小動物総合臨床学実習Ⅲ
英文名Clinical Veterinary Medicine for Small Animals Practice Ⅲ
科目概要獣医学科5年前期 [水曜日4・5・6時限(週3コマ)]、3群科目、必修、実習、1単位(45時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎岡野 昇三 (※)左近允 巌 (※)岩井 聡美 (※)前田 賢一 (※)石野 寛和 (※)担当者全員
講義室A21講義室、小動物臨床実習室、B13実習室
備考科目ナンバリング:VV304-GC56

授業の目的

消化器系、神経系、運動器系および腫瘍性疾患疾患に対する診断および治療を実施するために必要な基本的手技を習得する。

教育内容

小動物総合臨床学実習Ⅲは、消化器系・神経系・運動器系・呼吸器系・生殖器の各臓器の疾患および腫瘍性疾患の診断・治療に必要な基本的手技を説明する。

教育方法

パワーポイントと配付資料を用いて講義した後、実技を行う。
レポートに対する解説は、第15回の講義中に行う。

卒業・学位授与の方針と当該科目の関連

◎DP2:動物の病気の診断・治療・予防に関する知識を持ち、適切に実践できる能力

授業内容(シラバス)

項目内容担当者
1口腔および歯の検査・処置口腔検査、歯石除去、抜歯岡野 昇三
岩井 聡美
前田 賢一
2上部および下部消化管の検査内視鏡検査岡野 昇三
岩井 聡美
前田 賢一
3肝臓・胆嚢・膵臓の検査BSP試験、超音波検査、フィルム試験岡野 昇三
岩井 聡美
前田 賢一
4胃の手術胃切開、胃・十二指腸吻合、幽門形成術岡野 昇三
岩井 聡美
前田 賢一
5腸管の手術腸切開、腸吻合(端端吻合、側側吻合)岡野 昇三
岩井 聡美
前田 賢一
6肝臓・胆嚢・膵臓の手術肝葉切除、胆嚢切開、胆嚢切除岡野 昇三
岩井 聡美
前田 賢一
7骨および関節疾患の診断方法歩様検査、徒手診断左近允 巌
石野 寛和
8長管骨骨折の外科的整復法副子固定、ピンニング、プレーティング、創外固定による治療左近允 巌
石野 寛和
9扁平骨骨折の外科的整復法プレーティングおよび創外固定による治療左近允 巌
石野 寛和
10靱帯断裂および脱臼の整復法膝関節、股関節、肘関節、肩関節、手根関節、足根関節における靱帯断裂および脱臼の外科的治療左近允 巌
石野 寛和
11神経学的検査の実施方法脳神経の検査、脊髄および末梢神経の検査左近允 巌
石野 寛和
12脊髄疾患の外科的治療椎間板ヘルニア、椎体骨折、馬尾症候群の外科的治療左近允 巌
石野 寛和
13生殖器疾患の診断・治療法生殖器疾患の類症鑑別、発生原因、治療法について解説する。岩井 聡美
前田 賢一
14腫瘍外科;リンパ節の除去(臨床解剖)・姑息的手術法・縮小術)臓器別の腫瘍除去に伴うリンパ節のかく清について解説する。岩井 聡美
前田 賢一
15まとめ小テスト、解説岡野 昇三

到達目標

消化器疾患、. 神経系疾患、運動器系疾患、腫瘍性疾患の診断・治療に必要な基本的な手技を行うことができる。

評価方法

定期試験(70%)およびレポート(30%)から総合的に評価する。

準備学習(予習・復習等)

【授業時間外に必要な学習の時間:15時間】
予習:参考書を読み項目内容を理解しておく。
復習:配布されたプリントおよび参考書を読み内容をまとめ、知識を深める。

その他注意事等

オフィスアワーは、火曜日のお昼休みです。
実務経験の授業への活用方法:動物病院での臨床経験を踏まえ、診断・治療法を概説する。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書毎回、自作の資料を配付
参考書小動物外科疾患のメカニズム
- 疾患に最適な手術をするために -
M.J.Bojrab 編集, 原 康監訳インターズー
参考書スモールアニマルサージェリーFossum T.W.編集、若尾義人、田中茂男、多川政弘 監訳インターズー