獣医免疫学Ⅱ
英文名Veterinary Immunology Ⅱ
科目概要獣医学科2年後期 [月曜日2時限(週1コマ)]、3群科目、必修、講義、1単位(15時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎胡 東良小野 久弥
講義室B31講義室
備考科目ナンバリング:VV301-GH24

授業の目的

獣医免疫学Ⅱでは、感染免疫、粘膜免疫、免疫応答の異常および免疫疾患とそのメカニズムを学習する。さらに、各種動物の免疫系の進化、環境適応、免疫システム構成の特殊性、免疫応答と感染防御の多様性を理解し、獣医師が活躍する多様な分野と現場において柔軟な思考と臨機対応ができることを目標とする。

教育内容

獣医免疫学Ⅱの教育内容としては,動物の感染免疫、粘膜免疫、免疫応答の異常および免疫疾患とそのメカニズムを講義する。また、各種動物(昆虫,魚類,鳥類,哺乳類)の免疫系の進化、環境適応、免疫システム構成の特殊性、免疫応答と感染防御の多様性を講義する。さらに,ワクチンとワクチン接種,免疫検査診断,免疫治療を説明する。

教育方法

講義形式,討論式。パワーポイントと配布資料を用いて説明する。フィードバックとして、討論や学生の質問に対し口頭解答や参考資料などを提示する。

卒業・学位授与の方針と当該科目の関連

◯ DP1:生命科学の理解と高い教養及び倫理観の習得
◎ DP2:動物の病気の診断・治療・予防に関する知識を持ち、適切に実践できる能力

授業内容(シラバス)

項目内容担当者
1感染に対する自然免疫ウイルス、細菌、真菌、寄生虫などの病原体感染機構と宿主の自然免疫防御機序 小野 久弥
2感染に対する獲得免疫ウイルス、細菌、真菌、寄生虫などの感染に対する適応免疫応答とその防御機序小野 久弥
3粘膜免疫粘膜免疫の特徴、パイエル板、IgA、粘膜ワクチン小野 久弥
4自己免疫と疾患自己免疫の仕組み、臓器特異的自己免疫、全身性自己免疫  小野 久弥
5免疫不全と疾患原発性免疫不全、続発性免疫不全、感染と免疫不全  小野 久弥
6腫瘍免疫腫瘍免疫監視機構、腫瘍抗原、腫瘍免疫誘導、腫瘍の免疫治療小野 久弥
7生殖免疫胎児と母体の免疫応答、母体と胎児間の交通小野 久弥
8輸血反応、移植免疫輸血、移植の種類、組織適合抗原と移植免疫反応、移植拒絶反応小野 久弥
9昆虫類の免疫昆虫免疫の系統発生、昆虫の免疫細胞、防御レクチン、TLR、抗菌ペプチドなど胡 東良
10魚類の免疫魚類の免疫器官・組織・細胞、魚類の自然免疫、魚類の獲得免疫、変温動物としての魚類免疫応答、魚類ワクチン接種の特徴胡 東良
11鳥類の免疫鳥類免疫系の位置、鳥類免疫器官・細胞、鳥類の免疫グロプリン(IgY)、卵と移行抗体胡 東良
12哺乳類の免疫ー犬・猫・牛・羊・豚など犬・猫の免疫学的特性;反芻動物のパイエル板、反芻動物の胎盤特異性、初乳と新生子牛の免疫胡 東良
13ワクチンとワクチン接種ワクチンの種類、ワクチン免疫機序、アジュバントの種類と意義、新型ワクチンの開発胡 東良
14免疫学検査と免疫治療抗原抗体検査、免疫細胞検査、抗体や免疫細胞を用いる治療法胡 東良
15総括総合復習胡 東良

到達目標

感染免疫、免疫異常および免疫疾病とそのメカニズムを理解できる。各種動物の免疫系の進化、環境適応、系統発生上獲得した免疫機構を理解し、昆虫、魚類、鳥類、哺乳類の異なる免疫学特性を説明できる。免疫学原理と免疫学検査・診断法を他の教科と関連付けができる。ワクチンによる感染予防機序を理解できる。

評価方法

成績は、 授業態度と学期末の定期試験を含めて総合的に評価し、判定する。(授業態度10%、定期試験90%)

準備学習(予習・復習等)

授業時間外に必要な学習時間: 30時間
予習:次回の授業内容に関連する教科書とプリント箇所を予習する。
復習:前回の授業で習った部分を次回の授業までに復習する。

その他注意事等

(なし)

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書免疫学コア講義(改訂4版)熊ノ郷 淳ら編南山堂
参考書イラストで見る 獣医免疫学古澤修一ら監訳インタズー
参考書獣医免疫学池田輝雄ら監修緑書房
参考書シンプル免疫学(改訂5版)中島泉ら共著南江堂