動物環境衛生学
英文名Environmental Hygiene
科目概要生物環境科学科3年後期 [火曜日2時限(週1コマ)]、3群科目、選択、講義、2単位(30時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎鎌田 亮 (※)
講義室841講義室
備考科目ナンバリング:VE301-EE29

授業の目的

野生動物を含めた多くの生物は、環境汚染によって数々の苦難を強いられてきた。環境汚染の歴史・現状と動物の健康影響の種類・メカニズムを学習し、野生動物の健康を守るために環境をどのように修復・保全していかなければならないか考える道標としたい。

教育内容

1.環境汚染・環境破壊の歴史と現在の状況について説明する。
2.化学物質による生物影響の種類・メカニズムについて、主に哺乳類を対象として、各臓器の構造と機能の概説とともに講義する。
3.環境の修復・保全対策について関連法規を含めて説明する。

教育方法

配付資料とパワーポイントを用いて講義形式で進める。
定期試験の内容・結果に疑問がある場合には面談に応じ、疑問に答える。

卒業・学位授与の方針と当該科目の関連

〇DP1:豊かな人間性と高い倫理観
〇DP2:環境科学に関する理解と高度の知識・技能
◎DP3:生態系機能の解明と理解を基盤に環境保全に貢献できる能力
〇DP4:環境資源の維持と修復に寄与する能力
〇DP5:環境保全に関わる社会の多様な要請に応えられる問題解決能力

授業内容(シラバス)

項目内容担当者日時
1動物環境衛生学とは環境汚染の歴史と環境衛生学の成立鎌田 亮
9/19②
2大気汚染大気汚染物質の汚染源、環境中動態、大気汚染の例鎌田 亮
9/26②
3水質汚染水質汚染物質の汚染源、環境中動態、水質汚染の例鎌田 亮
10/3②
4土壌汚染土壌汚染物質の汚染源、環境中動態、土壌汚染の例鎌田 亮
10/17②
5化学物質の生体内動態1環境汚染物質の動物体内への移行鎌田 亮
10/24②
6化学物質の生体内動態2化学物質の体内動態と防御機構鎌田 亮
10/31②
7遺伝毒性・発がん性遺伝毒性の種類・メカニズムと遺伝毒性物質
発がんのメカニズムと発がん性物質
鎌田 亮
11/7②
8生殖・発生への影響生殖器の構造と機能、個体発生の過程、代表的な生殖発生毒性物質鎌田 亮
11/14②
9呼吸器・免疫への影響呼吸器・免疫系の構造と機能、化学物質による影響、代表的な呼吸器・免疫毒性物質鎌田 亮
11/21②
10肝臓・腎臓への影響肝臓・腎臓の構造と機能、化学物質による影響、代表的な肝臓・腎臓毒性物質鎌田 亮
11/28②
11神経系・その他臓器への影響神経系・その他臓器の構造と機能、化学物質による影響、代表的な神経系・その他臓器の毒性物質鎌田 亮
12/5②
12汚染物質の分解・耐性機構細菌・植物による化学物質の吸収・分解鎌田 亮
12/12②
13環境保全への取り組み環境汚染低減への取り組み(バイオレメディエーション等)鎌田 亮
12/19②
14環境保全関連法規国内外の野生生物保護・環境保全に関する法律・取り決め鎌田 亮
12/26②

到達目標

1.環境汚染の歴史、現在の実態を把握する。
2.化学物質による生物影響の種類・メカニズムを理解し、説明できる。
3.環境の修復・保全対策の立案ができる。

評価方法

定期試験によって評価する(100%)。

準備学習(予習・復習等)

【授業時間外に必要な学習の時間:60時間】
予習:書籍、インターネット等を通して、環境汚染問題にはどのようなものがあるか検索する。予め配付された資料を読んでおく。
復習:授業と配付資料では特に重要な項目を紹介するが、興味のある分野については自分でさらに調査し知見を得る。

その他注意事等

環境衛生学は野生生物保護に関する重要な学問の1つである。積極的な気持ちで参加して欲しい。
実務経験の授業への活用方法:国立環境研究所での勤務経験で得た知識を生かして、環境汚染の現況とその影響、研究、対策について詳説する。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書各回資料を配付する
参考書環境衛生科学 内海英雄、大沢基保 南江堂
参考書環境衛生の科学  篠田純男、那須正夫、黒木広明、三好伸一  三共出版
参考書環境毒性学  渡邉泉、久野勝治  朝倉書店