獣医内科学特別実験
英文名Research on Advanced Topics in Veterinary Internal Medicine
科目概要獣医学専攻(博士課程)1年次通年、実験、4単位(180時間)
獣医学専攻(博士課程)2年次通年、実験、4単位(180時間)
獣医学専攻(博士課程)3年次前期、実験、2単位(90時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎金井 一享 (※)伊藤 直之 (※)亀島 聡 (※)田島 一樹 (※)担当者全員
講義室獣医内科学研究室
備考獣医学専攻(博士課程)主科目

授業の目的

眼科ならびに寄生虫や皮膚の研究をするために、必要な手技を修得し、研究を遂行する能力を修得する。

教育内容

実験を実施するのに必要な手技・思考について説明する。

教育方法

実験に必要な手技や思考を実践する。

卒業・学位授与の方針と当該科目の関連

臨床獣医学の研究課題を博士論文にまとめ、高度な知識と技術、深い学識と豊かな人間性を身に付け、問題に即応した課題解決を自ら具現化できる独創的で国際的に通用する研究者、高度専門職業人、あるいは指導者となる能力を持つこと。

授業内容(シラバス)

学年回/6h項目内容担当者
1年第1回実験を始めるために1試薬の取り扱いと管理方法担当者全員
第2回実験を始めるために2採材材料の取り扱い担当者全員
第3回実験動物学1マウス眼科疾患モデル担当者全員
第4回実験動物学2ラット眼科疾患モデル①担当者全員
第5回実験動物学3ラット眼科疾患モデル②担当者全員
第6回実験動物学4ウサギ眼科疾患モデル担当者全員
第7回実験動物学5イヌ眼科疾患モデル担当者全員
第8回実験動物学6実験動物の取り扱いと管理①担当者全員
第9回実験動物学7実験動物の取り扱いと管理②担当者全員
第10回実験動物学8実験動物の取り扱いと管理③担当者全員
第11回細胞培養1細胞培養についての総論担当者全員
第12回細胞培養2 細胞培養を用いた実験手技①担当者全員
第13回細胞培養3細胞培養を用いた実験手技②担当者全員
第14回細胞培養4
細胞培養を用いた実験手技③担当者全員
第15回細胞培養5細胞培養を用いた実験手技④担当者全員
第16回細胞培養6細胞培養を用いた実験手技⑤担当者全員
第17回サンプルの採材のために①手術用顕微鏡と細隙灯の使い方①担当者全員
第18回サンプルの採材のために②手術用顕微鏡と細隙灯の使い方②担当者全員
第19回サンプルの採材方法1眼房水採取法①担当者全員
第20回サンプルの採材方法2眼房水採取法②担当者全員
第21回サンプルの採材方法3角膜と結膜の採取法②担当者全員
第22回サンプルの採材方法4角膜と結膜の採取法②担当者全員
第23回サンプルの採材方法5虹彩と毛様体採取方法①担当者全員
第24回サンプルの採材方法6虹彩と毛様体採取方法②担当者全員
第25回サンプルの採取方法7水晶体採取方法担当者全員
第26回サンプルの採材方法8脈絡膜と網膜採取方法①担当者全員
第27回サンプルの採材方法9脈絡膜と網膜採取方法②担当者全員
第28回サンプルの採材方法10糞便採取方法①担当者全員
第29回サンプルの採材方法11糞便採取方法②担当者全員
第30回サンプルの採材方法12糞便採取方法③担当者全員
2年第1回サンプルの採材方法13マダニ検体の採取方法①担当者全員
第2回サンプルの採材方法14マダニ検体の採取法②担当者全員
第3回サンプルの採材方法15マダニ検体の採取法③担当者全員
第4回眼科検査1一般般眼科検査法①担当者全員
第5回眼科検査2一般般眼科検査法②担当者全員
第6回眼科検査3一般般眼科検査法③担当者全員
第7回眼科検査4特殊眼科検査法①担当者全員
第8回眼科検査5特殊眼科検査法②担当者全員
第9回皮膚検査1一般的皮膚検査①担当者全員
第10回皮膚検査2一般的皮膚検査②担当者全員
第11回皮膚検査3特殊皮膚検査法①担当者全員
第12回皮膚検査4特殊皮膚検査法②担当者全員
第13回蛋白質解析1蛋白質の精製と定量①担当者全員
第14回蛋白質解析2蛋白質定の精製と定量②担当者全員
第15回蛋白質解析3蛋白質定の精製と定量③担当者全員
第16回蛋白質解析4電気泳動、ウエスタンブロッティング法と半定量法①担当者全員
第17回蛋白質解析5電気泳動、ウエスタンブロッティング法と半定量法②担当者全員
第18回蛋白質解析6電気泳動、ウエスタンブロッティング法と半定量法③担当者全員
第19回蛋白質解析7電気泳動、ウエスタンブロッティング法と半定量法④担当者全員
第20回蛋白質解析8ELISA法①担当者全員
第21回蛋白質解析9ELISA法②担当者全員
第22回蛋白質解析10ELISA法③担当者全員
第23回蛋白質解析11ELISA法④担当者全員
第24回蛋白質解析12ELISA法⑤担当者全員
第25回分子生物学的解析1各種PCR法と遺伝子解析担当者全員
第26回分子生物学的解析2各種PCR法と遺伝子解析担当者全員
第27回分子生物学的解析3各種PCR法と遺伝子解析担当者全員
第28回分子生物学的解析4各種PCR法と遺伝子解析担当者全員
第29回分子生物学的解析5各種PCR法と遺伝子解析担当者全員
第30回分子生物学的解析6各種PCR法と遺伝子解析担当者全員
3年第1回分子生物学的解析7各種PCR法と遺伝子解析担当者全員
第2回病理組織学的検索1標本作製手技①担当者全員
第3回病理組織学的検索2標本作製手技②担当者全員
第4回病理組織学的検索3標本作製手技③担当者全員
第5回病理組織学的検索4標本作製手技④担当者全員
第6回病理組織学的検索5組織病理学的変化の観察①担当者全員
第7回病理組織学的検索6組織病理学的変化の観察②担当者全員
第8回病理組織学的検索7組織病理学的変化の観察③担当者全員
第9回病理組織学的検索8組織病理学的変化の観察④担当者全員
第10回病理組織学的検索9組織病理学的変化の観察⑤担当者全員
第11回病理組織学的検索10免疫組織学的手技①担当者全員
第12回病理組織学的検索11免疫組織学的手技②担当者全員
第13回病理組織学的検索12免疫組織学的手技③担当者全員
第14回病理組織学的検索13免疫組織学的手技④担当者全員
第15回病理組織学的検索14免疫組織学的手技⑤担当者全員

到達目標

各種実験方法を十分理解し、自らの実験を遂行することができる。

評価方法

実験成果を学会ならび論文として発表。

準備学習(予習・復習等)

授業時間以外に必要な学習の時間:1 -3年次各360時間
<予習>学術文献の材料と方法を熟読しておくこと。
<復習>実践結果の検証を十分に行っておくこと。

その他注意事等

目的意識を持ちながら研究を遂行すること。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書学術論文
教科書各種実験手技書
教科書Anaerobic Parasitic Protozoa : Genomics and Molecular Biology Caister Academic Pr
参考書(なし)