獣医解剖学実習Ⅰ
英文名Veterinary Anatomy Laboratory Ⅰ
科目概要獣医学科2年前期 [火曜日4・5・6時限(週3コマ)]、3群科目、必修、実習、1単位(45時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎吉岡 一機杉山 真言深沢 英恵
講義室解剖学実習棟、B33実習室、B31講義室
備考科目ナンバリング:VV304-GS23

授業の目的

産業動物における身体の解剖学的構造を実際の動物標本に即し理解する。

教育内容

ウシ・ウマの骨格標本を用いて実際の骨格・関節を理解する。
ウシ・ウマ・ブタの動物標本を用い、実際の身体構造を理解する。
獣医臨床・臨床研究との関連を理解する。

教育方法

骨学・関節学: 教科書による講義形式の説明の後、ウシ・ウマの骨格を観察する。授業内容に関し口頭試問を行う。
肉眼解剖: 教科書・配布資料を用いながらウシ・ウマ・ブタの示説解剖を実施する。
授業範囲に関連する質問は随時受け付け、質問と回答は全体に示すことでフィードバックを行う。状況に応じWebClass (e-Lerning)を活用する。

卒業・学位授与の方針と当該科目の関連

◎DP1:生命科学の理解と高い教養及び倫理観の習得
◯DP2:動物の病気の診断・治療・予防に関する知識を持ち、適切に実践できる能力
 DP3:食品の安全性の確保と供給に資する能力
 DP4:医薬品の開発に寄与する能力
 DP5:野生動物の保全に寄与する能力
 DP6:人獣共通感染症の制圧に寄与する能力

授業内容(シラバス)

項目内容担当者
1骨学実習1骨の基本的構造と一般頸椎杉山 真言
深沢 英恵
吉岡 一機
2骨学実習2ウシ、ウマの体幹骨杉山 真言
深沢 英恵
吉岡 一機
3骨学実習3ウシ、ウマの頭蓋骨杉山 真言
深沢 英恵
吉岡 一機
4骨学実習4ウシ、ウマの前肢骨杉山 真言
深沢 英恵
吉岡 一機
5骨学実習5ウシ、ウマの後肢骨杉山 真言
深沢 英恵
吉岡 一機
6骨学実習6関節学杉山 真言
深沢 英恵
吉岡 一機
7ウシの肉眼解剖学実習1体表の筋、前肢帯筋、前肢杉山 真言
深沢 英恵
吉岡 一機
8ウシの肉眼解剖学実習2頸部、胸壁、胸腔器官杉山 真言
深沢 英恵
吉岡 一機
9ウシの肉眼解剖学実習3腹壁、腹腔器官、臀部杉山 真言
深沢 英恵
吉岡 一機
10ウシの肉眼解剖学実習4後肢、泌尿生殖器、頭部杉山 真言
深沢 英恵
吉岡 一機
11ウマ、ブタの肉眼解剖学実習1体表の筋、前肢帯筋、前肢杉山 真言
深沢 英恵
吉岡 一機
12ウマ、ブタの肉眼解剖学実習2頚部、胸壁、胸腔器官杉山 真言
深沢 英恵
吉岡 一機
13ウマ、ブタの肉眼解剖学実習3腹壁、腹腔器官、臀部杉山 真言
深沢 英恵
吉岡 一機
14ウマ、ブタの肉眼解剖学実習4後肢、泌尿生殖器、頭部杉山 真言
深沢 英恵
吉岡 一機
15産業動物における骨学実習と肉学解剖の総括総括・まとめ杉山 真言
深沢 英恵
吉岡 一機

到達目標

1) 産業動物における骨と関節の形態を説明できる。
2) 産業動物の肉学解剖学的特徴を説明できる。
3) 動物の生命倫理に配慮し、意欲的に実習に参加できる。

評価方法

1) 定期試験 (90%)
2) 授業態度・口頭試問 (10%)
電子デバイスの不適切な利用(肖像権、著作権等を侵害する行為)、動物実験倫理に反する行為は欠格条件とする。

準備学習(予習・復習等)

[授業時間外に必要な学習の時間: 2時間]
「予習」 各回の授業内容に関連するwebclassの資料、教科書および参考書を読み、概要を理解する。
「復習」 実習時のメモや講義を参考にし、各回の授業内容に関連する箇所を復習する。

その他注意事等

遺体に対し敬意を持って臨むこと。示説解剖時における電子デバイスの使用を禁ずる。
コロナウイルス感染症の影響等により授業形態が変更したり、その他の理由により日程が変更する場合がある。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書配布資料
教科書家畜比較解剖学 第三版吉岡一機,長竿 淳,武藤顕一郎 共著学窓社
参考書カラーアトラス獣医解剖学(上巻・下巻)
日本獣医解剖学会 監訳
チクサン出版社
参考書新編 家畜比較解剖図説(上巻・下巻)加藤嘉太郎,山内昭二 著養賢堂