野生動物学
英文名Wild Animal Sciences
科目概要動物資源科学科2年前期 [火曜日2時限(週1コマ)]、2群科目、選択、講義、2単位(30時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎岡田 あゆみ
講義室1061講義室
備考科目ナンバリング:VZ201-RS12

授業の目的

野生動物が示す形態や生態の多様性を知ることは、動物を深く理解することにつながる。この講義では野生動物を自然生態系の一部として総合的・科学的に理解することを目標とする。また野生動物の保全、身近な存在である日本の哺乳類についても理解を深めることを目標とする。

教育内容

系統分類の基礎を説明する。野生動物、特に鳥類と哺乳類について、系統分類から社会まで講義する。日本の哺乳類について講義する。

教育方法

パワーポイントによる講義形式。
フィードバックとして、講義時にmoodleで提出されたコメントに対して次回講義開始時に回答する。

卒業・学位授与の方針と当該科目の関連

◎動物資源の開発・利用を発展させるための専門的技能、能力
◎動物福祉の重要性を理解し、人と動物の関係や周辺環境の向上に貢献できる能力

授業内容(シラバス)

項目内容担当者
1生態学の歴史受講の手引き、生態学の歴史岡田 あゆみ
2生物の進化脊椎動物の形態と進化岡田 あゆみ
3野生動物の形態と社会I野生動物の形態と社会-鳥類岡田 あゆみ
4野生動物の形態と社会II野生動物の形態と社会-哺乳類1岡田 あゆみ
5野生動物の形態と社会III野生動物の形態と社会-哺乳類2岡田 あゆみ
6野生動物の形態と社会IV野生動物の形態と社会-哺乳類3岡田 あゆみ
7野生動物の保全I野生動物の保全−野生動物に関する法律、被害問題岡田 あゆみ
8野生動物の保全II野生動物の保全−環境保全と応用生態学岡田 あゆみ
9野生動物の保全III野生動物の保全- 野生動物の管理岡田 あゆみ
10野生動物の保全IV野生動物の保全- 外来種問題岡田 あゆみ
11国内の野生動物I国内の野生哺乳類- 大型哺乳類岡田 あゆみ
12国内の野生動物II国内の野生哺乳類- 中型哺乳類:霊長類など岡田 あゆみ
13国内の野生動物III国内の野生哺乳類- 食肉類岡田 あゆみ
14国内の野生動物IV国内の野生哺乳類- 絶滅種岡田 あゆみ

到達目標

1) 生態学の基礎概念を理解する。
2) 野生動物の形態や生態の多様性を学び、進化の視点から科学的に理解できる。
3) 野生動物の保全について生態学的視点から考えることができる。
4) 日本の哺乳類の系統や分布を知り、説明できる。

評価方法

欠席に関しては獣医学部試験細則第5条を適用する。成績評価は、毎回講義時間内にmoodleで提出する講義のまとめ(合計14%)と定期試験(86%)により行う。到達目標に達していない場合は再試験を一回行う。

準備学習(予習・復習等)

【授業時間外に必要な学習の時間:60時間】
予習:配布プリントの該当箇所を事前に熟読しておくこと。
復習:講義箇所の資料を再読し参考書等を読んで各自理解を深めること。

その他注意事等

興味を持って積極的に授業に参加して下さい。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書なし
参考書哺乳類の生物学 4 社会三浦慎悟著東京大学出版会
参考書生態学入門日本生態学会[編]東京化学同人