獣医外科学特別演習
英文名Seminar on Advanced Topics in Veterinary Surgery
科目概要獣医学専攻(博士課程)1年次通年、演習、2単位(60時間)
獣医学専攻(博士課程)2年次通年、演習、2単位(60時間)
獣医学専攻(博士課程)3年次前期、演習、1単位(30時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎岡野 昇三 (※)左近允 巌 (※)岩井 聡美 (※)前田 賢一 (※)石野 寛和 (※)担当者全員
講義室獣医外科学研究室
備考獣医学専攻(博士課程)主科目

授業の目的

鎮静・鎮痛・麻酔薬および手術侵襲に関する研究および発表を実施するために必要な知識・手技を理解する。

教育内容

獣医外科学特別演習は、鎮静・鎮痛・麻酔薬および手術侵襲に関する研究および発表を実施するために必要な知識・手技を講義する。

教育方法

パワーポイントと配付資料を活用しながら講義形式ですすめる。

卒業・学位授与の方針と当該科目の関連


◎DP2:動物の病気の診断・治療・予防に関する知識を持ち、適切に実践できる能力

授業内容(シラバス)

学年回/2h項目内容担当者
1年1回オリエンテーションオリエンテーション岡野 昇三
2回実験計画作成1実験計画の立案のための文献的考察1岡野 昇三
3回実験計画作成2実験計画の立案のための文献的考察2左近允 巌
4回実験計画作成3実験計画の立案のための文献的考察3岩井 聡美
5回実験計画作成4実験計画の立案のための文献的考察4前田 賢一
6回実験計画作成5実験計画の立案のための文献的考察5石野 寛和
7回実験計画作成6実験計画の立案のための文献的考察(まとめ)岡野 昇三
8回研究のための基礎知識1研究に必要な基本知識(神経系1)左近允 巌
9回研究のための基礎知識2研究に必要な基本知識(神経系2)左近允 巌
10回研究のための基礎知識3研究に必要な基本知識(内分泌系1)岩井 聡美
11回研究のための基礎知識4研究に必要な基本知識(内分泌系2)岩井 聡美
12回研究のための基礎知識5研究に必要な基本知識(免疫系1)前田 賢一
13回研究のための基礎知識6研究に必要な基本知識(免疫系2)前田 賢一
14回研究のための基礎知識7研究に必要な基本知識(循環器系1)石野 寛和
15回研究のための基礎知識8研究に必要な基本知識(循環器系2)石野 寛和
16回研究のための基礎知識9研究に必要な基本知識(呼吸器系1)岡野 昇三
17回研究のための基礎知識10研究に必要な基本知識(呼吸器系2)岡野 昇三
18回研究のための基礎知識11研究に必要な基本知識(麻酔管理) 左近允 巌
19回研究のための基礎知識12研究に必要な基本知識(サンプリング)左近允 巌
20回研究のための基礎知識13研究に必要な基本知識(検体の保存)岩井 聡美
21回研究のための基礎知識14研究に必要な基本知識(血液生化学検査1)岩井 聡美
22回研究のための基礎知識15研究に必要な基本知識(血液生化学検査2)前田 賢一
23回研究のための基礎知識16研究に必要な基本知識(PCR 1)前田 賢一
24回研究のための基礎知識17研究に必要な基本知識(PCR 2)石野 寛和
25回研究のための基礎知識18研究に必要な基本知識(電気泳動)石野 寛和
26回研究のための基礎知識19研究に必要な基本知識(ELISA)岡野 昇三
27回研究のための基礎知識20研究に必要な基本知識(ホルモン測定)岡野 昇三
28回研究のための基礎知識21研究に必要な基本知識(細胞培養)左近允 巌
29回研究のための基礎知識22研究に必要な基本知識(組織検査)左近允 巌
30回まとめまとめ岡野 昇三
左近允 巌
2年1回研究倫理実験・研究の倫理岡野 昇三
2回実験動物の管理1実験動物の飼育管理1左近允 巌
3回実験動物の管理2実験動物の飼育管理2岩井 聡美
4回実験動物の取扱実験動物への疼痛・ストレスの軽減前田 賢一
5回安楽死安楽死処置法石野 寛和
6回研究のための基本手技1研究に必要な基本的手技(麻酔管理1)岡野 昇三
7回研究のための基本手技2研究に必要な基本的手技(麻酔管理2)岡野 昇三
8回研究のための基本手技3研究に必要な基本的手技(手術手技1)左近允 巌
9回研究のための基本手技4研究に必要な基本的手技(手術手技2)左近允 巌
10回研究のための基本手技5研究に必要な基本的手技(サンプリング)岩井 聡美
11回研究のための基本手技6研究に必要な基本的手技(循環動態)前田 賢一
12回研究のための基本手技7研究に必要な基本的手技(呼吸機能)石野 寛和
13回研究のための基本手技8研究に必要な基本的手技(血液検査)岡野 昇三
14回研究のための基本手技9研究に必要な基本的手技(PCR 1)左近允 巌
15回研究のための基本手技10研究に必要な基本的手技(PCR 2)岩井 聡美
16回研究のための基本手技11研究に必要な基本的手技(電気泳動)前田 賢一
17回研究のための基本手技12研究に必要な基本的手技(ELISA)石野 寛和
18回研究のための基本手技13研究に必要な基本的手技(ホルモン測定)左近允 巌
19回研究のための基本手技14研究に必要な基本的手技(細胞培養1)岡野 昇三
20回研究のための基本手技15研究に必要な基本的手技(細胞培養2)岩井 聡美
21回研究のための基本手技16研究に必要な基本的手技(組織検査1)前田 賢一
22回研究のための基本手技17研究に必要な基本的手技(組織検査2)石野 寛和
23回実験成績の記録実験成績の記録左近允 巌
24回実験成績の保存実験成績の保存岡野 昇三
25回実験成績のまとめ方1実験成績のまとめ方(統計処理の基本)岡野 昇三
26回実験成績のまとめ方2実験成績のまとめ方(統計処理方法1)左近允 巌
27回実験成績のまとめ方3実験成績のまとめ方(統計処理方法2)岩井 聡美
28回実験成績のまとめ方4実験成績のまとめ方(統計処理方法3)前田 賢一
29回実験成績のまとめ方5実験成績のまとめ方(統計処理方法の応用)石野 寛和
30回まとめまとめ岡野 昇三
左近允 巌
3年1回プレゼンテーションとはプレゼンテーションの基本岡野 昇三
2回図表作成1図表の作成法1左近允 巌
3回図表作成2図表の作成法2石野 寛和
4回図表作成3図表の作成法3石野 寛和
5回写真作成1写真の作成1前田 賢一
6回写真作成2写真の作成2前田 賢一
7回ポスター作成1ポスターの作成1岩井 聡美
8回ポスター作成2ポスターの作成2岩井 聡美
9回スライド作成1スライドの作成1左近允 巌
10回スライド作成2スライドの作成2左近允 巌
11回スライド作成3スライドの作成3左近允 巌
12回論文作成1要旨の作成方法岡野 昇三
13回論文作成2論文の作成方法岡野 昇三
14回論文作成3論文の投稿方法岡野 昇三
15回まとめまとめ岡野 昇三
左近允 巌

到達目標

研究を実施するために必要な知識の習得、成績のまとめおよびその成績を発表することができる。

評価方法

講義内容に関するレポート(100%)により評価する。

準備学習(予習・復習等)

【授業時間外に必要な学習の時間:各回2時間程度】
<予習>次回の授業範囲を予習し、専門用語の意味等を理解しておくこと。
<復習>授業後に、当日の授業で扱ったテーマについて聞き取りを行い、考察をまとめること。

その他注意事等

オフィスアワーは、火曜日のお昼休みです。
実務経験の授業への活用方法:動物病院での臨床経験を踏まえ、獣医外科学に関連する研究方法を概説する。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書作成した資料を配付
参考書Small Animal Critical Care Medicine, SaundersSilverstein D. C. and Hopper H. edsSt. Louis, 2009