野生動物学
英文名Wild Animal Sciences
科目概要獣医学科3年後期 [水曜日1時限(週1コマ)]、3群科目、必修、講義、1単位(15時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎進藤 順治 (※)
講義室B21講義室
備考科目ナンバリング:VV301-GH35

授業の目的

野生動物の生態学的な位置を深く理解しながら、生態系のバランスを崩さぬように環境を健全な形で保全していく知恵や知識を学び、遺伝的なレベルから生態レベルまで多種多様な観点から獣医学領域における野生動物学について理解する。

教育内容

野生動物学は、野生動物の機能形態・生態、個体群の変動やそれらを知るための調査方法、さらにヒトと野生動物との問題や野生動物管理を講義し、生物多様性の保全に貢献すべき獣医学を野生動物の側面から説明する。

教育方法

パワーポイントと配布資料を用い講義形式で行う。
講義の質疑はWebclassを用い、また課題等の解説も行う。

卒業・学位授与の方針と当該科目の関連

〇DP1.生命科学の理解と高い教養および倫理観の修得豊
〇DP2.動物の病気の診断・治療・予防に関する知識を持ち、適切に実践できる能力
 DP3.食の安全性の確保と供給に資する能力
 DP4.医薬品の開発に寄与する能力
◎DP5.野生動物の保全に寄与する能力
 DP6.人獣共通感染症の制圧に寄与する能力

授業内容(シラバス)

項目内容担当者
1生物多様性と野生動物生物多様性の保全に係わる野生動物学の意義進藤 順治
2野生動物の分類と動物相動物の分類と学名、日本の動物相進藤 順治
3脊椎動物の特性水棲動物から鳥類までの基本形態と機能進藤 順治
4野生動物の機能と形態野生動物の特殊な外部形態について進藤 順治
5哺乳動物の特徴1動物種による器官の形態と機能の違い進藤 順治
6哺乳動物の特徴2動物種による器官の形態と機能の違い進藤 順治
7野生動物の生理と行動野生動物の生理的な特徴と行動進藤 順治
8野生動物の生活環境と動態野生動物の生活環境と個体群に係わる要因について進藤 順治
9野生動物の調査方法野生動物の調査方法(捕獲、目視、聞き取り調査)進藤 順治
10野生動物の捕獲調査捕獲個体の調査、不動化、年齢査定方法進藤 順治
11野生動物の疾病・環境汚染保全医学の観点からの重要な疾患、環境汚染による野生動物被害進藤 順治
12野生動物管理日本における野生動物管理と獣害対策進藤 順治
13野生動物の保全保護管理計画、外来生物進藤 順治
14野生動物のリハビリテーションと野生動物医学傷病鳥獣救護についてと動物園水族館獣医師の役割進藤 順治
15講義の総括野生動物医学の講義内容のキーワードと総括進藤 順治

到達目標

①野生動物の形態、生理、生態の基礎を学び生物多様性の保全との関係が理解できる。(知識・技能)
②野生動物とヒトとの関わりや問題について説明できる。(思考・判断・表現)
③野生動物分野におけるの獣医師の役割について説明し、議論することができる。(知識・技能)(関心・意欲・態度)

評価方法

成績評価は、定期試験(100%)を行う。欠席に関しては試験細則第5条を適応する。
到達目標に達していない場合は再試験を一回行う。

準備学習(予習・復習等)

【授業時間外に必要な学習時間:30時間】
予習:授業開始時に毎回授業内容に関するテキストと次週の内容の部分を配布するので、それらを用い授業内容に関するキーワードについて整理しておくこと。
復習:授業内容を整理しておくこと。

その他注意事等

オフィスアワーは講義日のお昼休みです。
実務経験の授業への活用方法:水族館獣医師としてまた現在鳥獣保護センターでの傷病救護の臨床経験を踏まえ、野生動物の健康管理を概説し、獣医学の生物多様性の保全への貢献を深める。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書コアカリ野生動物学 日本野生動物医学会編文永堂出版
参考書獣医学・応用動物科学系学生のための野生動物学 村田浩一・坪田敏男 編文永堂出版