獣医薬理学特別実験
英文名Research on Advanced Topics in Veterinary Pharmacology
科目概要獣医学専攻(博士課程)1年次通年、実験、4単位(180時間)
獣医学専攻(博士課程)2年次通年、実験、4単位(180時間)
獣医学専攻(博士課程)3年次前期、実験、2単位(90時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎山脇 英之岡田 宗善大谷 紘資担当者全員
講義室獣医薬理学研究室
備考獣医学専攻(博士課程)主科目

授業の目的

循環器の薬理学を中心とした研究を材料に、実際的な研究計画の立案、遂行、研究結果の解析及び研究成果の公表方法を指導し、研究者としての自立を促す。

教育内容

実験計画の立案、計画、遂行、結果の解釈と実験計画の再考、効率的な実験方法、学術論文の作成法を説明する。

教育方法

配布資料や電子データを活用して説明したのち、実技を行う。ディスカッションを通して絶えずフィードバックを行う。

卒業・学位授与の方針と当該科目の関連

基礎獣医学の研究課題を博士論文にまとめ、高度な知識と技術、深い学識と豊かな人間性を身に付け、問題に即応した課題解決を自ら具現化できる独創的で国際的に通用する研究者、高度専門職業人、あるいは指導者となる能力を持つこと。

授業内容(シラバス)

学年回/6h項目内容担当者
1年1回テーマの選択と仮説の設定1循環器の薬理学を中心とした文献、資料の収集と解析を通しての研究テーマの立案1担当者全員
2回テーマの選択と仮説の設定2循環器の薬理学を中心とした文献、資料の収集と解析を通しての研究テーマの立案2担当者全員
3回テーマの選択と仮説の設定3循環器の薬理学を中心とした文献、資料の収集と解析を通しての研究テーマの立案3担当者全員
4回テーマの選択と仮説の設定4循環器の薬理学を中心とした文献、資料の収集と解析を通しての研究テーマの立案4担当者全員
5回テーマの選択と仮説の設定5循環器の薬理学を中心とした文献、資料の収集と解析を通しての研究テーマの立案5担当者全員
6回予備実験と条件検討1循環器の薬理学研究遂行に必要な実験技術の習得1担当者全員
7回予備実験と条件検討2循環器の薬理学研究遂行に必要な実験技術の習得2担当者全員
8回予備実験と条件検討3循環器の薬理学研究遂行に必要な実験技術の習得3担当者全員
9回予備実験と条件検討4循環器の薬理学研究遂行に必要な実験技術の習得4担当者全員
10回予備実験と条件検討5循環器の薬理学研究遂行に必要な実験技術の習得5担当者全員
11回予備実験と条件検討6循環器の薬理学研究遂行に必要な実験技術の習得6担当者全員
12回予備実験と条件検討7循環器の薬理学研究遂行に必要な実験技術の習得7担当者全員
13回予備実験と条件検討8循環器の薬理学研究遂行に必要な実験技術の習得8担当者全員
14回予備実験と条件検討9循環器の薬理学研究遂行に必要な実験技術の習得9担当者全員
15回予備実験と条件検討10循環器の薬理学研究遂行に必要な実験技術の習得10担当者全員
16回本実験1予備的な実験結果を踏まえて本実験を遂行する1担当者全員
17回本実験2予備的な実験結果を踏まえて本実験を遂行する2担当者全員
18回本実験3予備的な実験結果を踏まえて本実験を遂行する3担当者全員
19回本実験4予備的な実験結果を踏まえて本実験を遂行する4担当者全員
20回本実験5予備的な実験結果を踏まえて本実験を遂行する5担当者全員
21回本実験6予備的な実験結果を踏まえて本実験を遂行する6担当者全員
22回本実験7予備的な実験結果を踏まえて本実験を遂行する7担当者全員
23回本実験8予備的な実験結果を踏まえて本実験を遂行する8担当者全員
24回本実験9予備的な実験結果を踏まえて本実験を遂行する9担当者全員
25回本実験10予備的な実験結果を踏まえて本実験を遂行する10担当者全員
26回データ整理と解析1得られたデータの適切な記録と保存法の習得1担当者全員
27回データ整理と解析2得られたデータの適切な記録と保存法の習得2担当者全員
28回データ整理と解析3得られたデータの適切な記録と保存法の習得3担当者全員
29回データ整理と解析4得られたデータの適切な記録と保存法の習得4担当者全員
30回データ整理と解析5得られたデータの適切な記録と保存法の習得5担当者全員
2年1回英文投稿論文の作成1研究成果を学術論文としてまとめる方法の習得1担当者全員
2回英文投稿論文の作成2研究成果を学術論文としてまとめる方法の習得2担当者全員
3回英文投稿論文の作成3研究成果を学術論文としてまとめる方法の習得3担当者全員
4回英文投稿論文の作成4研究成果を学術論文としてまとめる方法の習得4担当者全員
5回英文投稿論文の作成5研究成果を学術論文としてまとめる方法の習得5担当者全員
6回英文投稿論文の作成6研究成果を学術論文としてまとめる方法の習得6担当者全員
7回英文投稿論文の作成7研究成果を学術論文としてまとめる方法の習得7担当者全員
8回英文投稿論文の作成8研究成果を学術論文としてまとめる方法の習得8担当者全員
9回英文投稿論文の作成9研究成果を学術論文としてまとめる方法の習得9担当者全員
10回英文投稿論文の作成10研究成果を学術論文としてまとめる方法の習得10担当者全員
11回投稿論文のリバイズ1投稿した論文に対する査読コメントへの対処法の習得と追加実験の遂行1担当者全員
12回投稿論文のリバイズ2投稿した論文に対する査読コメントへの対処法の習得と追加実験の遂行2担当者全員
13回投稿論文のリバイズ3投稿した論文に対する査読コメントへの対処法の習得と追加実験の遂行3担当者全員
14回投稿論文のリバイズ4投稿した論文に対する査読コメントへの対処法の習得と追加実験の遂行4担当者全員
15回投稿論文のリバイズ5投稿した論文に対する査読コメントへの対処法の習得と追加実験の遂行5担当者全員
16回投稿論文のリバイズ6投稿した論文に対する査読コメントへの対処法の習得と追加実験の遂行6担当者全員
17回投稿論文のリバイズ7投稿した論文に対する査読コメントへの対処法の習得と追加実験の遂行7担当者全員
18回投稿論文のリバイズ8投稿した論文に対する査読コメントへの対処法の習得と追加実験の遂行8担当者全員
19回投稿論文のリバイズ9投稿した論文に対する査読コメントへの対処法の習得と追加実験の遂行9担当者全員
20回投稿論文のリバイズ10投稿した論文に対する査読コメントへの対処法の習得と追加実験の遂行10担当者全員
21回継続テーマの仮説設定1これまでと継続したテーマでの研究計画の立案法の習得1担当者全員
22回継続テーマの仮説設定2これまでと継続したテーマでの研究計画の立案法の習得2担当者全員
23回継続テーマの仮説設定3これまでと継続したテーマでの研究計画の立案法の習得3担当者全員
24回継続テーマの本実験1継続したテーマでの研究の遂行と成果のまとめ方の習得1担当者全員
25回継続テーマの本実験2継続したテーマでの研究の遂行と成果のまとめ方の習得2担当者全員
26回継続テーマの本実験3継続したテーマでの研究の遂行と成果のまとめ方の習得3担当者全員
27回継続テーマの英文論文作成1継続したテーマでの研究成果を学術論文にまとめ公表する1担当者全員
28回継続テーマの英文論文作成2継続したテーマでの研究成果を学術論文にまとめ公表する2担当者全員
29回継続テーマの英文論文作成3継続したテーマでの研究成果を学術論文にまとめ公表する3担当者全員
30回継続テーマの英文論文作成4継続したテーマでの研究成果を学術論文にまとめ公表する4担当者全員
3年1回発展テーマの仮説設定1さらに発展したテーマでの研究計画の立案1担当者全員
2回発展テーマの仮説設定2さらに発展したテーマでの研究計画の立案2担当者全員
3回発展テーマの仮説設定3さらに発展したテーマでの研究計画の立案3担当者全員
4回発展テーマの本実験1さらに発展したテーマでの研究を遂行し成果をまとめる1担当者全員
5回発展テーマの本実験2さらに発展したテーマでの研究を遂行し成果をまとめる2担当者全員
6回発展テーマの本実験3さらに発展したテーマでの研究を遂行し成果をまとめる3担当者全員
7回発展テーマの英文論文作成1さらに発展したテーマでの研究成果を学術論文として公表する1担当者全員
8回発展テーマの英文論文作成2さらに発展したテーマでの研究成果を学術論文として公表する2担当者全員
9回発展テーマの英文論文作成3さらに発展したテーマでの研究成果を学術論文として公表する3担当者全員
10回3つのテーマの有機的統合1これまでの断片的な研究成果を博士論文として、公表する意義・方法を学ばせる1担当者全員
11回3つのテーマの有機的統合2これまでの断片的な研究成果を博士論文として、公表する意義・方法を学ばせる2担当者全員
12回3つのテーマの有機的統合3これまでの断片的な研究成果を博士論文として、公表する意義・方法を学ばせる3担当者全員
13回博士論文1博士論文(原稿)の完成1担当者全員
14回博士論文2博士論文(原稿)の完成2担当者全員
15回博士論文3博士論文(原稿)の完成3担当者全員

到達目標

自らの研究経過や成果を種々の方法で公表できる技術を取得することができる。

評価方法

研究の計画、遂行、経果の発表までで50%評価する。そして、実際の研究成果の公表、博士論文(原稿)の完成を持って50%評価する。

準備学習(予習・復習等)

授業時間外に必要な学習の時間:180-360時間
<予習>関連文献から実験方法を調査し実験計画を立てておくこと。
<復習>実験結果を整理し考察をまとめること。

その他注意事等

(なし)

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書最新の学術論文および総説
参考書(なし)