獣医外科学
英文名Veterinary Surgery
科目概要獣医学科4年前期 [火曜日2・3時限(週2コマ)]、3群科目、必修、講義、2単位(30時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎岡野 昇三 (※)岩井 聡美 (※)石野 寛和 (※)
講義室B11講義室
備考科目ナンバリング:VV301-GC46

授業の目的

外科的診断・治療を行うために必要な基礎的な知識と治療の原則を理解する。

教育内容

獣医外科学は、創傷、侵襲、出血、ショック、周術期管理、理学療法など外科学の基本的な知識を講義する。

教育方法

資料配付を行い講義形式で進める。小テストを行い前回講義の理解度を確認し、要点を解説する。

卒業・学位授与の方針と当該科目の関連

◎DP2:動物の病気の診断・治療・予防に関する知識を持ち、適切に実践できる能力

授業内容(シラバス)

項目内容担当者
1動物の取扱とカルテの記載保定、問診、触診、視診、聴診岡野 昇三
2外科的診断法一般検査(局所検査、全身検査)、特殊検査岡野 昇三
3損傷1損傷(創傷)の分類岡野 昇三
4損傷2損傷(創傷)の原因、症状、治療岡野 昇三
5創傷治癒1創傷治癒の機序岡野 昇三
6創傷治癒2創傷治癒の遅延岡野 昇三
7挫傷挫傷の原因と病態、挫傷の症状、治療岡野 昇三
8損傷の処置1肉芽、化膿、咬傷の処置岡野 昇三
9損傷の処置2皮弁、皮膚移植岡野 昇三
10創傷感染膿瘍、フレグモ-ネ、創傷部位の洗浄、保護、原因菌の同定岡野 昇三
11外科的侵襲1内分泌、神経系および免疫系の反応岡野 昇三
12外科的侵襲2侵襲の軽減岡野 昇三
13出血と止血1出血の種類、出血量の推定、止血法岡野 昇三
14出血と止血2血液凝固異常、DIC岡野 昇三
15ショック1ショックの原因、病態岡野 昇三
16ショック2ショックの診断、治療岡野 昇三
17輸液療法・輸血療法輸液療法の適応、輸液の種類と投与量、輸血の適応、検査、投与量岡野 昇三
18酸-塩基平衡アシドーシス、アルカローシス岡野 昇三
19栄養管理経腸栄養、非経腸栄養、高カロリー輸液岡野 昇三
20理学療法1リハビリテーション石野 寛和
21理学療法2温熱療法、低周波療法、超音波療法石野 寛和
22再生医療再生医学と再生医療、現状と展望岩井 聡美
23腫瘍学総論1増殖機序、転移機序岩井 聡美
24腫瘍学総論2グレード分類、臨床病期岩井 聡美
25軟部外科総論1腹部手術の基本岡野 昇三
26軟部外科総論2胸部手術の基本岡野 昇三
27整形外科総論1運動器疾患の症状・診断石野 寛和
28整形外科総論2神経学的検査石野 寛和
29まとめ1小テスト岡野 昇三
30まとめ2解説岡野 昇三

到達目標

獣医外科学に必要な基礎的知識および治療の原則を理解し、説明することができることを目的とする。

評価方法

定期試験(90%)と小テスト(10%)で評価する。

準備学習(予習・復習等)

【授業時間以外に必要な学習時間:60時間】
予習:次回の授業範囲を予習し、専門用語等を理解しておくこと。
復習:講義内容を資料・参考書で再確認してまとめておくこと。

その他注意事等

オフィスアワーは、火曜日のお昼休みです。
実務経験の授業への活用方法:動物病院での臨床経験を踏まえ、外科的な知識や手術手技を概説する。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書毎回、資料を配布する
参考書Small Animal Surgery 若尾義人・田中茂男・多川政弘 監訳インターズー