獣医生化学特別実験
英文名Research on Advanced Topics in Veterinary Biochemistry
科目概要獣医学専攻(博士課程)1年次通年、実験、4単位(180時間)
獣医学専攻(博士課程)2年次通年、実験、4単位(180時間)
獣医学専攻(博士課程)3年次前期、実験、2単位(90時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎折野 宏一吉川  泰永担当者全員
講義室獣医生化学研究室
備考獣医学専攻(博士課程)主科目

授業の目的

獣医生化学的研究に必要な専門知識と実験方法を習得し、研究能力を養うことを目的とする。

教育内容

生物に必須な微量金属元素である鉄について、それを取り巻く環境とその利用について生化学および分子生物学なレベルで方法を立案し、実施を行うことにより研究レベルを高めていく。

教育方法

研究内容を深めるため、随時講義形式(パワーポイントと配布資料)の説明や討議を行いながら、段階的にプレゼンテーションを課する。

卒業・学位授与の方針と当該科目の関連

◎DP1:生命科学の理解と高い教養及び倫理観の習得
◎DP2:動物の病気の診断・治療・予防に関する知識を持ち、適切に実践できる能力
◯DP3:食品の安全性の確保と供給に資する能力
◯DP4:医薬品の開発に寄与する能力
 DP5:野生動物の保全に寄与する能力
 DP6:人獣共通感染症の制圧に寄与する能力

授業内容(シラバス)

学年回/6h項目内容担当者
1年1回タンパク質に関する実験(1) タンパク定量(1)担当者全員
2回タンパク質に関する実験(2) タンパク定量(2)担当者全員
3回タンパク質に関する実験(3) タンパク定量(3)担当者全員
4回タンパク質に関する実験(4) タンパク定量(4)担当者全員
5回タンパク質に関する実験(5) タンパク定量(5)担当者全員
6回タンパク質に関する実験(6) タンパク定量(6)担当者全員
7回タンパク質に関する実験(7) タンパク質の精製(1)担当者全員
8回タンパク質に関する実験(8) タンパク質の精製(2)担当者全員
9回タンパク質に関する実験(9) タンパク質の精製(3)担当者全員
10回タンパク質に関する実験(10) タンパク質の精製(4)担当者全員
11回タンパク質に関する実験(11) タンパク質の精製(5)担当者全員
12回タンパク質に関する実験(12) タンパク質の解析法(1)担当者全員
13回タンパク質に関する実験(13) タンパク質の解析法(2)担当者全員
14回タンパク質に関する実験(14) タンパク質の解析法(3)担当者全員
15回タンパク質に関する実験(15) タンパク質の解析法(4)担当者全員
16回タンパク質に関する実験(16) タンパク質の解析法(5)担当者全員
17回タンパク質に関する実験(17) タンパク質の解析法(6)担当者全員
18回タンパク質に関する実験(18) タンパク質の解析法(7)担当者全員
19回免疫学的実験(1) 抗体の精製とその解析並びに免疫学的実験手法の修得(1)担当者全員
20回免疫学的実験(2) 抗体の精製とその解析並びに免疫学的実験手法の修得(2)担当者全員
21回免疫学的実験(3) 抗体の精製とその解析並びに免疫学的実験手法の修得(3)担当者全員
22回免疫学的実験(4) 抗体の精製とその解析並びに免疫学的実験手法の修得(4)担当者全員
23回免疫学的実験(5) 抗体の精製とその解析並びに免疫学的実験手法の修得(5)担当者全員
24回免疫学的実験(6) 抗体の精製とその解析並びに免疫学的実験手法の修得(6)担当者全員
25回免疫学的実験(7)免疫学的実験 抗体の精製とその解析並びに免疫学的実験手法の修得(7)担当者全員
26回免疫学的実験(8)免疫学的実験 抗体の精製とその解析並びに免疫学的実験手法の修得(8)担当者全員
27回免疫学的実験(9)免疫学的実験 抗体の精製とその解析並びに免疫学的実験手法の修得(9)担当者全員
28回免疫学的実験(10)免疫学的実験 抗体の精製とその解析並びに免疫学的実験手法の修得(10)担当者全員
29回まとめ(1)まとめ(1) 生化学実験(タンパク質)のための専門的知識に関するまとめと口頭試問担当者全員
30回まとめ(2)まとめ(2) 免疫生化学実験のための専門的知識に関するまとめと口頭試問担当者全員
2年1回細菌培養に関する実験(1) 細菌培養の技術を修得(1)担当者全員
2回細菌培養に関する実験(2) 細菌培養の技術を修得(2)担当者全員
3回細菌培養に関する実験(3) 細菌培養の技術を修得(3)担当者全員
4回細菌培養に関する実験(4) 細菌培養の技術を修得(4)担当者全員
5回細菌培養に関する実験(5) 細菌培養の技術を修得(5)担当者全員
6回核酸に関する実験(1) 核酸の抽出(1)担当者全員
7回核酸に関する実験(2) 核酸の抽出(2)担当者全員
8回核酸に関する実験(3) 核酸の抽出(3)担当者全員
9回核酸に関する実験(4) 核酸の抽出(4)担当者全員
10回核酸に関する実験(5) 核酸の抽出(5)担当者全員
11回核酸に関する実験(6) ゲノムDNAおよびmRNAの解析(1)担当者全員
12回核酸に関する実験(7) ゲノムDNAおよびmRNAの解析(2)担当者全員
13回核酸に関する実験(8) ゲノムDNAおよびmRNAの解析(3)担当者全員
14回核酸に関する実験(9) ゲノムDNAおよびmRNAの解析(4)担当者全員
15回核酸に関する実験(10) ゲノムDNAおよびmRNAの解析(5)担当者全員
16回核酸に関する実験(11) ゲノムDNAおよびmRNAの解析(6)担当者全員
17回核酸に関する実験(12) ゲノムDNAおよびmRNAの解析(7)担当者全員
18回核酸に関する実験(13) ゲノムDNAおよびmRNAの解析(8)担当者全員
19回核酸に関する実験(14) ゲノムDNAおよびmRNAの解析(9)担当者全員
20回核酸に関する実験(15) ゲノムDNAおよびmRNAの解析(10)担当者全員
21回核酸に関する実験(16) 組換えDNA技術とタンパク質発現法の修得(1)担当者全員
22回核酸に関する実験(17) 組換えDNA技術とタンパク質発現法の修得(2)担当者全員
23回核酸に関する実験(18) 組換えDNA技術とタンパク質発現法の修得(3)担当者全員
24回核酸に関する実験(19) 組換えDNA技術とタンパク質発現法の修得(4)担当者全員
25回核酸に関する実験(20) 組換えDNA技術とタンパク質発現法の修得(5)担当者全員
26回核酸に関する実験(21) 組換えDNA技術とタンパク質発現法の修得(6)担当者全員
27回核酸に関する実験(22)組換えDNA技術とタンパク質発現法の修得(7)担当者全員
28回核酸に関する実験(23)組換えDNA技術とタンパク質発現法の修得(8)担当者全員
29回核酸に関する実験(24)組換えDNA技術とタンパク質発現法の修得(9)担当者全員
30回まとめ(3)まとめ 核酸実験に必要とされる専門的知識のまとめと口頭試問担当者全員
3年1回組織学的実験(1) 組織化学・免疫組織化学の修得(1)担当者全員
2回組織学的実験(2) 組織化学・免疫組織化学の修得(2)担当者全員
3回組織学的実験(3) 組織化学・免疫組織化学の修得(3)担当者全員
4回組織学的実験(4) 組織化学・免疫組織化学の修得(4)担当者全員
5回組織学的実験(5) 組織化学・免疫組織化学の修得(5)担当者全員
6回組織学的実験(6) in situ ハイブリダイゼーションの修得(1)担当者全員
7回組織学的実験(7) in situ ハイブリダイゼーションの修得(2)担当者全員
8回組織学的実験(8) in situ ハイブリダイゼーションの修得(3)担当者全員
9回組織学的実験(9) in situ ハイブリダイゼーションの修得(4)担当者全員
10回組織学的実験(10) アポトーシス実験 TUNEL法の修得(1)担当者全員
11回組織学的実験(11) アポトーシス実験 TUNEL法の修得(2)担当者全員
12回組織学的実験(12) アポトーシス実験 TUNEL法の修得(3)担当者全員
13回組織学的実験(13) アポトーシス実験 TUNEL法の修得(4)担当者全員
14回組織学的実験(14) アポトーシス実験 TUNEL法の修得(5)担当者全員
15回まとめ(4)まとめ 組織学的実験に必要とされる専門的知識のまとめと口頭試問担当者全員

到達目標

研究テーマに関する実験手技を理解し、実施することができる。

評価方法

各実験手法に関する口頭試問により評価する(100%)。口頭試問においては次の授業で特徴的な見解や誤解についてコメントする。

準備学習(予習・復習等)

【授業時間外に必要な学習 の時間:一年次90時間、二年次90時間、三年次45時間】
予習:研究テーマに関する実験内容について説明できるようにしておくこと。
復習:実験の目的・意義を理解し、それを実践できるように実験原理および実技について検討しておくこと。

その他注意事等

(なし)

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書獣医生化学実験 改訂3版獣医生理学・生理化学教育懇談会編 5280円(税込)
参考書(なし)