獣医解剖学特別実験
英文名Research on Advanced Topics in Veterinary Anatomy
科目概要獣医学専攻(博士課程)1年次通年、実験、4単位(180時間)
獣医学専攻(博士課程)2年次通年、実験、4単位(180時間)
獣医学専攻(博士課程)3年次前期、実験、2単位(90時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎吉岡 一機深沢 英恵
講義室獣医解剖学研究室
備考獣医学専攻(博士課程)主科目

授業の目的

組織学的な標本を観察して、組織構造を理解できる。肉眼的に諸臓器を同定できる。

教育内容

形態学的研究方法の基本となりうる組織学ならびに肉眼解剖を習得し、研究能力の向上に繋げる。。

教育方法

教科書・資料を用いた講義形式の後、実技により習得する。

卒業・学位授与の方針と当該科目の関連

◎DP1:生命科学の理解と高い教養及び倫理観の習得
〇DP2:動物の病気の診断・治療・予防に関する知識を持ち、適切に実践できる能力
 DP3:食品の安全性の確保と供給に資する能力
〇DP4:医薬品の開発に寄与する能力
〇DP5:野生動物の保全に寄与する能力
 DP6:人獣共通感染症の制圧に寄与する能力

授業内容(シラバス)

学年回/6h項目内容担当者
1年1回発生学-胎子組織の観察受精から着床まで吉岡 一機
2回発生学-胎子組織の観察胎盤形成吉岡 一機
3回発生学-胎子組織の観察初期胚吉岡 一機
4回発生学-胎子組織の観察中期胚吉岡 一機
5回発生学-胎子組織の観察後期胚吉岡 一機
6回発生学-胎子組織の観察神経系、感覚器の発生吉岡 一機
7回発生学-胎子組織の観察循環器系の発生吉岡 一機
8回発生学-胎子組織の観察消化器、呼吸器、内分泌系の発生吉岡 一機
9回発生学-胎子組織の観察泌尿生殖器系の発生吉岡 一機
10回消化器口腔、舌、咽頭吉岡 一機
11回消化器食道、胃吉岡 一機
12回消化器十二指腸、空腸、回腸、結腸、直腸吉岡 一機
13回消化器肝臓、膵臓吉岡 一機
14回呼吸器鼻腔、気管吉岡 一機
15回呼吸器吉岡 一機
16回泌尿器腎臓吉岡 一機
17回泌尿器尿管、膀胱吉岡 一機
18回泌尿器尿道、陰茎吉岡 一機
19回雌の生殖器卵巣吉岡 一機
20回雌の生殖器卵管、子宮吉岡 一機
21回雌の生殖器膣、外陰部吉岡 一機
22回雄の生殖器精巣吉岡 一機
23回雄の生殖器精巣上体、精管吉岡 一機
24回雄の生殖器前立腺、精嚢腺、尿道球腺吉岡 一機
25回内分泌器官下垂体、松果体吉岡 一機
26回内分泌器官副腎、甲状腺、上皮正体吉岡 一機
27回外皮の組織学表皮吉岡 一機
28回外皮の組織学汗腺(アポクリン腺とエクリン腺)吉岡 一機
29回外皮の組織学皮膚の附属器、平爪、鉤爪、蹄吉岡 一機
30回外皮の組織学乳腺吉岡 一機
2年1回感覚器視覚(角膜、虹彩)吉岡 一機
2回感覚器視覚(網膜)吉岡 一機
3回感覚器聴覚(コルチ器)吉岡 一機
4回感覚器平衡感覚吉岡 一機
5回感覚器嗅覚(嗅上皮と鋤鼻器)吉岡 一機
6回感覚器味覚吉岡 一機
7回感覚器皮膚感覚の受容器(神経終末)吉岡 一機
8回感覚器皮膚感覚の受容器(ファーター・パチニ小体など)吉岡 一機
9回神経系-中枢神経系大脳皮質吉岡 一機
10回神経系-中枢神経系大脳辺縁系(海馬、歯状回)吉岡 一機
11回神経系-中枢神経系嗅球吉岡 一機
12回神経系-中枢神経系小脳皮質吉岡 一機
13回神経系-中枢神経系小脳核吉岡 一機
14回神経系-中枢神経系視床下部吉岡 一機
15回神経系-中枢神経系視床、視床上部吉岡 一機
16回神経系-中枢神経系中脳吉岡 一機
17回神経系-中枢神経系吉岡 一機
18回神経系-中枢神経系延髄吉岡 一機
19回神経系-中枢神経系脊髄吉岡 一機
20回神経系-中枢神経系髄鞘、ランヴィエの絞輪吉岡 一機
21回神経系-中枢神経系神経筋接合部吉岡 一機
22回肉眼解剖-臓器口腔、舌吉岡 一機
23回肉眼解剖-臓器咽頭、喉頭吉岡 一機
24回肉眼解剖-臓器食道、気管、迷走神経吉岡 一機
25回肉眼解剖-臓器肺と気管支吉岡 一機
26回肉眼解剖-臓器心臓、心膜吉岡 一機
27回肉眼解剖-臓器胸部の主な血管、縦隔吉岡 一機
28回肉眼解剖-臓器横隔膜吉岡 一機
29回肉眼解剖-臓器胃、腹膜吉岡 一機
30回肉眼解剖-臓器十二指腸吉岡 一機
3年1回肉眼解剖続き-臓器空回腸吉岡 一機
2回肉眼解剖続き-臓器結腸、直腸吉岡 一機
3回肉眼解剖続き-臓器肝臓吉岡 一機
4回肉眼解剖続き-臓器膵臓吉岡 一機
5回肉眼解剖続き-臓器脾臓吉岡 一機
6回肉眼解剖続き-臓器腎臓と尿管吉岡 一機
7回肉眼解剖続き-臓器膀胱と尿道吉岡 一機
8回肉眼解剖続き-臓器精巣吉岡 一機
9回肉眼解剖続き-臓器精巣上体と精管吉岡 一機
10回肉眼解剖続き-臓器前立腺、精嚢腺、尿道球腺吉岡 一機
11回肉眼解剖続き-臓器陰茎吉岡 一機
12回肉眼解剖続き-臓器肝臓吉岡 一機
13回肉眼解剖続き-臓器卵巣吉岡 一機
14回肉眼解剖続き-臓器卵管と子宮吉岡 一機
15回肉眼解剖続き-臓器膣、膣前庭、外陰部吉岡 一機

到達目標

組織学と肉眼解剖学の基礎知識を得ることができる。

評価方法

口頭試問

準備学習(予習・復習等)

<予習>次回の授業範囲を予習し、専門用語の意味等を理解しておくこと。
<復習>授業後に、当日の授業で扱ったテーマについて聞き取りを行い、考察をまとめる。

その他注意事等

(なし)

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書獣医発生学 第2版木曾康郎 監修学窓社
教科書カラーアトラス獣医解剖学 増補改訂第2版、上下巻Koenig, Liebich、カラーアトラス獣医解剖学編集委員会、監訳緑書房
参考書(なし)