獣医感染症学Ⅰ
英文名Veterinary Infectious Diseases Ⅰ
科目概要獣医学科3年前期 [金曜日3時限(週1コマ)]、3群科目、必修、講義、1単位(15時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎髙野 友美
講義室B21講義室
備考科目ナンバリング:VV301-GH34

授業の目的

1.感染症の発生を支配する病原体、宿主、および宿主を取りまく環境因子の成り立ちを理解し、感染症の制圧をどのようにすべきかの基礎を学ぶ。
2.牛・めん羊・山羊のウイルス感染症について宿主への感染とそれに伴う生体反応を理解し、その感染症の疫学、発病機序、診断方法、予防、治療方法の基礎的な知識を習得する。

教育内容

獣医感染症学Iではウイルス感染症の総論および牛、めん羊および山羊のウイルス感染症を説明する。また、プリオン病についても講義する。

教育方法

パワーポイントと配布資料を用いて講義を行う。授業の理解を深めるため、過去の獣医師国家試験において本講義と関連する問題を提示し、それを解く時間を設ける。WebClassにおいて講義内容に則した問題を提示し、講義内容を理解させる。

卒業・学位授与の方針と当該科目の関連

〇DP1:生命科学の理解と高い教養及び倫理観の習得
◎DP2:動物の病気の診断・治療・予防に関する知識を持ち、適切に実践できる能力
〇DP6:人獣共通感染症の制圧に寄与する能力

授業内容(シラバス)

項目内容担当者
1感染症の成立宿主と病原体の関係、感染症成立の要因、自然界での病原体存続髙野 友美
2局所感染と全身感染病原体の体内伝播、局所・全身感染症、持続感染の成立、他髙野 友美
3感染と発病機序侵入門戸、体内伝播、発病機序、他髙野 友美
4感染症に対する生体防御感染と免疫、液性免疫、細胞性免疫、母子免疫、他髙野 友美
5感染症の実験室内診断検査材料の取扱い、検査法の概要、他髙野 友美
6感染症の予防と治療ワクチンの投与方法、化学療法、副反応、他髙野 友美
7牛のウイルス病口蹄疫、牛疫、他髙野 友美
8牛のウイルス病牛流行熱、イバラキ病、牛伝染性鼻気管炎、他髙野 友美
9牛のウイルス病牛ウイルス性下痢・粘膜病、牛白血病、他髙野 友美
10牛のウイルス病ウイルス性異常産(アカバネ、アイノ、チュウザン病)、他髙野 友美
11牛のウイルス病ロタ、悪性カタル、パラインフル、コロナ、他髙野 友美
12めん羊・山羊のウイルス病山羊関節炎・脳脊髄炎、マエディ・ビスナ、リフトバレー熱、他髙野 友美
13めん羊・山羊のウイルス病伝染性膿疱性皮膚炎、小反芻獣疫、羊痘、他髙野 友美
14プリオン病牛海綿状脳症、スクレイピー、他髙野 友美
15総括感染症学総論および牛・めん羊・山羊のウイルス感染症の内容を総括すると共に理解度を確認する。髙野 友美

到達目標

1. 感染症と伝染病の成り立ちを理解し、それらの防圧はどのようにすべきであるかを理解し説明できる。
2. 牛・めん羊・山羊のウイルス感染症の種類とその発病機序、診断方法および予防・治療方法などを習得し説明できる。

評価方法

定期試験(95%)を中心とするが、受講態度など(5%)も考慮して総合的に評価する。WebClassにおいて講義内容に則した自習用の問題を掲載してその正答率を確認する(解答終了後にその場で正答・解説を確認できる)。

準備学習(予習・復習等)

授業時間外に必要な学習の時間:30時間。
予習:教科書『動物の感染症』の各回の授業内容に関する箇所を学習しておくこと。
復習:配布資料と教科書を比較し、復習しておくこと。不明な箇所は、オフィスアワー等を利用して、積極的に質問すること。

その他注意事等

わが国の獣医学は伝染病を核として発展・進歩してきたと言われるほどに重要な科目であり十分な理解が必要です。この科目は、微生物学、免疫学、病理学、疫学、などの基礎科目と4年生から開始される内科学などの臨床系科目を包含する広い領域にまたがる応用学科目である。そのため、まず上記の基礎系科目の理解が十分でないと授業を理解することが困難となります。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書動物の感染症 (第四版)明石博臣 他近代出版
教科書獣医学教育モデル・コア・カリキュラム準拠 動物感染症学公益社団法人 日本獣医学会 微生物分科会 編近代出版
参考書獣医感染症カラーアトラス(第2版) 見上 彪監修文永堂出版