理科教育法Ⅳ
英文名Teaching Method of Science Education Ⅳ
科目概要動物資源科学科3年後期 [火曜日1時限(週1コマ)]、教職課程科目、必修、講義、2単位(30時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎相馬 惠子 (※)小川 隆 (※)
講義室112講義室
備考科目ナンバリング:VZ601-TC36

教員免許取得のための必修科目

科目教職に関する科目(教育課程及び指導法に関する科目)
各科目に含めることが必要な事項
  • 各教科の指導法

授業の目的

中学校・高等学校理科の目標及び内容を理解し、学習指導要領に示された理科の学習内容について,背景となる学問領域と関連させて理解を深める。様々な学習指導に関する理論を踏まえて具体的な授業場面を想定した単元や授業の設計法を身に付ける。また、理科教育法Ⅰ・Ⅱ・Ⅲの学習を踏まえて、主体的・対話的な深い学びとICTを活用した授業の在り方について、理科教師としての実践力を身に付ける。

教育内容

理科教育法Ⅰ・Ⅱ・Ⅲで学んだ理科教育の基本の上に、学習方法として、学習指導要領の理念を生かして、育みたい資質・能力のを育成するための具体的な知識・技術・方法等の実践的な指導力を身に付ける。

教育方法

プレゼンテーションソフトと配付資料を用いた講義とアクティブラーニングを適宜使い分けながら進めていく。模擬授業は相互評価を基にした協議を行いながら進める。GoogleClassroomを使用して双方向型の授業を行い,提出された指導案にはコメントをつけて返却する。

卒業・学位授与の方針と当該科目の関連

授業内容(シラバス)

項目内容担当者日時
1オリエンテーション理科教育法Ⅰ・Ⅱ・Ⅲの総括から,理科教育法Ⅲの学習を理解し見通しをもつ相馬 惠子
9/19①
2主体的・対話的で深い学び(1)主体的・対話的で深い学びの目的と手法相馬 惠子
9/26①
3主体的・対話的で深い学び(2)主体的・対話的で深い学びの実践例に学ぶ相馬 惠子
10/3①
4学校における実践に学ぶ(1)近隣中学・高等学校の教師による授業の参観相馬 惠子
小川 隆
10/17①
5学校における実践に学ぶ(2)参観授業の記録から授業を分析する相馬 惠子
10/24①
6ICT活用研究(1)ICT機器や授業支援システムの活用の実際を学ぶ相馬 惠子
10/31①
7ICT活用研究(2)ICT機器や授業支援システムを活用した授業をデザインし,指導案を作成する相馬 惠子
11/7①
8ICT活用研究(3)ICT機器や授業支援システムを活用した模擬授業と研究協議(中学校第1分野)相馬 惠子
11/14①
9ICT活用研究(4)
ICT機器や授業支援システムを活用した模擬授業と研究協議(中学校第2分野)
相馬 惠子
11/21①
10ICT活用研究(5) ICT機器や授業支援システムを活用した模擬授業と研究協議(高等学校物理・地学)相馬 惠子
11/28①
11ICT活用研究(6) ICT機器や授業支援システムを活用した模擬授業と研究協議(高等学校化学)相馬 惠子
12/5①
12ICT活用研究(7)ICT機器や授業支援システムを活用した模擬授業と研究協議(高等学校生物)相馬 惠子
小川 隆
12/12①
13理科の最新動向,研究協議教育センターの公開研究発表発表大会や研究大会等に参加して,主に教科等の最新動向にを学ぶ相馬 惠子
12/19①
14まとめ教育実習に向けて,理科教育法全体の総括から,これからの理科教育について考察してレポートにまとめる相馬 惠子
12/26①

到達目標

1)学習指導要領における理科の目標及び主な内容並びに全体構造を理解している。
2)個別の学習内容について指導上の留意点を理解している。
3)理科の学習評価の考え方を理解している。
4)理科と背景となる学問領域との関係を理解し、教材研究に活用することができる。
5)発展的な学習内容について探究し、学習指導への位置付けを考察することができる。
6)児童生徒の認識や思考、資質・能力などの実態を視野に入れた授業設計の重要性を理解している。
7)理科の特性に応じた情報機器及び教材の効果的な活用法を理解し、授業設計に活用することができる。
8)学習指導案の構成を理解し、具体的な授業を想定した授業設計と学習指導案を作成することができる。
9)模擬授業の実施とその振り返りを通して、授業改善の視点を身に付けている。
10)理科における実践研究の動向を知り、授業設計の向上に取り組むことができる。

評価方法

【評価種別と割合】各回の演習課題(リフレクションシートを含む)(60%),指導案と模擬授業(40%)
【評価基準】各回の課題に解答していること。リフレクションシートは講義のどの内容についてどう考えたか,なぜそう考えたかを明記していること。指導案を作成して模擬授業を行い,模擬授業と研究討議を通して指導案を改善していること。

準備学習(予習・復習等)

【授業時間外に必要な学習の時間】28時間
【予習】事前にシラバスを熟読し、理解しておくとともに、指導法などの研究に努める。
【復習】講義内容の復習とまとめ。

その他注意事等

授業への主体的な参加を期待するとともに、教職に就く者としての自覚を持ち指導力の向上に努めてください。
講義には,タブレットまたはノートPCを持参してください。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書なし(適時資料を配布する)
参考書中学校学習指導要領(平成29年3月告示)
高等学校学習指導要領(平成30年3月告示)
文部科学省文部科学省WEBサイトに公開
参考書「指導と評価の一体化」のための学習評価に関する参考資料(中学校編)国立教育政策研究所国立教育政策研究所WEBサイトに公開
参考書「指導と評価の一体化」のための学習評価に関する参考資料(高等学校編)国立教育政策研究所国立教育政策研究所WEBサイトに公開
参考書授業に活かす!理科教育法 中学・高等学校編左巻健男東京書籍
参考書授業づくりのための中等理科教育法山下芳樹・藤岡達也ミネルヴァ書房