大動物総合臨床学Ⅲ(内科系)[5年前期]
英文名Clinical Veterinary Medicine for Large Animals Ⅲ
科目概要獣医学科5年前期 [火曜日2・3時限(週2コマ)]、3群科目、必修、講義、2単位(30時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎高橋 史昭 (※)前田 洋佑 (※)菅野 智裕 (※)佐藤 繁帆保 誠二担当者全員
講義室A21講義室
備考科目ナンバリング:VV301-GC57

授業の目的

臨床症状の正しい把握から病態、即ち病気の本質を見極め、さらに病気の成り立ちや原因の正しい解釈・治療および予防法の策定までの過程を理解させる。

教育内容

大動物における主たる内科疾患および徴候の病態生理、診断、治療へのアプローチを学ぶ。

教育方法

パワーポイントおよび配布資料に基づき講義する。また、レポート提出や小テスト等を課した場合は次回の講義でその解答を解説したり、過去の試験問題などについて解説することで理解度の向上を図る。

卒業・学位授与の方針と当該科目の関連

〇DP1:生命科学の理解と高い教養及び倫理観の習得
◎DP2:動物の病気の診断・治療・予防に関する知識を持ち、適切に実践できる能力に関連する。
〇 DP3:食品の安全性の確保と供給に資する能力
〇DP6:人獣共通感染症の制圧に寄与する能力

授業内容(シラバス)

項目内容担当者
1~2獣医内科学・大動物家畜の代謝性疾患の診断と治療菅野 智裕
3~4獣医内科学・大動物呼吸に異常を認める疾患・喘鳴症、咽喉頭炎などの治療前田 洋佑
5~6獣医内科学・大動物反芻類の消化器病・代謝性疾患と対処法(特にルーメンアシドーシス、乳熱など)佐藤 繁
7~8獣医内科学・大動物糖質・脂質代謝に異常を認める疾患と治療(特にケトーシス・脂肪肝など)佐藤 繁
9~10獣医内科学・大動物家畜の中毒疾患の診断と治療菅野 智裕
11~12獣医内科学・大動物寄生虫病の診断と治療高橋 史昭
13~14獣医内科学・大動物下痢・血便を呈する疾患と治療、輸液療法高橋 史昭
15~16獣医内科学・大動物豚の感染症の診断と治療前田 洋佑
17~18獣医内科学・大動物新生子の疾患と乳牛の遺伝性疾患前田 洋佑
19~20獣医内科学・大動物黒毛和種牛の遺伝性疾患前田 洋佑
21~22獣医内科学・大動物牛と豚の生産獣医療システム高橋 史昭
23~24馬の内科学馬臨床学総論帆保 誠二
25~26馬の内科学馬の循環器疾患・呼吸器疾患・感染症帆保 誠二
27~28馬の内科学馬の消化器疾患・眼科疾患帆保 誠二
29~30総括学習効果の確認担当者全員

到達目標

1.稟告・一般臨床検査・高度医療検査などにより、可能な限り発病および生体情報を得ることにより、病態の正確な把握に至る種々なアプローチを習得できる。 2.病態の把握に基き、人体・他の家畜への影響、経済動物の面からの予後の推察、治療法の選択を思考できる。

評価方法

原則として定期試験で評価を行うが、レポートを課し添削後に返却したり、小テストを実施して、講義時に解答の解説を行ったりすることで評価の一部とする。(総合評価は定期試験を90%、レポートや小テスト等を課した場合は10%程度の範囲内で考慮する)

準備学習(予習・復習等)

【授業時間以外に必要とする学習時間:計60時間】
予習:事前に教科書を熟読し、疑問点等について質問し得るまでに予習しておくことが望ましい。
復習:配布資料と講義内容を教科書と照らし合わせながら再読する。

その他注意事等

実務経験の授業への活用方法:臨床現場における実際の症例を紹介しながら、疾患の病態や診断、治療法などを解り易く解説する。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書獣医内科学・大動物編(第2版)獣医内科学アカデミー編文永堂出版
教科書馬臨床学 (獣医学教育モデル・コア・カリキュラム準拠)樋口 徹緑書房
教科書コアカリ産業動物臨床学 コアカリ獣医内科学(産業動物臨床学)編集委員会文永堂
教科書イラストでみる馬の病気監訳:帆保 誠二 翻訳:河野 亜紀
著:Marta Barba、John Schumacher
緑書房
教科書獣医内科学・大動物編(第3版)獣医内科学アカデミー編文永堂出版
参考書主要症状を基礎にした牛の臨床3小岩正照監修デェーリィマン社