獣医生理学特別演習
英文名Seminar on Advanced Topics in Veterinary Physiology
科目概要獣医学専攻(博士課程)1年次通年、演習、2単位(60時間)
獣医学専攻(博士課程)2年次通年、演習、2単位(60時間)
獣医学専攻(博士課程)3年次前期、演習、1単位(30時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎久留主 志朗寺島 涼太担当者全員
講義室獣医生理学研究室
備考獣医学専攻(博士課程)主科目

授業の目的

生理学分野、特に研究テーマと周辺領域の論文を読みこなす力をつける。自身の研究について科学論文の作成法を学ぶ。

教育内容

自身、及び最近の関連文献を紹介し、その研究方法、研究遂行、考察に関するディスカッションを行う。自身の論文や科学申請書の作成法を実際的に指導する。

教育方法

優れた論文を数多く読み込む。

卒業・学位授与の方針と当該科目の関連

◎DP1:生命科学の理解と高い教養及び倫理観の習得
〇DP2:動物の病気の診断・治療・予防に関する知識を持ち、適切に実践できる能力
◎DP4:医薬品の開発に寄与する能力

授業内容(シラバス)

学年回/2h項目内容担当者
1年1回ガイダンス総説 1担当者全員
2回ガイダンス総説 2担当者全員
3回ガイダンス総説 3担当者全員
4回ガイダンス総説 4担当者全員
5回ガイダンス総説 5担当者全員
6回論文輪読論文 1−1担当者全員
7回論文輪読論文 1−2担当者全員
8回論文輪読論文 1−3担当者全員
9回論文輪読論文 2−1担当者全員
10回論文輪読論文 2−2担当者全員
11回論文輪読論文 2−3担当者全員
12回論文輪読論文 3−1担当者全員
13回論文輪読論文 3−2担当者全員
14回論文輪読論文 3−3担当者全員
15回論文輪読論文 4−1担当者全員
16回論文輪読論文 4−2担当者全員
17回論文輪読論文 4−3担当者全員
18回論文輪読論文 5−1担当者全員
19回論文輪読論文 5−2担当者全員
20回論文輪読論文 5−3担当者全員
21回論文輪読論文 6−1担当者全員
22回論文輪読論文 6−2担当者全員
23回論文輪読論文 6−3担当者全員
24回論文発表論文 7−1担当者全員
25回論文発表論文 7−2担当者全員
26回論文発表論文 7−3担当者全員
27回論文発表論文 8−1担当者全員
28回論文発表論文 8−2担当者全員
29回論文発表論文 8−3担当者全員
30回総括まとめ担当者全員
2年1回総説輪読総説 6担当者全員
2回総説輪読総説 7担当者全員
3回総説輪読総説 8担当者全員
4回総説輪読総説 9担当者全員
5回総説輪読総説 10担当者全員
6回論文発表論文 9−1担当者全員
7回論文発表論文 9−2担当者全員
8回論文発表論文 9−3担当者全員
9回論文発表論文 10−1担当者全員
10回論文発表論文 10−2担当者全員
11回論文発表論文 10−3担当者全員
12回論文発表論文 11−1担当者全員
13回論文発表論文 11−2担当者全員
14回論文発表論文 11−3担当者全員
15回論文発表論文 12−1担当者全員
16回論文発表論文 12−2担当者全員
17回論文発表論文 12−3担当者全員
18回論文発表論文 13−1担当者全員
19回論文発表論文 13−2担当者全員
20回論文発表論文 13−3担当者全員
21回論文発表論文 14−1担当者全員
22回論文発表論文 14−2担当者全員
23回論文発表論文 14−3担当者全員
24回論文発表論文 15−1担当者全員
25回論文発表論文 15−2担当者全員
26回論文発表論文 15−3担当者全員
27回論文発表論文 16−1担当者全員
28回論文発表論文 16−2担当者全員
29回論文発表論文 16−3担当者全員
30回総括まとめ担当者全員
3年1回論文の構成論文執筆演習 1 担当者全員
2回論文の構成論文執筆演習 2担当者全員
3回論文の構成論文執筆演習 3担当者全員
4回論文の構成論文執筆演習 4担当者全員
5回論文の構成論文執筆演習 5担当者全員
6回論文英語論文執筆演習 6担当者全員
7回論文英語論文執筆演習 7担当者全員
8回論文英語論文執筆演習 8担当者全員
9回論文英語論文執筆演習 9担当者全員
10回論文英語論文執筆演習 10担当者全員
11回論文英語論文執筆演習 11担当者全員
12回論文英語論文執筆演習 12担当者全員
13回論文執筆論文執筆演習 13担当者全員
14回論文執筆論文執筆演習 14担当者全員
15回論文執筆論文執筆演習 15担当者全員

到達目標

総説論文を読み、そのトピックの最新の研究知見をアップデートする。オリジナル論文を抄読し、1)その内容を理解する、2)論文の構成とストーリーを吟味する、3)論文に足りない、あるいは記載されていない部分を推察する。自身のデータを元に英文で論文を執筆することができる。

評価方法

論文に関する紹介とレポート、自身の完成した投稿論文を評価する。

準備学習(予習・復習等)

<予習>次回の授業範囲を予習し、専門用語の意味等を理解しておくこと。
<復習>授業後に、当日の授業で扱った論文、他の関連学術資料を再検証し、考察をまとめること。

その他注意事等

(なし)

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書適宜資料を配布する。
参考書(なし)