野生動物学
英文名Wild Animal Sciences
科目概要生物環境科学科2年前期 [木曜日2時限(週1コマ)]、3群科目、必修、講義、2単位(30時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎進藤 順治 (※)
講義室831講義室
備考科目ナンバリング:VE301-EE13
JABEE認定プログラム履修の手引き(表3・14)との関連E

教員免許取得のための必修科目

科目教科に関する科目(高等学校 農業)
施行規則に定める科目区分
  • 農業

授業の目的

野生動物に関する進化、分類、機能形態や生態などの基礎を理解し、野生動物の保護管理の理論や保全に必要な論理を展開する能力を修得する。

教育内容

野生動物学は、生物多様性の保全に必要な野生動物の機能・形態、生態、基本的な調査方法、ヒトと野生動物の様々な関係について講義する。

教育方法

パワーポイントと配布資料を用いた講義形式で行う。フィードバックとして試験解説を行う。

卒業・学位授与の方針と当該科目の関連

〇DP1:豊かな人間性と高い倫理観
〇DP2:環境科学に関する理解と高度の知識・技能
〇DP3:生態系機能の解明と理解を基盤に環境保全に貢献できる能力
 DP4:環境資源の維持と修復に寄与する能力
 DP5:環境保全に関わる社会の多様な要請に応えられる問題解決能力

授業内容(シラバス)

項目内容担当者日時
1生物多様性と野生動物野生動物とは何か、生物多様性の保全に係わる野生動物学の意義について(テキストp2-4)進藤 順治
4/6②
2野生動物の調査1~調査の基本について~捕獲調査、目視調査、聞き取り調査について(テキストp22-29)進藤 順治
4/13②
3野生動物の調査2~調査方法、個体数推定法~痕跡調査や追跡調査について、特にテレメトリー、INTGEP法(テキストp22-29)進藤 順治
4/20②
4動物の分類動物分類、種の定義、学名学名(二名法)について(テキスp5-7) 進藤 順治
4/27②
5脊椎動物の機能と形態1~魚類~魚類の基本形態と機能ついて(テキストp13-15)進藤 順治
5/11②
6脊椎動物の機能と形態2~両生類・爬虫類~両生、は虫類の基本形態と機能ついて(テキストp15-19)進藤 順治
5/18②
7脊椎動物の機能と形態3~鳥類~鳥類の基本形態と機能ついて(テキストp19-22)進藤 順治
5/25②
8脊椎動物の機能と形態4~哺乳類~哺乳類の基本形態と機能について(テキストp8-13)進藤 順治
6/1②
9野生動物の生態野生動物の生態や機能について(テキストp8-13)進藤 順治
6/8②
10野生動物の生態~個体群生態学~野生動物の個体群に係わる要因について(テキストp31-37)進藤 順治
6/15②
11野生動物の生態~適応度・繁殖~野生動物の採食について(テキスト28-37ページ)進藤 順治
6/22②
12野生動物の生態~採食と行動~野生動物の生態について(テキスト31-37ページ)進藤 順治
6/29②
13野生動物の価値と管理資源的価値、環境的価値、文化的価値(テキスト37-40ページ)進藤 順治
7/6②
14人と野生動物の関係人獣共通の感染症、獣害、法律について(テキストp40-46)進藤 順治
7/13②

到達目標

①野生動物の形態、生理、生態の基礎を学び、それらが生物多様性の保全に必要な要素であることを説明できる。(知識・技能)(関心・意欲・態度)
②野生動物とヒトとの関わりや野生動物の問題について議論できる。(関心・意欲・態度)
③野生動物分野におけるエコエンジニアの役割について説明できる。(思考・判断・表現)

評価方法

成績評価は、定期試験(100点)を行う。欠席に関しては試験細則第5条を適応する。
到達目標に達していない場合は再試験を一回行う。
定期試験は試験終了後、模範解答を示し解説を行う。

準備学習(予習・復習等)

【授業時間外に必要な学習時間:60時間】
予習:授業開始時に毎回授業内容に関するキーワードの確認を行うので配布したテキストを用い、授業内容に関するキーワードについて調べ整理しておくこと。
復習:授業内容を整理しておくこと。

その他注意事等

オフィスアワーは木曜日の実習終了後です。
実務経験の授業への活用方法:水族館での勤務経験を踏まえ、野生動物の飼育だけでなく博物学的な知見、または動物科学の視点から野生動物の形態・生態学的な情報を提供し、さらに野外調査手法やデーターの整理などを講義する。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書授業開始時にテキストを配布、また授業ごとに資料を配布する。
参考書獣医学・応用動物科学系学生のための野生動物学 村田浩一・坪田敏男 編 文永堂出版