特定講義Ⅰ
英文名Topics in Veterinary Medical Sciences Ⅰ
科目概要獣医学科6年前期 [集中]、3群科目、選択、講義、1単位(15時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎田邊 太志関崎 勉
講義室A31講義室
備考科目ナンバリング:VV301-GR68

授業の目的

多方向に発展していく獣医学において、近年特に注目すべきトピックを選び、予防衛生の立場からより専門的な講義を実施する。

教育内容

特定講義Iでは、獣医学領域において注目すべきトピックを選び、その背景から問題を提起し、教授します。

教育方法

講義形式。口頭試問を交えて、出席者との意見交換により、理解を深める。

卒業・学位授与の方針と当該科目の関連

〇DP1:生命科学の理解と高い教養及び倫理観の習得
〇DP2:動物の病気の診断・治療・予防に関する知識を持ち、適切に実践できる能力
◎DP3:食品の安全性の確保と供給に資する能力

授業内容(シラバス)

項目内容担当者
1動物の感染症に関するトピック1動物の感染症1関崎 勉
2動物の感染症に関するトピック2動物の感染症2関崎 勉
3動物の感染症に関するトピック3動物の感染症3関崎 勉
4動物の感染症に関するトピック4動物の感染症4関崎 勉
5動物の感染症に関するトピック5動物の感染症5関崎 勉
6動物の感染症に関するトピック6動物の感染症6関崎 勉
7まとめ1第1回から第6回までのまとめ関崎 勉
8動物の感染症に関するトピック7動物の感染症7関崎 勉
9動物の感染症に関するトピック8動物の感染症8関崎 勉
10動物の感染症に関するトピック9動物の感染症9関崎 勉
11動物の感染症に関するトピック10動物の感染症10関崎 勉
12動物の感染症に関するトピック11動物の感染症11関崎 勉
13動物の感染症に関するトピック12動物の感染症12関崎 勉
14まとめ2第8回から第13回のまとめ関崎 勉
15総合討論今後の課題について
関崎 勉

到達目標

それぞれのトピックに関して、通常の学部生向けの教科書に記載されている講義内容レベルから、最新の研究知見を知ることでその理解レベルをアップさせ、さらに今後将来に向けての課題を認識することで、どのような問題点がありどう克服すべきかを深く考える機会にする。

評価方法

授業態度(30%)、レポート・感想文(70%)の総合評価。

準備学習(予習・復習等)

授業時間外に必要な学習の時間:15時間
予習:事前に紹介された講義テーマについて、教科書・資料・文献を用いて基礎知識を再確認しておく。
復習:講義内容について、資料・ノートで確認し、内容を理解できたことを確認する。

その他注意事等

講義内容のプリントを配布予定であるので、それを用いて講義を受講する(Webclassでの資料掲示の可能性もあり)。講義内容については積極的に質問し、何がわかって何がわかっていないのか、問題点は何か、等を明らかにする。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書講義資料配布
参考書(なし)