伴侶動物行動学
英文名Companion Animal Behavior
科目概要動物資源科学科4年前期 [集中]、3群科目、選択、講義、1単位(15時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎入交 眞巳 (※)
講義室未定
備考科目ナンバリング:VZ301-FM32

授業の目的

伴侶動物いといわれる犬、猫を始め、馬、鳥、ウサギ、げっ歯類などの行動を学び、適切な飼育管理法や、共存するために必要な知識を身に付ける。

教育内容

動物を扱う際に、その動物の行動を知り、理解することは重要である。本講義では特に伴侶動物を中心に行動の意味を知ることでその動物を取り扱う時に無理なく安全に取り扱い管理できるような知識を得られるよう、講義を行う。また、伴侶動物とともに暮らす人との関係も考え、ペットロスの問題や、人と動物関係性に関しても考えていく。

教育方法

主にスライドを用いた講義形式で行う。
動画を用いて動物の行動を理解できるように行う。

卒業・学位授与の方針と当該科目の関連

〇動物資源の開発・利用を発展させるための専門的技能、能力
〇動物福祉の重要性を理解し、人と動物の関係や周辺環境の向上に貢献できる能力

授業内容(シラバス)

項目内容担当者
1犬と猫の行動学犬と猫の行動に関する復習入交 眞巳
2子犬の発達行動学子犬の発達行動学と問題行動予防としての子犬の幼稚園について入交 眞巳
3学習の理論についてトレーニングを知るにあたり必要な学習理論について学ぶ入交 眞巳
4動物のトレーニングについて動物のトレーニング法として現在推奨されているものを理解する入交 眞巳
5馬の行動学馬の行動学と馬の管理入交 眞巳
6ウサギ、フェレット、オウム類の行動学ウサギ、フェレット、オウム類の行動学と管理入交 眞巳
7人と動物の関係、ペットロスに関して
伴侶動物とそれにかかわる社会問題に関して
人と動物が暮らす中で起こる問題点を考える。ペットロスに関して、動物愛護法とその背景に関して考える入交 眞巳

到達目標

講義を通して様々な伴侶動物の行動を理解したうえで、トレーニング法、飼育管理法、人との関係を理解することができる。

評価方法

授業中に行う課題(80%)と授業中のディスカッション中の発言や質問などの参加態度と意欲(20%)

準備学習(予習・復習等)

【授業時間外に必要な学習の時間:30時間】
予習:1年次の動物資源科学概論、犬の行動と猫の行動のノートを見ておく。
復習:授業中に配布する資料を理解できるように見ておくこと。関連の分野を書籍で復習してみる。
授業後に内容の復習を行うことで理解は深まる。また、授業中に参考書・教科書を紹介する。教科書を読むことで、動物行動学という大枠の中での今回の授業内容を深めることが可能である。

その他注意事等

講義担当者に質問がある場合は、irimajirim@gmail.comにメールをすること。

実務経験の授業への活用方法:伴侶動物の飼育指導、伴侶動物の飼育困難な状況をもたらす「問題行動」と称する事象に関しての診断治療を行っている経験から、伴侶動物が飼育困難な状況になるのを未然に防ぐため、動物の専門家になる学生のみなさまに社会に出てから何ができるのか、人と伴侶動物がしあわせに暮らすために何を社会に伝えられるのかを、一緒に考えていきたいと思う。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書指定しない
参考書心のワクチン村田香織著 パレード
参考書ドメスティックドッグJames Serpell著 チクサン出版社
参考書ドメスティックキャットDaniel Terner著 チクサン出版社