回実験動物感染症感染症4佐々木 宣哉
30回実験動物感染症感染症5佐々木 宣哉
3年1回発生工学 発生工学の歴史佐々木 宣哉
2回発生工学 発生工学を用いた研究計画佐々木 宣哉
3回発生工学 発生工学の技術佐々木 宣哉
4回発生工学 発生工学の最新技術佐々木 宣哉
5回発生工学 発生工学の応用佐々木 宣哉
6回モデル動物学発生学1佐々木 宣哉
7回モデル動物学発生学2佐々木 宣哉
8回モデル動物学腫瘍学1佐々木 宣哉
9回モデル動物学腫瘍学2佐々木 宣哉
10回モデル動物学代謝異常1佐々木 宣哉
11回モデル動物学代謝異常2佐々木 宣哉
12回モデル動物学脳神経科学1佐々木 宣哉
13回モデル動物学脳神経科学2佐々木 宣哉
14回モデル動物学感染症研究1佐々木 宣哉
15回モデル動物学感染症研究2佐々木 宣哉

到達目標

実験動物学、実験動物医学のup to dateについて理解し、その知識を応用することができる。データを考察し、次の実験系をデザインできる。新規実験系を構築できる。

評価方法

毎回、提示される研究課題のディスカッション内容により評価する。

準備学習(予習・復習等)

<予習>次回の授業範囲を予習し、専門用語の意味等を理解しておくこと。
<復習>授業後に、当日の授業で扱ったテーマについて聞き取りを行い、考察をまとめること。

その他注意事等

(なし)

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書実験動物の技術と応用日本実験動物技術者協会
参考書(なし)