獣医学特別講義(獣医解剖学)
英文名Special Lecture in Veterinary Science(Veterinary Anatomy)
科目概要獣医学専攻(博士課程)隔年開講次、選択、講義、10単位(150時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎吉岡 一機
講義室本館A棟5階共用セミナー室(A55・A56)
備考獣医学専攻(博士課程)主科目
全25学科目から18学科目を選択履修
1年から3年の間に履修する

授業の目的

脳の構造の基礎を身に着ける。

教育内容

高度な知識と技術、深い学識を備え、国際的に通用する研究者、高度専門職業人、指導者となる能力の育成に関連するために、神経解剖学の基礎について解説し、研究に対する考え方や能力の向上に繋げる。

教育方法

教科書・スライドを用いた講義形式。授業範囲に関連する模範解答や間違いやすい部分
の解説について、印刷・配付などでクラスに紹介する。

卒業・学位授与の方針と当該科目の関連

◎DP1:生命科学の理解と高い教養及び倫理観の習得
〇DP2:動物の病気の診断・治療・予防に関する知識を持ち、適切に実践できる能力
 DP3:食品の安全性の確保と供給に資する能力
〇DP4:医薬品の開発に寄与する能力
〇DP5:野生動物の保全に寄与する能力
 DP6:人獣共通感染症の制圧に寄与する能力

授業内容(シラバス)

学年回/1.5h項目内容担当者
1年から3年の間1回脳の観察脳の全体像、大脳の溝と回吉岡 一機
2回脳の観察小脳の溝と回吉岡 一機
3回脳の観察大脳辺縁系吉岡 一機
4回脳の観察脳幹吉岡 一機

到達目標

脳の構造の基礎知識を身に付けることができる。

評価方法

口頭試問による。

準備学習(予習・復習等)

<予習>次回の授業範囲を予習し、専門用語の意味等を理解しておくこと。
<復習>授業後に、当日の授業で扱ったテーマについて聞き取りを行い、考察をまとめること。

その他注意事等

(なし)

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書新版家畜比較解剖図説 下巻加藤嘉太郎、山内昭二、共著養賢堂
教科書カラーアトラス獣医解剖学 増補改訂第2版Koenig, Liebich、カラーアトラス獣医解剖学編集委員会、監訳緑書房
参考書(なし)