獣医微生物学特別実験
英文名Research on Advanced Topics in Veterinary Microbiology
科目概要獣医学専攻(博士課程)1年次通年、実験、4単位(180時間)
獣医学専攻(博士課程)2年次通年、実験、4単位(180時間)
獣医学専攻(博士課程)3年次前期、実験、2単位(90時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎田邊 太志山本 聡美担当者全員
講義室獣医微生物学研究室
備考獣医学専攻(博士課程)主科目

授業の目的

微生物の感染と発症、生体の防御機構を理解した上での実験の立案・実施能力を育てる。

教育内容

微生物による感染と生体防御機構について講義したのち、項目によっては実験を行う。

教育方法

LMSにより資料を配布し、資料とスライドを使って実験の原理を説明する。

卒業・学位授与の方針と当該科目の関連

◯DP1:生命科学の理解と高い教養及び倫理観の習得
◎DP2:動物の病気の診断・治療・予防に関する知識を持ち、適切に実践できる能力
 DP3:食品の安全性の確保と供給に資する能力
 DP4:医薬品の開発に寄与する能力
 DP5:野生動物の保全に寄与する能力
◯DP6:人獣共通感染症の制圧に寄与する能力

授業内容(シラバス)

学年回/6h項目内容担当者
1年1回基礎的実験手技1バイオセイフティに関する理解 - 安全キャビネットの使用担当者全員
2回基礎的実験手技2微生物を扱う基本操作 - 無菌操作法担当者全員
3回基礎的実験手技3微生物を扱う基本操作 - 培地作成法担当者全員
4回基礎的実験手技4微生物を扱う基本操作 - 染色法担当者全員
5回基礎的実験手技5微生物を扱う基本操作 - 生菌数測定法担当者全員
6回基礎的実験手技6細胞培養法担当者全員
7回基礎的実験手技7培養細胞によるウイルス分離担当者全員
8回基礎的実験手技8培養細胞による細胞毒性試験担当者全員
9回基礎的実験手技9消毒・滅菌 - 消毒薬の有効性試験担当者全員
10回基礎的実験手技10消毒・滅菌 - 各微生物による消毒・滅菌の有効性評価担当者全員
11回病原学的診断法1グラム陽性菌の病原学的診断法 - 分離培養・純培養担当者全員
12回病原学的診断法2グラム陽性菌の病原学的診断法 - 生物学的性状試験担当者全員
13回病原学的診断法3グラム陽性菌の病原学的診断法 - 生化学的性状試験担当者全員
14回病原学的診断法4グラム陰性菌の病原学的診断法 - 分離培養・純培養担当者全員
15回病原学的診断法5グラム陰性菌の病原学的診断法 - 生物学的性状試験担当者全員
16回病原学的診断法6グラム陰性菌の病原学的診断法 - 生化学的性状試験担当者全員
17回病原学的診断法7嫌気性菌の病原学的診断法 - 分離培養・純培養担当者全員
18回病原学的診断法8嫌気性菌の病原学的診断法 - 生物学的性状試験担当者全員
19回病原学的診断法9嫌気性菌の病原学的診断法 - 生化学的性状試験担当者全員
20回病原学的診断法10マイコプラズマの病原学的診断法 - 分離培養・純培養担当者全員
21回病原学的診断法11マイコプラズマの病原学的診断法 - 生物学的性状試験担当者全員
22回病原学的診断法12マイコプラズマの病原学的診断法 - 生化学的性状試験担当者全員
23回病原学的診断法13真菌の病原学的診断法 - 分離培養・純培養担当者全員
24回病原学的診断法14真菌の病原学的診断法 - 生物学的性状試験担当者全員
25回病原学的診断法15真菌の病原学的診断法 - 生化学的性状試験担当者全員
26回分離菌の精密検査1細菌の遺伝学的同定法 - Southern hybrdization担当者全員
27回分離菌の精密検査2細菌の遺伝学的同定法 - PCRによる特定遺伝子の検出担当者全員
28回分離菌の精密検査3細菌の血清型別担当者全員
29回分離菌の精密検査4細菌のファージ型別担当者全員
30回分離菌の精密検査5細菌の遺伝子型別担当者全員
2年1回血清学的診断法1血清学的診断法 - 凝集反応担当者全員
2回血清学的診断法2血清学的診断法 - 間接凝集反応担当者全員
3回血清学的診断法3血清学的診断法 - 沈降反応担当者全員
4回血清学的診断法4血清学的診断法 - 溶解反応担当者全員
5回血清学的診断法5血清学的診断法 - ELISA担当者全員
6回血清学的診断法6血清学的診断法 - 補体結合反応担当者全員
7回血清学的診断法7血清学的診断法 - 中和試験担当者全員
8回病原因子の機能解析1微生物の病原因子 - 病原因子の検出方法担当者全員
9回病原因子の機能解析2微生物の病原因子 - 病原因子の分離・精製法担当者全員
10回病原因子の機能解析3微生物の病原因子 - 病原遺伝子の検出法担当者全員
11回病原因子の機能解析4微生物の病原因子 - 病原遺伝子のクローニング担当者全員
12回病原因子の機能解析5微生物の病原因子 - 病原遺伝子の発現法担当者全員
13回病原因子の機能解析6微生物の病原因子 - 外毒素の活性担当者全員
14回病原因子の機能解析7微生物の病原因子 - 内毒素の活性担当者全員
15回病原因子の機能解析8微生物の病原因子 - 線毛を介した細胞付着試験担当者全員
16回病原因子の機能解析9微生物の病原因子 - 鞭毛による走化性担当者全員
17回薬剤耐性1微生物の薬剤耐性 - 寒天平板希釈法担当者全員
18回薬剤耐性2微生物の薬剤耐性 - 微量液体希釈法担当者全員
19回薬剤耐性3微生物の薬剤耐性 - ディスク拡散法担当者全員
20回薬剤耐性4微生物の薬剤耐性 - 薬剤耐性プラスミドの伝達試験担当者全員
21回薬剤耐性5微生物の薬剤耐性 - 薬剤耐性遺伝子の検出担当者全員
22回感染と防御1微生物の感染実験 - 動物への接種担当者全員
23回感染と防御2微生物の感染実験 - 感染動物の観察担当者全員
24回感染と防御3微生物の感染実験 - 感染動物からの微生物の分離培養・純培養担当者全員
25回感染と防御4微生物の感染実験 - 分離菌の同定担当者全員
26回感染と防御5微生物の免疫実験 - 動物への接種担当者全員
27回感染と防御6微生物の免疫実験 - 経時的採血担当者全員
28回感染と防御7微生物の免疫実験 - 血中抗体価の測定担当者全員
29回感染と防御8微生物の免疫実験 - 免疫動物への攻撃接種担当者全員
30回感染と防御9微生物の免疫実験 - 攻撃後の動物の観察・微生物の分離培養担当者全員
3年1回遺伝学的試験1細菌の遺伝学的試験 - プラスミドの検出担当者全員
2回遺伝学的試験2細菌の遺伝学的試験 - プラスミドの抽出担当者全員
3回遺伝学的試験3細菌の遺伝学的試験 - プラスミドの形質転換担当者全員
4回遺伝学的試験4細菌の遺伝学的試験 - 形質転換株の病原性の確認担当者全員
5回遺伝学的試験5細菌の遺伝学的試験 - プラスミド上の病原遺伝子の検出担当者全員
6回遺伝学的試験6細菌の遺伝学的試験 - 病原遺伝子のクローニング担当者全員
7回遺伝学的試験7細菌の遺伝学的試験 - 病原遺伝子の発現担当者全員
8回遺伝学的試験8細菌の遺伝学的試験 - 発現蛋白の機能解析担当者全員
9回遺伝学的試験9細菌の遺伝学的試験 - ビルレントファージとテンペレートファージ担当者全員
10回遺伝学的試験10細菌の遺伝学的試験 - ファージを用いた形質導入担当者全員
11回遺伝学的試験11細菌の遺伝学的試験 - 形質導入株の病原性の確認担当者全員
12回遺伝学的試験12細菌の遺伝学的試験 - ファージ上の病原遺伝子の検出担当者全員
13回遺伝学的試験13細菌の遺伝学的試験 - 病原遺伝子のクローニング担当者全員
14回遺伝学的試験14細菌の遺伝学的試験 - 病原遺伝子の発現担当者全員
15回遺伝学的試験15細菌の遺伝学的試験 - 病原遺伝子の発現担当者全員

到達目標

獣医学とその周辺領域の高度な教育・研究を通じて、高度な専門知識と技術をを修得し、豊かな人間性を身につけるという学位授与方針を達成するため、特に感染症に関する専門知識および技術を修得する必要がある。獣医微生物学特別実験では、感染症の診断・治療・予防に関する研究を実施するための実験方法を立案・実行することができる。

評価方法

実習内容に関するレポートを90%、授業態度を10%とし、総合的に評価する。

準備学習(予習・復習等)

<予習>予め教科書・学術論文により微生物を用いた実験方法をについて調べておくこと。
<復習>配布された資料、実験結果を基に、特別実験の内容と判定方法を理解しておくこと。

その他注意事等

(なし)

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書微生物および感染症に関する学術論文
参考書(なし)