草地学
英文名Grassland Science
科目概要動物資源科学科3年後期 [木曜日3時限(週1コマ)]、3群科目、選択、講義、2単位(30時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎馬場 光久小倉 振一郎
講義室111講義室
備考科目ナンバリング:VZ301-FM18

授業の目的

草地を、飼料作物(牧草)の生産の場として捉えるだけでなく、自然生態系のひとつとして考え、地球環境における草地生態系の役割についても理解できるようにする。

教育内容

人の関わりによる草地の分類、牧草の種類、草地の採草・放牧利用、生物多様性および外来生物問題について講義する

教育方法

配布資料と板書を基本とするが、必要に応じてパワーポイントやDVDなどを利用して理解を深めるようにする。中間試験は採点結果の概要を報告することで、定期試験は終了後に成績評価と解答を解説することで、フィードバックする。毎講義終了時の小テスト(リアクションペーパー)に、講義に関する疑問や意見などを書かせ、次回の講義にそれに対する返答を行う。また、定期試験終了後に「解説」の時間を設け、採点結果の点数分布の紹介や模範解答及び評価基準について説明することでフィードバックする。

卒業・学位授与の方針と当該科目の関連

◎DP3:動物福祉の重要性を理解し、人と動物の関係や周辺環境の向上に貢献できる能力

授業内容(シラバス)

項目内容担当者
1草地学とは?草地学の内容について、草地農業、草地生態、飼料作物などから概説する。馬場 光久
2草地の種類と分布世界に広がる草原の種類と分布、及び気象条件や土壌との関連について説明する。馬場 光久
3土壌と植物の生育植物の生育を支える土壌の性質について説明した上で,草地更新の判断基準,土壌酸性化とその植物の生育に対する影響について講義する。馬場 光久
4牧草の種類と生態牧草として利用されている草本植物の種類とその生態について説明する。小倉 振一郎
5牧草の生長と栄養価牧草が季節とともに生長していく過程を栄養価とともに紹介し、適正な利用法の原理を講義する。小倉 振一郎
6草地の採草利用牧草を刈り取って貯蔵飼料として利用するための原理原則を講義する。小倉 振一郎
7草地の放牧利用草地に及ぼす放牧の影響、放牧形態の種類について説明する。小倉 振一郎
8日本の草地畜産日本における草地畜産の特徴を紹介する。小倉 振一郎
9草地生態系における物質循環草地生態系における物質循環の特徴を概説し,施肥管理について説明する。馬場 光久
10中間試験これまでの学習内容の復習と理解度を中間試験によって評価する。馬場 光久
11草地の環境保全機能草地における生物多様性と保全について講義する。馬場 光久
12生物多様性の種類と危機生物多様性の種類と危機について、パワーポイントを利用して紹介する。馬場 光久
13草地畜産における外来種問題外来生物法の概要および外来牧草の必要性と問題点を講義する。馬場 光久
14世界の草地畜産沙漠化の進行が深刻な中国における現状と沙漠化した草原の修復技術を紹介する。馬場 光久

到達目標

(1)草地の種類と成立過程が説明できる。
(2)牧草の種類と飼料としての利用法が説明できる。
(3)草地の利用方法の原理が説明できる。
(4)草地における生物多様性の役割と問題点が説明できる。
(5)草地における外来種問題が説明できる。

評価方法

中間試験(20%)と定期試験(80%)によって評価する。中間試験では、ノートや資料の持ち込みを認めることで、それまでに学習した内容がどこまで整理・復習できているかを評価する。期末試験では、中間試験以降の講義内容を中心に出題して、継続的な学習ができているかを評価する。

準備学習(予習・復習等)

【授業時間外に必要な学習時間:60時間】
予習:講義内容を事前に確認して、それに関わる事項を図書やインターネットなどで調べる。
復習:講義終了時に小テストを行うことで講義内容の理解度を図り、復習の一環とする。さらに、中間試験ではノートや資料の持ち込みを認めるので、その準備も復習とする。

その他注意事等

不明な点などあれば、講義中あるいはオフィスアワー(月曜日~金曜日の午前8時~8時45分)を利用して、積極的に質問に来て下さい。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書(なし)
参考書「草地学の基礎」松中照夫・三枝俊哉農文協
参考書「土の化学」日本化学会編学会出版センター
参考書「循環型酪農へのアプローチ」松中照夫・寳示戸雅之 酪農学園大学エクステンションセンター
参考書「草地の生態と保全」日本草地学会 編学会出版センター
参考書「中国の沙漠化」吉野正敏大明堂