大動物総合臨床学Ⅰ(繁殖系)[4年後期]
英文名Clinical Veterinary Medicine for Large Animals Ⅰ
科目概要獣医学科4年後期 [水曜日2・3時限(週2コマ)]、3群科目、必修、講義、2単位(30時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎坂口 実 (※)
講義室B11講義室
備考科目ナンバリング:VV301-GC47

授業の目的

獣医臨床繁殖学で習得した繁殖生理学を基本に、牛を中心とした繁殖技術(生殖補助技術)の基本知識を習得する。また、雌雄の繁殖障害と、妊娠期および周産期における産科疾患の実態を理解し、それらに対処するための基本的な知識を習得する。

教育内容

生殖工学、雌雄の繁殖障害、妊娠期・周産期の異常について説明する。

教育方法

パワーポイントと配付資料を用いて講義する。授業中に課題を回収したら、ただちに模範解答を配布する。

卒業・学位授与の方針と当該科目の関連

◎DP2:動物の病気の診断・治療・予防に関する知識を持ち、適切に実践できる能力
〇DP5:野生動物の保全に寄与する能力

授業内容(シラバス)

項目内容担当者
1導入

生殖工学
目的と学習範囲、獣医臨床繁殖学の復習
人工授精(総論)
坂口 実
2生殖工学人工授精(牛・牛以外の動物)坂口 実
3生殖工学発情と排卵の同期化
過剰排卵処置による胚の採取
坂口 実
4生殖工学胚移植・胚の凍結保存坂口 実
5生殖工学顕微授精・クローン動物・性支配(性判別)・その他の生殖工学技術坂口 実
6生殖工学
繁殖障害
避妊
雌の繁殖障害(総論・繁殖機能検査・先天異常)
坂口 実
7繁殖障害雌の繁殖障害(頸管・子宮・卵管疾患)
坂口 実
8繁殖障害雌の繁殖障害(卵巣疾患・発情異常・受精障害・胚死滅)
雌の繁殖障害(犬・猫)
坂口 実
9妊娠期の異常流産
膣・子宮・胎膜の異常
坂口 実
10妊娠期の異常
周産期の異常
犬・猫
難産・助産
坂口 実
11周産期の異常難産処置
分娩後の疾患・新生児の疾患
坂口 実
12泌乳器の疾患
飼養管理
乳房炎
生産獣医療と繁殖管理
坂口 実
13繁殖障害雄の繁殖障害坂口 実
14野生動物繁野生動物の繁殖生理(総論)
繁殖生理(カモシカ・シカ・クマ・サル類)
動物園の役割・自然繁殖
坂口 実
15まとめ大動物総合臨床学Ⅰのまとめを行う坂口 実

到達目標

①人工授精について精液の取り扱いも含めて説明できる ②計画的な繁殖を可能にする発情および排卵同期化法について説明できる ③胚移植について説明できる ④移植用の胚作出法である過剰排卵処置および体外受精について説明できる ⑤雌の生殖器官(子宮・卵管・卵巣)の疾患について、それらの診断および治療法について説明できる ⑥流産等の妊娠期の異常について説明できる ⑦難産を中心とした周産期の異常について説明できる ⑧乳房炎の診断・治療・予防について説明できる ⑨産業動物の繁殖に、栄養条件と畜産業がどう関係しているか説明できる ⑩野生動物および動物園動物の繁殖の概略について説明できる。⑪雄の繁殖障害について説明できる

評価方法

定期試験(100%)の結果により判定する。

準備学習(予習・復習等)

【授業時間外に必要な学習の時間:60時間】
予習:前期に開講された獣医臨床繁殖学の応用編であることから、対応する項目について前期の講義内容を再整理するとともに、教材である「獣医繁殖学第4版」の各講義の該当箇所を精読する。
復習:獣医臨床繁殖学の関連する項目について再度確認し、配付資料に基づいて教材の記述を読み返して要点を整理する。

その他注意事等

実務経験の授業への活用方法:農水省所管の研究機関における畜産研究経験をもとに、当該科目の産業への貢献を解説する。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書獣医繁殖学 第4版  中尾ら 編文永堂出版
参考書獣医繁殖学マニュアル  獣医繁殖学教育協議会 編文永堂出版
参考書繁殖生物学  日本繁殖生物学会 編インターズー
参考書動物臨床繁殖学  小笠ら 編朝倉書店