病院経営学
英文名Clinical Business Management
科目概要獣医学科4年前期 [火曜日1時限(週1コマ)]、2群科目、選択、講義、1単位(15時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎岡野 昇三 (※)太田 亟慈 (※)金井 孝夫
講義室B11講義室
備考科目ナンバリング:VV201-VB42

授業の目的

動物病院の管理・運営のために、病院開設までの手順、法令や獣医療倫理を再確認しながら知識を習得する。

教育内容

病院経営学は、小動物動物病院を開設するまでの手順、経営に大きな影響を与える薬剤、フードの仕入れ、就業環境を良好にするためのコミュニケーションなどを講義する。

教育方法

講義形式、グループワーク
レポートに対する解説は、第15回の講義中に行う。

卒業・学位授与の方針と当該科目の関連

◯DP1:生命科学の理解と高い教養及び倫理観の修得
◎DP2:動物の病気の診断・治療・予防に関する知識を持ち、適切に実践できる能力
◯DP6:人獣共通感染症の制圧に寄与する能力

授業内容(シラバス)

項目内容担当者
1動物病院を取り巻く環境伴侶動物を取り巻く産業界の動き岡野 昇三
2病院開設の準備病院開設のため準備、関連する法規金井 孝夫
3コミュニケーション1診療に必要なコミュニケーションについて、心理学の観点から金井 孝夫
4コミュニケーション2クライエントと、よりよいコミュニケーションを行うために必要な知識金井 孝夫
5クライアントとのトラブル回避トラブル事例から対応を考察太田 亟慈
6就業環境1就業環境(就職活動と就職後に関するアドバイス)太田 亟慈
7就業環境2職場でのスタッフとの関係性太田 亟慈
8病院経営とフード1一般食、プレミアムフード岡野 昇三
9病院経営とフード2処方食岡野 昇三
10医薬品の仕入れ医薬品等の納入、輸入岡野 昇三
11病院経営と医薬品1医薬品に関する法規岡野 昇三
12病院経営と医薬品2動物薬、人体薬岡野 昇三
13病院経営と予防医療ワクチン、予防薬、避妊手術岡野 昇三
14病院経営と獣医療一般診療、専門診療(高度医療)、夜間診療岡野 昇三
15まとめ授業全体のまとめとレポート・課題の解説岡野 昇三

到達目標

動物病院における仕事の内容と意味、開院に必要な手順、獣医療倫理を理解し、病院経営に必要な基本的な知識を説明できることを目的とする。

評価方法

レポートで評価する(100%)。

準備学習(予習・復習等)

【授業時間以外に必要な学修の時間:30時間】
予習:教科書または資料を読み理解しておく。
復習:レポートを作成することで授業内容を再度確認してまとめる。

その他注意事等

オフィスアワーは、火曜日のお昼休みです。
実務経験の授業への活用方法:動物病院での臨床経験を踏まえ、病院経営の問題点、対応法を概説する。
予定が変更されることがあるので掲示板に注意すること。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書新・動物病院経営学 桜井富士朗・尾崎裕子・西川芳彦編集チクサン出版
参考書(なし)