大動物総合臨床学実習Ⅰ(繁殖系)[4年後期]
英文名Clinical Veterinary Medicine for Large Animals Practice Ⅰ
科目概要獣医学科4年後期 [水曜日4・5・6時限(週3コマ)]、3群科目、必修、実習、1単位(45時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎三浦 弘 (※)日下 裕美 坂口 実 (※)担当者全員
講義室B11講義室、B13実習室、大動物実習棟
備考科目ナンバリング:VV304-GC47

授業の目的

生殖工学に用いられる技術と精液検査法および保存法を習得する。また繁殖障害、妊娠期の異常および周産期の異常の診断や治療、対処法について理解する。

教育内容

牛子宮内へ器具を挿入する技術を基本とした繁殖技術および精液検査技術を習得させる。また繁殖障害、妊娠期の異常および周産期の異常の診断や治療、対処法について講義とデモンストレーションを行う。

教育方法

パワーポイントと配布資料によって説明したのちに実技あるいはデモンストレーションを行う。講義の中で課題を出し、次回の授業で課題の中の特徴的な見解や誤解についてコメントする。

卒業・学位授与の方針と当該科目の関連

〇DP1:生命科学の理解と高い教養及び倫理観の習得
◎DP2:動物の病気の診断・治療・予防に関する知識を持ち、適切に実践できる能力
〇DP3:食品の安全性の確保と供給に資する能力
◎DP5:野生動物の保全に寄与する能力

授業内容(シラバス)

項目内容担当者
1実習全体の説明と精液検査法実習全般の説明および精液検査法の実習担当者全員
2牛の人工授精手技牛子宮材料と凍結精液を用いた人工授精の実習担当者全員
3定時人工授精計画の策定前期の牛卵巣スケッチを用いた定時人工授精計画策定のグループワークを行う担当者全員
4胚移植一般の説明と過剰排卵処理計画の策定胚移植の説明と、前期の牛卵巣スケッチを用いた過剰排卵処理計画のグループワークを行う担当者全員
5牛子宮洗浄1学生を二グループに分け、2週にわたって牛子宮洗浄の説明とデモンストレーションを行う担当者全員
6牛子宮洗浄2学生を二グループに分け、2週にわたって牛子宮洗浄の説明とデモンストレーションを行う担当者全員
7先天異常と染色体検査先天異常の説明と染色体検査の実習を行う担当者全員
8雌の繁殖障害:子宮蓄膿症、子宮内膜炎等について繁殖機能検査から、子宮疾患の診断と治療計画策定を行う担当者全員
9雌の繁殖障害:卵巣疾患繁殖機能検査から、卵巣疾患の診断と治療計画策定を行う担当者全員
10発情発見発情行動による発情発見と発情発見器具の紹介担当者全員
11精液採取と精液凍結1学生を二グループに分け、2週にわたって精液凍結の実習を行う担当者全員
12精液採取と精液凍結2学生を二グループに分け、2週にわたって精液凍結の実習を行う担当者全員
13雌の繁殖障害:妊娠期異常と流産主に牛の妊娠期、周産期疾病の説明と標本の展示を行う担当者全員
14牛の難産救助法主に牛の難産の診断と救助法について説明と器具の展示を行う担当者全員
15まとめ理解度の確認担当者全員

到達目標

1.牛の定時人工授精、過剰排卵処置計画が策定できる。
2.牛子宮内に器具を挿入し、操作する方法を説明できる。
3.精液検査および凍結を実施できる。
4.繁殖障害、妊娠期および周産期異常の診断や治療、対処法を説明できる。

評価方法

定期試験成績による評価を10割とする。

準備学習(予習・復習等)

【授業時間外に必要な学習の時間:30時間】
予習:教科書「獣医臨床繁殖学実習マニュアル」を各自購入して、各回の授業・実習内容に関連する箇所を読み基本的知識を得ておくこと。
復習:本実習は臨床科目であるため、低学年で学んだ解剖・生理・薬理などの知識が必要である。講義・実習で触れられた基礎学の知識に不安がる場合は、再度それぞれの教科書を読み直し、理解を深めておくこと。各疾病に関しては参考書「雌牛の繁殖障害カラーアトラス」に写真が多く掲載されているので、参考にして頂きたい。

その他注意事等

実務経験の授業への活用方法:牛における繁殖業務の実務経験者が、内容に応じて適切に指導を行う。
野外での実習時にはツナギあるいはオーバーオール、長靴を着用すること。
室内で行う実習では白衣を着用し、内履きをはくこと

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書獣医繁殖学マニュアル第2版 獣医繁殖学教育協議会編文永堂出版
参考書獣医臨床繁殖学実習マニュアル 大沼秀男ほか 学窓社
参考書雌牛の繁殖障害カラーアトラス獣医繁殖学教育協議会編チクサン出版社