分子生物学
英文名Molecular Biology
科目概要動物資源科学科3年前期 [水曜日2時限(週1コマ)]、2群科目、必修、講義、2単位(30時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎向井 孝夫
講義室111講義室
備考科目ナンバリング:VZ201-LS11

授業の目的

分子生物学の誕生から最新の遺伝子操作技術まで系統的に理解するとともに、遺伝情報の伝えられ方や発現機構を理解することによって分子生物学的な考え方を身につけることを目標とする。分子生物学は動物生命科学を理解するための基盤となる科目である。

教育内容

分子生物学は生化学と異なり、生命現象を引き起こす遺伝子の構造や機能やその発現機構を扱い、またそれら分子間相互作用の解明を目指している。生命現象を最も論理的に理解するためには分子生物学の知識が必須であることを解説する。また、遺伝子の物質的な側面をDNAの構造·複製·修復という観点から説明するとともに、遺伝子の様々な発現様式について解説する。

教育方法

パワーポイントと配布資料を活用しながら、講義形式ですすめる。
レポート課題については、必要に応じてコメントをつけてその都度返却するとともに、模範解答をWebClassに提示する。また、特に理解度の低かった項目を中心に講義で解説を行う。

卒業・学位授与の方針と当該科目の関連

〇DP 2:動物資源の開発・利用を発展させるための専門的技能、能力
〇DP 4:動物性食品の基礎を理解し、機能性向上や安全性確保に対する専門的技能、能力
◎DP 5:生命科学に関する専門知識を生かし、人と動物の健康に寄与する能力

授業内容(シラバス)

項目内容担当者
1ガイダンス分子生物学の歴史 DNAや二重らせん構造の発見向井 孝夫
2ヌクレオチド・核酸・遺伝情報の概要ヌクレオチド・核酸の構造
向井 孝夫
3ゲノム、遺伝子、DNA染色体とクロマチン、ゲノム、遺伝子、DNA向井 孝夫
4DNAの複製1DNAの複製の全体像と原核細胞におけるDNAの複製向井 孝夫
5DNAの複製2真核細胞におけるDNAの複製、テロメア向井 孝夫
6転写1原核生物の転写向井 孝夫
7転写2真核生物の転写向井 孝夫
8翻訳遺伝暗号、転移RNAとアミノアシル化、リボソーム、翻訳向井 孝夫
9転写の調節1原核生物における転写調節機構の基本と具体例向井 孝夫
10転写の調節2真核生物における転写調節機構の基本と具体例向井 孝夫
11エピジェネティクスDNAメチル化、ヒストン修飾、非翻訳RNAと遺伝子発現調節向井 孝夫
12ウイルスウイルスの分子生物学
(ゲノムの複製を中心に)
向井 孝夫
13遺伝子工学の発展と利用1DNA組み換え技術の原理と応用
ゲノム編集の原理と応用
向井 孝夫
14講義の総括講義を総括するとともに,課題を整理する。向井 孝夫

到達目標

(1)遺伝子の本体であるDNAや染色体について説明できる。
(2)DNAの構造解析方法について説明できる。
(3)真核細胞における転写、翻訳機構を説明できる。
(4)遺伝子の発現制御機構について例を挙げ述べることができる。
(5)遺伝子工学の概要について述べることができる。

評価方法

達成目標事項についてのレポート課題を課す。課題の提出と出欠確認により出欠状況を把握する。成績評価は、平常点20%(欠席、レポート課題の提出内容)と定期試験(80%)の結果から判断する。

準備学習(予習・復習等)

【授業時間外に必要な学習の時間:60時間】
予習:教科書を各自購入して、各回の授業内容に関連する箇所を読んでくること。
復習:配布プリントや教科書を講義後見直し、不明な点があったら、まず自ら調べ、なお、不明な場合は、積極的に質問すること。

その他注意事等

(なし)

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書ヴォート基礎生化学 (第5版) 田宮信雄 ほか訳東京化学同人
参考書理系総合のための生命科学 (第5版) 東京大学生命科学教科書編集委員会羊土社
参考書ストライヤー生化学 (第8版) 入村達郎他監訳東京化学同人