獣医倫理・動物福祉学
英文名Veterinary Ethics and Animal Welfare
科目概要獣医学科4年前期 [月曜日1時限(週1コマ)]、3群科目、必修、講義、1単位(15時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎夏堀 雅宏 (※)金井 一享 (※)左近允 巌 (※)坂口 実 (※)田邊 太志柏本 孝茂青森県職員
講義室B11講義室
備考科目ナンバリング:VV301-GR42

授業の目的

生命倫理、獣医倫理および動物福祉の現状とその全体像を把握する。また,研究者の倫理や心得,不正行為への対応等について再認識する。

教育内容

動物の福祉,獣医師としての倫理観の変遷と現在の考え方,および研究者の不正について複数の立場からの教員から直接学ぶ。

教育方法

アラカルト形式の講義 
【課題(試験やレポート等)に対するフィードバックの方法】それぞれの担当教員より説明されるが総合討論でも行う。
必要な資料等は予めWebClassに掲載する。

卒業・学位授与の方針と当該科目の関連

◎DP1:生命科学の理解と高い教養及び倫理観の習得
○DP2:動物の病気の診断・治療・予防に関する知識を持ち、適切に実践できる能力
○DP3:食品の安全性の確保と供給に資する能力
○DP4:医薬品の開発に寄与する能力
○DP5:野生動物の保全に寄与する能力
○DP6:人獣共通感染症の制圧に寄与する能力

授業内容(シラバス)

項目内容担当者
1生命倫理学入門Ⅰ生命倫理と獣医倫理、倫理委員会、獣医倫理の問題点と一般的価値観について解説する金井 一享
2生命倫理学入門ⅡOIE、実験動物に対する配慮、動物愛護運動と動物福祉について解説する金井 一享
3西欧の動物保護法規と日本の動物保護法規海外および日本の動物保護法規、実験動物と科学研究に関するルールについて解説する金井 一享
4獣医師に関わる倫理学伴侶動物の疾病構造と獣医療の概要、獣医師の役割左近允 巌
5伴侶動物の獣医療と獣医倫理Ⅰ獣医師および獣医療関係職域、獣医療サービスの質の保証左近允 巌
6伴侶動物の獣医療と獣医倫理Ⅱ伴侶動物の獣医療とインフォームドコンセント、ペットロス左近允 巌
7遺伝子組換え実験と倫理遺伝子組換え実験の基本概念(カルタヘナ法)と倫理柏本 孝茂
8バイオセーフティと倫理バイオセーフティ/バイオセキュリティの基本概念と規則田邊 太志
9産業動物の獣医療と獣医倫理Ⅰ産業動物の福祉とその現状坂口 実
10産業動物の獣医療と獣医倫理Ⅱ飼い主、調教師、獣医師の責任、産業動物の飼養と理想的輸送、と畜法坂口 実
11日本の獣医関連法規と獣医倫理の基本原則日本の獣医関連法規に見られる獣医倫理と動物福祉、防疫の重要性と獣医倫理夏堀 雅宏
12補助犬と獣医倫理および災害時における人間と動物に関わる倫理補助犬および災害時に獣医師が果たす役割、動物シェルターと動物愛護センター青森県職員
13動物介在療法と獣医倫理・野生動物および展示動物と獣医倫理野生動物に関する福祉と倫理、動物園、水族館の使命と展示動物などの福祉と倫理青森県職員
14研究者・技術者の倫理・医薬品使用と獣医倫理・総合討論科学技術活動の社会全体での位置付けと自らの社会や公益に対する責任の認識,および研究活動の不正行為の考え方とその防止について・獣医師と医薬品、医薬品の使用と規制・総合討論を含む夏堀 雅宏
15試験夏堀 雅宏

到達目標

コアカリキュラムに定められた内容を正しく理解し、説明できること。

評価方法

定期試験による評価 100%

準備学習(予習・復習等)

予習:講義前に教科書・参考書・配布資料およびインターネット情報等を通じ、動物愛護の考え方を調べておく
復習:機会ある毎に学外実習等で各地域の動物病院、動物愛護センター、動物園・水族館、大学・試験研究施設等の現状と問題点をまとめてみる。
授業時間外に必要な学習の時間:30時間

その他注意事等

倫理や福祉は絶対的概念ではなく、その時代や経済的背景、地域の風習を含む雰囲気を反映することが少なくない。しかしながら、倫理的な概念は時代の変化と共に前進しており、歴史を振り返るだけではなく未来の獣医師に課せられる課題も多く含まれる内容である。このために、様々な考えを知った上で最上の判断を下すためにはどうしたらよいか、自分だけではなく、多くの人とのコミュニケーションを通じて理解し、実践につなげてほしい。実務経験の授業への活用方法:オムニバス形式の講義であるため,それぞれの担当者から在職中の経験等を踏まえた講義がおこなわれる。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書獣医倫理・動物福祉学 獣医学教育モデル・コア・カリキュラム準拠池本卯典・吉川泰弘・伊藤伸彦 監修緑書房 3,300円
参考書獣医倫理学入門 -理論と実践 バーナード・ローリン白揚社 6,380円
参考書研究活動の不正行為への対応のガイドラインについて
https://bit.ly/2uzY5f0
文科省研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン
平成26年8月26日 文部科学大臣決定
https://bit.ly/381PGyC
参考書科学の健全な発展のために-誠実な科学者の心得-日本学術振興会 「科学の健全な発展のために」編集委員会https://bit.ly/2us7zJ0