牧場実習
英文名Practice in Experimental Farm
科目概要動物資源科学科2年前期 [夏期休業中]、2群科目、必修、実習、1単位(45時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎2年次クラス主任FSC・動物資源科学科教員
講義室FSC八雲牧場
備考科目ナンバリング:VZ204-FM12

授業の目的

本学部附属フィールドサイエンスセンター(FSC)八雲牧場ならびに近隣の酪農家および公共牧場における体験学習を通して、SDGsへ貢献する資源循環型畜産の意義と牧場での作業体系、作業機械・管理器具等の用途・取り扱い、家畜の管理法について理解する。

教育内容

牧場全体像を解説する。除角、去勢、牛体観察、牛の追い込み、植生調査などの技術を指導する。

教育方法

パワーポイントと配布資料を活用しながら方法を説明したのち、フィールドで実技を行う。
各実習の最後に質問の時間を設け疑問点に答える。また実習の最終回においては,実習全体に関する質疑応答を行うことで理解を深めることをサポートする。

卒業・学位授与の方針と当該科目の関連

◎動物資源の開発・利用を発展させるための専門的技能、能力
◎動物福祉の重要性を理解し、人と動物の関係や周辺環境の向上に貢献できる能力

授業内容(シラバス)

項目内容担当者
1オリエンテーション実習内容、八雲牧場の概要FSC・動物資源科学科教員
2家畜の飼育管理1牛の除角・雄子牛の去勢FSC・動物資源科学科教員
3家畜の飼育管理2放牧地の巡視および放牧牛の観察FSC・動物資源科学科教員
4家畜の飼育管理3保定枠の操作方法と家畜の体尺測定FSC・動物資源科学科教員
5家畜の飼育管理4放牧牛の誘導方法および頭絡の作成FSC・動物資源科学科教員
6草地の管理1電気牧柵の設置方法FSC・動物資源科学科教員
7草地の管理2放牧地および採草地の植生調査FSC・動物資源科学科教員
8草地の管理3牧草収穫作業機の説明FSC・動物資源科学科教員
9畜舎・施設の管理畜舎・施設の説明FSC・動物資源科学科教員
10糞の処理および完熟堆肥の利用牛糞の完熟化処理法FSC・動物資源科学科教員
11食肉実習食肉の説明および食味試験FSC・動物資源科学科教員
12酪農に関する講義酪農業の説明と乳の食味試験FSC・動物資源科学科教員
13関連施設の見学1酪農家および公共牧場の見学FSC・動物資源科学科教員
14実習総合テストおよび反省会実習総合テストの実施、実習全体の質疑応答FSC・動物資源科学科教員

到達目標

資源循環型畜産に関する理解向上と牧場作業等の実体験により畜産の知識および現状を理解する。

評価方法

実習態度(身なりも含む)、レポート評価(50%)と実習試験(50%)などにより総合的に評価する。

準備学習(予習・復習等)

【授業時間外に必要な学習の時間:-時間】
予習:図書館に家畜の管理、家畜の品種、動物の病気、草地管理、飼料学等に関する図書があるので利用して、事前に家畜の管理法、給与飼等について予習して下さい。わからない点があったら、オフィスアワーやメールを利用して、積極的に質問すること。
復習:実習期間中、各実習項目終了後すぐに、その目的、手法、意義などをまとめ、疑問点があれば教員に質問などすることで解決すること。

その他注意事等

受講時の注意として 1.団体行動を伴うので、個人勝手な振る舞いはとくに慎む。2.服装、履物は動きやすく、汚れを気にしないものを着用する。軍手を用意する。また、雨天でも野外実習を行うのでしっかりした上下別の雨がっぱを必ず持参すること、予備の作業服を持参する。3.牧場の教職員や他の学生と積極的に交流して下さい。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書牧場実習テキスト北里大学動物資源科学科編北里大学獣医学部動物資源科学科
参考書(なし)