動物栄養学
英文名Animal Nutrition
科目概要動物資源科学科2年前期 [木曜日1時限(週1コマ)]、3群科目、必修、講義、2単位(30時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎黒瀬 陽平
講義室1061講義室
備考科目ナンバリング:VZ301-FM14

教員免許取得のための必修科目

科目教科に関する科目(中学校及び高等学校 理科)
施行規則に定める科目区分
  • 生物学

授業の目的

野生動物、愛玩動物、家畜、展示動物等、どのような動物をとっても、食物を摂取しそれを利用することは生存にとって最も重要な営みといえる。食物(栄養素)の摂取から消化・吸収・代謝に至る一連の流れを栄養という。動物栄養学では、以下の3項目を理解することを目的とする。
1.動物栄養学の概念と基礎知識Iを理解する。
2.動物の健康維持に必要な栄養管理を理解する。
3.家畜の生産能力と代謝の関係を理解する。

教育内容

栄養の概念、栄養素の種類とはたらき、栄養を構成する因子(摂食調節、消化と吸収、栄養素の代謝)、栄養価の評価などについて解説する。

教育方法

講義形式で行う。毎回資料を配布し、内容のポイントを板書と教科書で説明する。毎回講義内容の重要事項について問題演習を行うことにより講義内容の理解を図る。2回実施する確認小テストについては採点結果を伝えると同時に、特に正答率の低い部分について解説する。

卒業・学位授与の方針と当該科目の関連

〇DP2:動物資源の開発・利用を発展させるための専門的技能、能力

授業内容(シラバス)

項目内容担当者
1栄養の概念
タンパク質
動物栄養の概念と重要語句の解説
タンパク質の構造と種類、アミノ酸の種類、タンパク質の栄養価
黒瀬 陽平
2脂質脂質の分類、脂肪酸、機能性脂質黒瀬 陽平
3炭水化物炭水化物の構造と分類、動物における炭水化物の主な機能黒瀬 陽平
4ビタミンビタミンの定義、脂溶性ビタミン、水溶性ビタミン黒瀬 陽平
5ミネラルと水分ミネラルの分類と機能、ミネラルの欠乏症、水分の機能黒瀬 陽平
6摂食の調節摂食に影響する内部および外部要因、末梢から中枢へのシグナル伝達、視床下部、脳における末梢由来物質の選択的取り込み黒瀬 陽平
7単胃動物の栄養素の消化と吸収消化と吸収、三大栄養素の消化、吸収のしくみ黒瀬 陽平
8反芻動物の栄養素の消化と吸収反芻動物の消化器の特徴、反芻胃おける消化と吸収、窒素化合物と脂質の消化黒瀬 陽平
9タンパク質とアミノ酸の代謝タンパク質の合成、アミノ酸の代謝、タンパク質とアミノ酸栄養の意義、アミノ酸のバランスと相互作用黒瀬 陽平
10脂質の代謝脂肪の分解、脂肪の合成、コレステロールの代謝黒瀬 陽平
11糖質の代謝解糖、グリコーゲン分解、血糖の調節黒瀬 陽平
12エネルギー代謝栄養素の酸化と熱、物質代謝とエネルギー代謝、エネルギー代謝量の測定法ATPの利用と合成黒瀬 陽平
13飼料価値の評価飼料を作る際に重要な要素、飼料価値の評価法、エネルギーを中心とする評価法、タンパク質とアミノ酸を中心とする評価法黒瀬 陽平
14動物の飼養動物の栄養素要求量、飼養標準、標準飼料成分表、飼料の定義と種類、飼料の配合設計黒瀬 陽平

到達目標

(1)動物栄養学の概念と基礎知識を説明することができる。
(2)主要な栄養素の働きを理解し、動物の健康を維持できる栄養管理について理解することができる。
(3)成長や泌乳等の家畜の生産能力と栄養代謝の関係を理解することができる。

評価方法

出席については学生便覧を参照のこと。
講義の前半および後半の内容の理解を確認するための小テスト(20%)と定期試験(80%)で評価する。

準備学習(予習・復習等)

【授業時間外に必要な学習の時間:60時間】
予習:WebClassに次回の資料を上げるので、教科書を利用して基礎項目および理解できない点を確認。
復習:配布資料の内容を重点的に復習し、理解できなかった点については教科書などを参考に理解できるように努める。

その他注意事等

(なし)

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書動物飼養学石橋 晃・他 編養賢堂
参考書動物の栄養唐澤 豊・菅原邦生 編文永堂
参考書動物たちの自然健康法 野生の知恵に学ぶシンディ・エンジェル紀伊國屋書店
参考書食べ物としての動物たち伊藤宏講談社