動物飼育管理学
英文名Animal Feeding and Management
科目概要動物資源科学科2年前期 [金曜日2時限(週1コマ)]、3群科目、必修、講義、2単位(30時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎山﨑 淳
講義室1061講義室
備考科目ナンバリング:VZ301-FM10

教員免許取得のための必修科目

科目教科に関する科目(中学校及び高等学校 理科)
施行規則に定める科目区分
  • 生物学

授業の目的

広義の家畜(農用動物、愛玩動物、展示動物、実験動物)を対象に、動物を人間が管理する目的、動物飼育の基本技術を理解させ、特に、飼育管理の上で重要となる①飼育環境に対する生体の適応のしくみ、②飼育環境と行動の関係、等を理解させる。また、各家畜種の目的別生産・利用形態を理解させる。

教育内容

広義の家畜を対象に、総論として、人間の元で飼育管理される動物が健康を維持し、さらに生産(繁殖・成育・泌乳など)を挙げるために必要な要因に関する知識を示し、また、それら要因の相互関係を説明する。各論として、各動物種に特有の生態・生理・生産について、基本的な事項を説明する。

教育方法

教科書に沿った内容を、スライドを基本とした講義形式でおこなう。併せて最新の技術や知識を画像および映像として加え説明する。各回講義の最後におこなうミニテストにより講義の重要点の確認をおこなうと共に、次回の授業で、解答の中の特徴的な見解や誤解についてコメントする。

卒業・学位授与の方針と当該科目の関連

〇DP 1:生命科学を理解し、豊かな教養と高い倫理観に基づく自立的な思考力と問題解決能力
◎DP 2:動物資源の開発・利用を発展させるための専門的技能、能力
◎DP 3:動物福祉の重要性を理解し、人と動物の関係や周辺環境の向上に貢献できる能力
〇DP 5:生命科学に関する専門知識を生かし、人と動物の健康に寄与する能力
◎DP 6:「農」と「医」の複眼的視点と異分野へ転移可能な汎用的能力

授業内容(シラバス)

項目内容担当者
1動物の飼育と管理-その目的動物飼育管理学の定義と目的。動物を健康に維持管理、そして増殖させるための技術・知識体系について山﨑 淳
2環境管理-環境と動物・畜舎環境の制御環境の変化と家畜の反応:健康・増殖に影響を与える、家畜を取り巻く環境とその制御について山﨑 淳
3動物の行動-行動と心理、行動の制御と活用動物行動の基本概念と動物の心理、動物の行動、特に個体維持のための行動とその制御、社会行動と群れの管理、生殖行動とその活用について山﨑 淳
4動物の福祉動物福祉(アニマルウェルフェア)の概念と発展の歴史、評価法、関連する法律について山﨑 淳
5動物の衛生動物のストレスと予防衛生の概念について山﨑 淳
6排泄物の処理と環境保全環境保全と法規、排泄物の量と性状について山﨑 淳
7牛の管理(1)乳用牛と肉用牛の一生について山﨑 淳
8牛の管理(2)発育段階・飼養形態にあわせた様々な飼育施設について山﨑 淳
9豚の管理(1)-豚の管理形態、生産性豚の管理方式の変遷、豚の一生について山﨑 淳
10豚の管理(2)-成育段階ごとの管理豚の特性と修正、発育ステージごとの管理、飼育形態の特徴について山﨑 淳
11鶏の管理鶏の管理形態、採卵鶏・肉用鶏の一生について山﨑 淳
12馬・山羊・羊の管理各家畜種の管理形態とその一生について山﨑 淳
13伴侶動物の管理犬および猫における成長段階あるいは飼養形態ごとの管理について山﨑 淳
14展示動物・実験動物の管理展示動物の役割について
様々な実験動物とその飼育管理の特徴について
山﨑 淳

到達目標

①動物の飼育管理の目的、関連する技術と知識を体系づけて理解できる。
②上記を、実際の動物生産・飼育現場に当てはめて考えることができる。
③動物の適切な飼育とは何か、理解できる。
④利用目的の特性にあった飼育管理方法の実践に必要な知識を理解できる。

評価方法

受講態度および各回におこなうミニテストの提出状況(40%)および定期試験の成績(60%)を総合して評価する。

準備学習(予習・復習等)

【授業時間外に必要な学習の時間:60時間】
予習:教科書「動物の飼育管理」の該当箇所を事前によく読み、理解しておくこと。講義で用いるスライド(PDF形式)および追加資料は獣医学部学習支援システム(WebClass)で学外からでも閲覧することができるので、教科書と合わせ毎回の講義内容の予習に利用し予め内容を理解しておくこと。
復習:教科書と併せ、上記学習支援システムのスライドおよび追加資料を復習し、講義内容のより深い理解に活用すること。

その他注意事等

家畜化された動物は野生動物の原種とは異なり、人為的淘汰により特殊化した存在であり、高い生産能力など、特殊な能力を持つ一方で、その生存には人間の関与が必要です。また、人工環境下に置かれた展示動物も同様に、その飼育管理には人間の関与が必要です。したがって、これらの動物を健康に維持し、生産(繁殖・育成・肥育)し各種能力(生産・使役・各種の利用など)を発揮させるためには、その特徴を理解した上での適切な飼育管理技術が必要です。そのような視点から興味を持って受講してください。特定のオフィスアワーは設けていませんが、質問などが有れば研究室までいつでも気軽に来てください。また、獣医学部学習支援システム(WebClass)のメッセージ機能を利用した質問・連絡なども受け付けています。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書動物の飼育管理鎌田壽彦ら 編著 文永堂出版 
参考書家畜の管理野附 巌・山本禎紀 編文永堂出版
参考書品種改良の世界史 家畜編正田 陽一 監修悠書館 
参考書シリーズ≪家畜の科学≫No.1~6(ウシ、ブタ、ヤギ、ニワトリ、ヒツジ、ウマ)広岡ら 編集朝倉書店