人獣共通感染症学
英文名Zoonosis
科目概要獣医学科4年後期 [火曜日2時限(週1コマ)]、3群科目、必修、講義、1単位(15時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎胡 東良
講義室B11講義室
備考科目ナンバリング:VV301-GH45

授業の目的

近年、人獣共通感染症、特に新興感染症がヒトと動物の健康と福祉に多大な損害・損失を与え、社会に大きなインパクトを与えている。人獣共通感染症の疫学的特徴、リスク分類、法的基盤、総合制御戦略、獣医師の役割を理解し、各感染症の病原体、疫学、伝播、症状、診断、治療と予防の基礎および応用を修得する。さらに、これらの感染症に対する制御方策を考えられ、公衆衛生および関連分野に応用できることを目標とする。

教育内容

人獣共通感染症学の教育内容としては,総論では人と動物が共通感染する疾病の疫学的特徴、リスク分類、法的基盤、総合制御戦略などを講義する。各論では,ウイルス性人獣共通感染症,リケッチアおよびクラミジア人獣共通感染症,細菌性人獣共通感染症,寄生虫性人獣共通感染症など,各感染症の病原体、疫学、伝播、症状、診断、治療と予防の知識を講義する。

教育方法

講義形式,討論式。パワーポイントと配布資料を用いて説明する。フィードバックとして、討論や学生の質問に対し口頭解答や参考資料などを提示する。

卒業・学位授与の方針と当該科目の関連

◎ DP2:動物の病気の診断・治療・予防に関する知識を持ち、適切に実践できる能力
◎ DP6:人獣共通感染症の制圧に寄与する能力

授業内容(シラバス)

項目内容担当者
1人獣共通感染症定義と概要定義、種類、伝播様式、地理的分布、疫学的特徴、社会的影響 胡 東良
2人獣共通感染症の現状と対策病原体のリスク分類、新興・再興感染症、人獣共通感染症の現状と法的基盤胡 東良
3ウイルス性人獣共通感染症:
モノネガウイルス感染症
狂犬病、リッサウイルス感染症、マールブルグ病、エボラ出血熱、ニパウイルス感染症、ヘンドラウイルス感染症胡 東良
4ブニヤウイルス感染症;アレナウイルス感染症クリミア・コンゴ出血熱、ハンタウイルス感染症、リフトバレー熱; ラッサ熱、リンパ性脈絡髄膜炎、南米出血熱胡 東良
5オルソミクソウイルス感染症インフルエンザ(人、豚、鳥のインフルエンザ)胡 東良
6フラビウイルス感染症;ヘルペスウイルス感染症黄熱、日本脳炎、ウエストナイル熱、ダニ媒介性脳炎、デング熱、チクングニア熱; Bウイルス感染症胡 東良
7その他ウイルス感染症;プリオン病サル痘、重症急性呼吸器症候群(SARS)、E型肝炎、牛丘疹性口炎; プリオン病胡 東良
8リケッチアおよびクラミジア人獣共通感染症発疹チフス群、紅斑熱群、ツツガムシ病、エールリヒア症、オウム病胡 東良
9細菌性人獣共通感染症:
グラム陰性菌による感染症(1)
ペスト、エルシニア症、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌症胡 東良
10グラム陰性菌による感染症(2)サルモネラ症、レプトスピラ症、カンピロバクター症、ブルセラ症胡 東良
11グラム陰性菌による感染症(3)鼻疽、類鼻疽、野兎病、パスツレラ症、Q熱、ライム病、猫ひっかき病、カプノサイトファーガ感染症胡 東良
12グラム陽性菌による感染症炭疽、リステリア症、破傷風、ガス壊疽、ボツリヌス症、ブドウ球菌感染症,豚レンサ球菌感染症、豚丹毒胡 東良
13抗酸菌および真菌による感染症結核、非結核性抗酸菌症、ヒストプラスマ症、カンジダ症、アスペルギルス症、クリプトコックス症、皮膚糸状菌症胡 東良
14原虫性・寄生虫性人獣共通感染症トキソプラズマ症、アメーバ赤痢、クリプトスポリジウム症、
線虫、吸虫、条虫を原因とする感染症
胡 東良
15総括総合復習・解説胡 東良

到達目標

人獣共通感染症の疫学的特徴、リスク分析、法的基盤、総合制御戦略と獣医師の役割を理解し、各感染症の病原体、疫学、伝播、症状、診断、治療と予防の基礎および応用を修得できる。また、これらの感染症に対する防御対策を考えることができ、公衆衛生および関連分野に応用できる。

評価方法

成績は、授業態度と学期末の定期試験を含めて総合的に評価し、判定する。(授業態度10%、定期試験90%)

準備学習(予習・復習等)

授業時間外に必要な学習の時間:30時間
予習:次回の授業内容に関連する教科書とプリント箇所を予習する。
復習:前回の授業で習った部分を次回の授業までに復習する。

その他注意事等

(なし)

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書獣医公衆衛生学Ⅱ 「人獣共通感染症学」、獣医学教育モデル・コア・カリキュラム準処獣医公衆衛生学教育研修協議会 編文永堂出版
教科書動物の感染症(第4版)明石博臣ら編近代出版
参考書改訂3版 人獣共通感染症木村哲ら編医薬ジャーナル社