獣医解剖学特別講義
英文名Special Studies in Veterinary Anatomy
科目概要獣医学専攻(博士課程)1年次通年、講義、2単位(30時間)
獣医学専攻(博士課程)2年次通年、講義、2単位(30時間)
獣医学専攻(博士課程)3年次前期、講義、1単位(15時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎吉岡 一機
講義室獣医解剖学研究室
備考獣医学専攻(博士課程)主科目

授業の目的

獣医領域での解剖学およびその研究の重要性を認識させることを目的とする。

教育内容

高度な知識と技術、深い学識を備え、国際的に通用する研究者、高度専門職業人、指導者となる能力の育成に関連するために、これまでの形態学的研究方法および最新の形態学的研究方法について解説し、研究に対する考え方や能力の向上に繋げる。

教育方法

教科書・スライドを用いた講義形式。授業範囲に関連する模範解答や間違いやすい部分
の解説について、印刷・配付などでクラスに紹介する。

卒業・学位授与の方針と当該科目の関連

◎DP1:生命科学の理解と高い教養及び倫理観の習得
〇DP2:動物の病気の診断・治療・予防に関する知識を持ち、適切に実践できる能力
 DP3:食品の安全性の確保と供給に資する能力
〇DP4:医薬品の開発に寄与する能力
〇DP5:野生動物の保全に寄与する能力
 DP6:人獣共通感染症の制圧に寄与する能力

授業内容(シラバス)

学年回/1h項目内容担当者
1年1回獣医解剖学の歴史解剖学の歴史と発展:総論吉岡 一機
2回獣医解剖学の歴史医術の基礎となる解剖学の発展歴史:中近東から地中海社会へ吉岡 一機
3回獣医解剖学の歴史人体解剖と獣医解剖の比較吉岡 一機
4回獣医解剖学の歴史西洋医学の歴史と中国などアジアの医学の歴史比較吉岡 一機
5回獣医解剖学の歴史中獣医学吉岡 一機
6回獣医解剖学の歴史ギリシャ語、ラテン語、そして英語:獣医学用語の変遷吉岡 一機
7回獣医解剖学の歴史馬の解剖学の変遷吉岡 一機
8回獣医解剖学の歴史反芻類家畜の解剖学の変遷吉岡 一機
9回獣医解剖学の歴史ペット小動物解剖学の変遷吉岡 一機
10回獣医解剖学の歴史家禽の解剖学の変遷吉岡 一機
11回獣医解剖学の歴史エキゾチックアニマルの解剖学の変遷吉岡 一機
12回獣医解剖学の歴史獣医解剖学の目指す未来吉岡 一機
13回マクロからミクロの世界へ肉眼解剖学から組織学および細胞学へ:総論吉岡 一機
14回マクロからミクロの世界へ肉眼解剖学の蓄積と将来の展望吉岡 一機
15回組織学一般染色吉岡 一機
16回組織学ハイデンハインのヘマトキシリンの果たした役割吉岡 一機
17回組織学特殊染色の利用(カルミン染色、PAS染色など。炭水化物の検出法)吉岡 一機
18回組織学免疫組織化学(ぺプチド、たんぱく質の検出法)の普及吉岡 一機
19回組織学酵素組織化学(カップリング・アゾ色素法、金属・金属塩法など)吉岡 一機
20回組織学in situ hybridizationの利用(mRNAの局在)吉岡 一機
21回組織学TUNEL法:細胞死の検出吉岡 一機
22回組織学蛍光染色とConfocal Laser Scanning Microscope吉岡 一機
23回細胞学ゴルジ、ラモン・イ・カハール吉岡 一機
24回細胞学透過型電子顕微鏡吉岡 一機
25回細胞学走査型電子顕微鏡吉岡 一機
26回細胞学原子間力顕微鏡吉岡 一機
27回細胞学走査型トンネル顕微鏡、走査型トンネル電位差測定法吉岡 一機
28回細胞学走査型サーマル・プロファイラー吉岡 一機
29回細胞学イオンコンダクタンス顕微鏡、走査型マックスウエル応力顕微鏡吉岡 一機
30回細胞学ケルビン・プローブ・フォース顕微鏡、粘弾性力顕微鏡吉岡 一機
2年1回発生学各器官の発生学的分化と機能的分化の意義:総論吉岡 一機
2回発生学発生学の歴史吉岡 一機
3回発生学胚子の発生における細胞と分子メカニズム吉岡 一機
4回発生学比較繁殖学と発生学の接点吉岡 一機
5回発生学Gametogenesis吉岡 一機
6回発生学授精と受精吉岡 一機
7回発生学胎子はどのようにして子宮内で位置取りをするか吉岡 一機
8回発生学卵割と胞胚の形成吉岡 一機
9回発生学胚子体部の屈曲と体腔の形成吉岡 一機
10回発生学神経系の形成(神経溝と神経管、脳胞の形成)吉岡 一機
11回発生学比較胎盤学吉岡 一機
12回発生学中枢神経系と末梢神経系の形成吉岡 一機
13回発生学感覚器の形成(視覚器と平衡聴覚器)吉岡 一機
14回発生学血液細胞、心臓、および脈管系の形成吉岡 一機
15回発生学免疫系の発達吉岡 一機
16回発生学消化器系と呼吸器系の発達吉岡 一機
17回発生学泌尿生殖器の発達(ウォルフ管とミュラー管)吉岡 一機
18回発生学筋・骨格系の発達吉岡 一機
19回発生学外皮系の発達吉岡 一機
20回発生学継時的発達の諸組織の比較吉岡 一機
21回発生学形成異常学:基礎と臨床を結ぶもの吉岡 一機
22回発生学家禽の発生学、哺乳類との比較吉岡 一機
23回発生学発生学に基づくAssisted Reproductionの技術吉岡 一機
24回発生学個体発生は系統発生を繰り返すか吉岡 一機
25回生命の歴史太古代と原生代、全球凍結と生物大絶滅吉岡 一機
26回生命の歴史古生代(カンブリア紀からペルム紀へ、超大陸バンゲア)吉岡 一機
27回生命の歴史中生代(三畳紀、ジュラ紀、白亜紀と隕石の残したもの)吉岡 一機
28回生命の歴史中生代(哺乳類の祖先の誕生)吉岡 一機
29回生命の歴史新生代第三紀(暁新世~鮮新世)吉岡 一機
30回生命の歴史新生代第四紀(更新世と完新世)吉岡 一機
3年1回何がどこまで見えたのか古典的解剖学(アレクマイオンからガレノスまで)吉岡 一機
2回何がどこまで見えたのか古典的解剖学(獣医解剖学の祖ヴェゲティウス)吉岡 一機
3回何がどこまで見えたのか古典的解剖学(ヴェサリウスからルイーニまで)吉岡 一機
4回進化論古典的進化論(ラマルク、キュビエ、ライエル。用不用説の変遷)吉岡 一機
5回進化論古典的進化論(ダーウイン、そしてウオレス。自然淘汰説の提唱)吉岡 一機
6回進化論DNAからRNAへ、ゲノム解析でわかったこと。吉岡 一機
7回進化論進化論の未来吉岡 一機
8回進化論生物多様性の進化学的解釈吉岡 一機
9回分類学に立脚した解剖学動物分類学(アリストテレス、リンネ、ヘッケル、フュ―ルブリンガー)吉岡 一機
10回分類学に立脚した解剖学α分類学、β分類学、そしてガンマ分類学吉岡 一機
11回獣医解剖学と周辺科学臨床と基礎医学の接点吉岡 一機
12回獣医解剖学と周辺科学実験動物学と獣医解剖学の接点吉岡 一機
13回獣医解剖学と周辺科学獣医解剖学と獣医病理学の接点吉岡 一機
14回獣医解剖学の未来研究と教育の融合吉岡 一機
15回獣医解剖学の未来獣医解剖学の今後の課題吉岡 一機

到達目標

獣医解剖学の幅広い守備範囲と活躍を理解することができる。

評価方法

終了時にディスカッション、その後口頭試問およびその内容をまとめたレポートを提出させ評価する。

準備学習(予習・復習等)

<予習>次回の授業範囲を予習し、専門用語の意味等を理解しておくこと。
<復習>授業後に、当日の授業で扱ったテーマについて聞き取りを行い、考察をまとめること。

その他注意事等

(なし)

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書家畜比較解剖学 第三版吉岡一機, 長竿 淳, 武藤顕一郎 共著学窓社
教科書獣医発生学 第2版 
木曾康郎 監修学窓社
教科書獣医組織学 第8版日本獣医解剖学会編学窓社
参考書(なし)