小動物総合臨床学実習Ⅱ
英文名Clinical Veterinary Medicine for Small Animals Practice Ⅱ
科目概要獣医学科5年前期 [木曜日4・5・6時限(週3コマ)]、3群科目、必修、実習、1単位(45時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎田島 一樹 (※)金井 一享 (※)未定担当者全員
講義室小動物臨床実習室、B13実習室、A21講義室
備考科目ナンバリング:VV304-GC56

授業の目的

眼科、腎臓・泌尿器と内分泌疾患の診断治療のための基本的手技と知識を習得する。

教育内容

眼科検査、腎臓・泌尿器と内分泌疾患診断に必要な検査方法について詳細に説明する。次回の授業で、課題の中の特徴的な見解や誤解についてコメントする。

教育方法

各種検査法を実施し、その手技を修得する。フィードバックとして学生の質問に対し口頭解説や参考資料を提示する。また、WebClass等にて質問を受け付け、講義時間にコメントをする。

卒業・学位授与の方針と当該科目の関連

◎DP2: 動物の病気の診断・治療・予防に関する知識を持ち、適切に実践できる能力

授業内容(シラバス)

項目内容担当者
1眼科検査に必要な手順眼科検査に必要な総論的知識と手順担当者全員
2眼科検査に必要な手技眼科検査に必要な手技(保定法、外貌、簡易神経学的検査、シルマー涙試験、フルオレセイン角膜染色)担当者全員
3眼科検査に必要な器具の使い方眼科器具に必要な器具操作(ペンライト、細隙灯、眼圧計)担当者全員
4眼科の特殊検査眼窩の特殊検査(網膜電位図)の操作と診断法担当者全員
5眼科総合実習総合的な眼科検査とその解釈担当者全員
6下垂体疾患の診断法尿崩症と血漿および尿浸透圧・比重の関係について担当者全員
7上皮小体疾患の診断法上皮小体疾患とCaおよびiPの関係について担当者全員
8甲状腺疾患の診断法甲状腺疾患と関連ホルモンの変動について担当者全員
9糖尿病の診断法糖尿とインスリンの関係から糖尿病の診断法担当者全員
10副腎の診断法コルチゾールの増減とそれに起因する病気の診断法と、腹部エコー検査担当者全員
11腎臓機能検査各種腎機能検査法をの実際担当者全員
12急性腎障害・慢性腎臓病の診断法・治療法急性腎障害・慢性腎臓病の原因と病態を解説し、診断法と治療法を確認担当者全員
13尿石症の診断・治療法尿石症の発症原因、尿石の分析と鑑別、栄養管理、治療法担当者全員
14尿路感染症の診断法・治療法尿路感染症の原因と病態を解説し、診断法と治療法を確認担当者全員
15まとめ(総括)実習内容の理解度(習熟度)を確認担当者全員

到達目標

1)眼科検査ができる。
2)内分泌検査ができる。
3)腎・泌尿器検査ができる。

評価方法

成績の評価は、レポート(5%)と定期試験期間中に行う試験(95%)に基づいて行う。
レポートはコメントを付して返却する。

準備学習(予習・復習等)

授業時間以外に必要な学習の時間:30時間
予習:次回の講義の部分について、教科書・資料・参考図書等を利用して基本的知識を得ておく。
復習:先週の講義内容について、資料・ノートで確認する。

その他注意事等

実務経験の授業への活用方法:臨床経験を踏まえ、実際に遭遇する症例をまじえて解説する。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書自作のプリントを教科書の代用として使い、全員に配布する。
教科書獣医学教育モデル・コア・カリキュラム準拠 眼科学㈱インターズー
教科書獣医内科学小動物改訂版獣医内科学アカデミー編文永堂出版
参考書(なし)