測量学実習Ⅱ
英文名Practice in Surveying Ⅱ
科目概要生物環境科学科3年後期 [木曜日3・4時限(週2コマ)]、3群科目、選択、実習、1単位(45時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎樽屋 啓之 (※)柿野 亘 (※)
講義室841講義室、コンピュータ実習室
備考科目ナンバリング:VE304-RS29
JABEE認定プログラム履修の手引き(表3・14)との関連E、F

授業の目的

測量学の成果として得られるフィールドデータとそれらのマッピング技術、解析技術はフィールドサイエンスの基本技術である。これらの基本技術の基礎となる応用測量、空間情報工学による地形データの取得・解析手法を、現場測量とデータ解析の実習を通じて習得することができる。生物環境における動植物資源の利用と環境保全の重要性の理解(カリキュラムポリシー)を達成することができる。

教育内容

大学の近隣に整備されたビオトープと農業水路を対象に、地形測量、等高線測量、流量観測等の現場実習を通じて、トータルステーションの操作法と空間データの取得法および分析手法を習得する。また、室内においてQGISを用いたコンピュータ実習により、現場で得られたデータのマッピング技術と解析技術を習得する。

教育方法

学内においてトータルステーションに関する学習と操作の練習を積んだ後、ビオトープにフィールドを移して、測量学で学んできた測量技術を駆使して地形測量、水路測量等を習得する。QGISを用いたコンピュータ実習により測量データのデジタルマッピングと 解析技術、実際の地域計画における利活用を想定した分析技術を習得する。実習では指導の接点を等しく配分するためグループ(A,B)別および班別のシフト方式を採用し、その中で指導のフィードバックを行う。

卒業・学位授与の方針と当該科目の関連

〇 DP1:豊かな人間性と高い倫理観
〇 DP2:環境科学に関する理解と高度の知識・技能
◎ DP3:生態系機能の解明と理解を基盤に環境保全に貢献できる能力
◎ DP4:環境資源の維持と修復に寄与する能力
◎ DP5:環境保全に関わる社会の多様な要請に応えられる問題解決能力

授業内容(シラバス)

項目内容担当者日時
1ガイダンス
トータルステーション(1)-A, Bグループ
実習内容全体の概要、諸注意、ソフトウェア導入方法等について説明する。
トータルステーションの実機を使ってしくみと操作方法の概略を学ぶ。
樽屋 啓之
柿野 亘
9/21③④
2トータルステーション(2)-A, Bグループトータルステーションを用いて、仮想目標点に対する距離、角度測定を実習し、観測データを分析する。樽屋 啓之
柿野 亘
9/28③④
3流量観測-Aグループ
QGISの実習(1)-Bグループ
Aグループ:流量観測
Bグループ:QGISに関する概説
樽屋 啓之
柿野 亘
10/5③④
4流量観測-Bグループ
QGISの実習(1)-Aグループ
Aグループ:QGISに関する概説
Bグループ:流量観測
樽屋 啓之
柿野 亘
10/12③④
5トータルステーション(3)-Aグループ
QGISの実習(2)-Bグループ
Aグループ:トータルステーションによるトラバース測量。
Bグループ:QGISの準備
樽屋 啓之
柿野 亘
10/19③④
6トータルステーション(3)-Bグループ
QGISの実習(2)-Aグループ
Aグループ:QGISの準備。
Bグループ:トータルステーションによるトラバース測量。
樽屋 啓之
柿野 亘
10/26③④
7トータルステーション(4)-Aグループ
QGISの実習(3)-Bグループ
Aグループ:トータルステーションによる地形測量、等高線測量、水準測量等。
Bグループ:ベクタレイヤとラスタレイヤの地図表現
樽屋 啓之
柿野 亘
11/2③④
8トータルステーション(4)-Bグループ
QGISの実習(3)-Aグループ
Aグループ:ベクタレイヤとラスタレイヤの地図表現
Bグループ:トータルステーションによる地形測量、等高線測量、水準測量等。
樽屋 啓之
柿野 亘
11/9③④
9トータルステーション(5)-Aグループ
QGISの実習(4)- Bグループ
Aグループ:トータルステーション操作習熟度のテスト。
Bグループ:座標参照系(CRS)
樽屋 啓之
柿野 亘
11/16③④
10トータルステーション(5)-Bグループ
QGISの実習(4)- Aグループ
Aグループ:座標参照系(CRS)
Bグループ:トータルステーション操作習熟度のテスト。
樽屋 啓之
柿野 亘
11/30③④
11QGISの実習(5)-A, Bグループ紙地図のQGISでの利用樽屋 啓之
柿野 亘
12/7③④
12QGISの実習(6)-A, Bグループ高品質地図の印刷樽屋 啓之
柿野 亘
12/14③④
13QGIS(7)-A, Bグループ到達目標達成確認試験樽屋 啓之
柿野 亘
12/21③④
14総括まとめ、および全体を通じての補足説明を行う。樽屋 啓之
柿野 亘
1/11③④

到達目標

測量学の成果として得られる数値データを使ったマッピング技術の基礎として、トータルステーションを用いた数値データの取得方法を修得できる。また、QGISを用いた地形データの取得手法、解析手法を修得できる。

評価方法

成績評価については、レポート(70%)および定期期末試験(30%)で行う。ただし、定期期末試験で60%以上得点できなかった場合は「不可」とする。

準備学習(予習・復習等)

【授業時間外に必要な学習の時間:ー時間】
予習:配布プリントを参考に、実験内容を必ず事前に理解してから実習に臨む。
復習:レポート課題の提出後、随時質問に対応する。

その他注意事等

トータルステーションとGISについては、事前に基礎知識を得ておく。使用するソフトはQGISである。ノートPCを持っていない場合を想定してUSBでも作業ができるようにする。32GB以上のUSBメモリ―を事前に準備しておく。実際の現場での適用方法についても指導する。
実務経験の授業への活用方法:水路および河川の測量実務経験に基づきトータルステーション、GISを指導する。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書配布プリント
参考書図説 わかる測量(学芸出版社)猪木幹雄、中田勝行、那須充 共著学芸出版社
参考書業務で使うQGIS ver.3 完全使いこなしガイド喜多耕一全国林業改良普及協会