獣医学特別講義(獣医放射線学)
英文名Special Lecture in Veterinary Science(Veterinary Radiology)
科目概要獣医学専攻(博士課程)隔年開講次、選択、講義、10単位(150時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎夏堀 雅宏 (※)
講義室本館A棟5階共用セミナー室(A55・A56)
備考獣医学専攻(博士課程)主科目
全25学科目から18学科目を選択履修
1年から3年の間に履修する

授業の目的

獣医療における画像診断および放射線治療の役割を認識する。

教育内容

授業内容記載のテーマや最近のトピックについて論じ,討論しながら理解を深める。
・課題(試験やレポート等)に対するフィードバックの方法:随時教員とディスカッションを行う。

教育方法

講義およびディスカッション形式

卒業・学位授与の方針と当該科目の関連

獣医放射線学に関する基礎および臨床上の高度で専門的な知識と技術を身に付けるのみならず、それぞれの内容についてのディスカッションを通じてコミュニケーション能力の高い,豊かな人間性を涵養する。

授業内容(シラバス)

学年回/1.5h項目内容担当者
1年から3年の間1回画像診断の歴史画像診断機器と画像診断法の変遷夏堀 雅宏
2回最近のデジタル技術デジタル画像と診断システム夏堀 雅宏
3回ハイテク診断・治療装置PET-CTと放射線治療夏堀 雅宏
4回イノベーションテクノロジー画像診断および放射線治療の将来展望夏堀 雅宏

到達目標

画像形成の原理および画像の成り立ちと診断法を説明することができる。

評価方法

講義内容に関するレポートを50%、小テスト結果を50%とし、総合的に評価する。

準備学習(予習・復習等)

<予習>主に教科書や文献から重要なトピックスについて調べておくこと。【授業時間外に必要な学習の時間:300時間】
<復習>講義内容の不明点を資料を基に復習しておくこと。

その他注意事等

(なし)

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書画像診断・放射線治療その他研究テーマに関する学術論文
参考書(なし)