獣医生理学特別実験
英文名Research on Advanced Topics in Veterinary Physiology
科目概要獣医学専攻(博士課程)1年次通年、実験、4単位(180時間)
獣医学専攻(博士課程)2年次通年、実験、4単位(180時間)
獣医学専攻(博士課程)3年次前期、実験、2単位(90時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎久留主 志朗寺島 涼太担当者全員
講義室獣医生理学研究室
備考獣医学専攻(博士課程)主科目

授業の目的

獣医生理学分野で研究テーマを設定し、適正な実験を組み合わせて結果を得る。

教育内容

研究テーマの選択、計画の策定、動物の取り扱い、分子・細胞生物学的手技、組織学的手技、データの解析と解釈

教育方法

担当教員からの教授とともに、受講者と双方向に深くディスカッションしながら、研究の進展と深化を図る。

卒業・学位授与の方針と当該科目の関連

◎DP1:生命科学の理解と高い教養及び倫理観の習得
〇DP2:動物の病気の診断・治療・予防に関する知識を持ち、適切に実践できる能力
◎DP4:医薬品の開発に寄与する能力

授業内容(シラバス)

学年回/6h項目内容担当者
1年1回実験の基礎実験計画法 1担当者全員
2回実験の基礎実験計画法 2担当者全員
3回実験の基礎実験計画法 3担当者全員
4回実験の基礎実験動物の取り扱い 1担当者全員
5回実験の基礎実験動物の取り扱い 2担当者全員
6回実験の基礎実験動物の取り扱い 3担当者全員
7回実験の基礎動物の手術 1担当者全員
8回実験の基礎動物の手術 2担当者全員
9回実験の基礎動物の手術 3担当者全員
10回実験の基礎動物の手術 4担当者全員
11回実験の基礎動物の手術 5担当者全員
12回実験の基礎初代培養法 1担当者全員
13回実験の基礎初代培養法 2担当者全員
14回実験の基礎初代培養法 3担当者全員
15回実験の基礎ホルモンの測定 1担当者全員
16回実験の基礎ホルモンの測定 2担当者全員
17回実験の基礎ホルモンの測定 3担当者全員
18回実験の基礎ホルモンの測定 4担当者全員
19回実験の基礎ホルモンの測定 5担当者全員
20回実験の基礎株化細胞の培養 1担当者全員
21回実験の基礎株化細胞の培養 2担当者全員
22回実験の基礎サンプル調製 1担当者全員
23回実験の基礎サンプル調製 2担当者全員
24回実験の基礎電気泳動法 1寺島 涼太
25回実験の基礎電気泳動法 2寺島 涼太
26回実験の基礎ウエスタンブロッティング寺島 涼太
27回実験の基礎液体クロマトグラフィー 1担当者全員
28回実験の基礎液体クロマトグラフィー 2担当者全員
29回実験の基礎画像解析 1担当者全員
30回実験の基礎画像解析 2担当者全員
2年1回実験演習予備実験 フィッシング 1担当者全員
2回実験演習予備実験 フィッシング 2担当者全員
3回実験演習仮説の構築 1担当者全員
4回実験演習仮説の構築 2担当者全員
5回実験演習実験計画の実際 1担当者全員
6回実験演習実験計画の実際 2担当者全員
7回実験演習実験方法の選択 1担当者全員
8回実験演習実験方法の選択 2担当者全員
9回実験演習実験 1担当者全員
10回実験演習実験 2担当者全員
11回実験演習実験 3担当者全員
12回実験演習実験 4担当者全員
13回実験演習実験 5担当者全員
14回実験演習実験 6担当者全員
15回実験演習実験 7担当者全員
16回実験演習実験 8担当者全員
17回実験演習実験 9担当者全員
18回実験演習実験 10担当者全員
19回実験演習実験 11担当者全員
20回実験演習実験 12担当者全員
21回実験演習実験 13担当者全員
22回実験演習実験 14担当者全員
23回実験演習実験 15担当者全員
24回実験演習実験 16担当者全員
25回実験演習実験 17担当者全員
26回実験演習実験 18担当者全員
27回実験演習実験 19担当者全員
28回実験演習実験 20担当者全員
29回実験演習実験 21担当者全員
30回実験演習実験 23担当者全員
3年1回特殊実験手技高度な実験 1 神経内分泌研究 脳手術 1担当者全員
2回特殊実験手技高度な実験 1 神経内分泌研究 脳手術 2担当者全員
3回特殊実験手技高度な実験 1 神経内分泌研究 脳手術 3担当者全員
4回特殊実験手技高度な実験 1 神経内分泌研究 脳手術 4担当者全員
5回特殊実験手技高度な実験 1 神経内分泌研究 脳手術 5担当者全員
6回特殊実験手技高度な実験 2 遺伝子組換え動物 1担当者全員
7回特殊実験手技高度な実験 2 遺伝子組換え動物 2担当者全員
8回特殊実験手技高度な実験 2 遺伝子組換え動物 3担当者全員
9回特殊実験手技高度な実験 2 遺伝子組換え動物 4担当者全員
10回特殊実験手技高度な実験 2 遺伝子組換え動物 5担当者全員
11回特殊実験手技高度な実験 3 発現実験寺島 涼太
12回特殊実験手技高度な実験 3 ノックダウン寺島 涼太
13回特殊実験手技高度な実験 3 マイクロアレイ寺島 涼太
14回特殊実験手技高度な実験 4 データベースの利用寺島 涼太
15回特殊実験手技高度な実験 5 バイオインフォマティクス寺島 涼太

到達目標

自らの実験計画を元に十分な実験を行い結論を得ることができる。

評価方法

研究成果で評価する。

準備学習(予習・復習等)

<予習>次回の授業範囲を予習し、専門用語の意味等を理解しておくこと。
<復習>授業後に、当日の授業で扱ったテーマについて聞き取りを行い、考察をまとめること。

その他注意事等

(なし)

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書適宜資料を配布する。
参考書(なし)