植物生態環境学
英文名Plant and Environmental Ecology
科目概要生物環境科学科2年後期 [水曜日1時限(週1コマ)]、3群科目、必修、講義、2単位(30時間)
担当者(◎は科目責任者,※は実務経験のある教員) ◎山上 睦 (※)
講義室831講義室
備考科目ナンバリング:VE301-EE17
JABEE認定プログラム履修の手引き(表3・14)との関連E

授業の目的

植物生態環境学は植物と環境との関わりに関する学問である。特に、環境要因に対する植物の生理・生化学的応答を理解することは、自然現象を理解し、また環境保全を行うためにも重要である。本講義では、植物生態生理学的視点から、自然を科学的に理解する能力を身につけることを目的とする。

教育内容

1)環境要因である光、温度に対する植物の環境応答を講義する。
2)植物と動物との相互作用を共進化の視点から紹介する。
3)植物の環境応答を生理生化学的視点から理解できるようになる。

教育方法

講義毎に資料を配布し、パワーポイントを使って説明する。授業中に参考書を紹介しながら自己学習できるようにする。期末試験は、最終講義でまとめと過去の問題を解説し、問題に対する考え方や答え方を学習してフィードバックする。

卒業・学位授与の方針と当該科目の関連

〇DP1:豊かな人間性と高い倫理観
〇DP2:環境科学に関する理解と高度の知識・技能
〇DP3:生態系機能の解明と理解を基盤に環境保全に貢献できる能力
 DP4:環境資源の維持と修復に寄与する能力
 DP5:環境保全に関わる社会の多様な要請に応えられる問題解決能力

授業内容(シラバス)

項目内容担当者日時
1文献検索方法と文献の読み方自己学習法の基礎を教える。Google scholar,Pub Medの紹介山上 睦
9/21①
2環境要因と植物 光要因環境要因と植物、光環境、地球の光環境群落内の光環境 山上 睦
9/28①
3光合成と物質生産光―光合成曲線、光適応 山上 睦
10/5①
4光形態形成フィトクローム、光周性、光発芽 山上 睦
10/12①
5光合成とは何か 1光を集める 山上 睦
10/19①
6光合成とは何か 2エネルギー変換 山上 睦
10/26①
7気孔開閉と環境応答植物の水環境、蒸散と気孔開閉、気孔開閉の生化学 山上 睦
11/2①
8重力の作用、動く植物植物と重力、屈性 山上 睦
11/9①
9温度の作用 1植物の温度環境、高温ストレス、低温ストレス 山上 睦
11/16①
10温度の作用 2ヒートショックプロテインと環境応答 山上 睦
11/30①
11植物と動物の相互関係 1花生態学と生理生態学的考察 山上 睦
12/7①
12植物と動物の相互関係 2植物の種分化と化学生態学 山上 睦
12/14①
13植物と動物の相互関係 3補足と講義全体のまとめ、過去問題の解説と回答方法解説 山上 睦
12/21①
14まとめ補足と講義全体のまとめ、過去問題の解説と回答方法解説 山上 睦
1/11①

到達目標

1. 植物の光環境応答について生理生態学的に理解できる
2. 光合成について理解できる
3. 植物の気孔開閉の生理・生化学的応答を理解できる
4. 植物と動物の相互作用の共進化を理解できる
5. 問題に対する正しい理解と回答に対する作文の重要性を理解できる

評価方法

期末試験によって90%評価する。残す10%は授業中の態度および出欠にて評価する。欠席に関しては、試験細則第5条を適用する。

準備学習(予習・復習等)

【授業時間外に必要な学習の時間:60時間】
予習:参考書を随時紹介するので読むこと。講義内容に関わる事項を文献やインターネットなどで調べる。
復習:講義資料の配布と文献検索方法を講義するので、それをもとに自己学習する。勉学は自分で興味を持って自分で調べ発展させ、問題に対して仮説を立て立証できることであることを理解する。

その他注意事等

積極的に講義に参加して下さい。質問などは、講義開始前あるいは講義後に聞いてください。
環境科学に関する知識と教養・倫理観を養い、さらに生理生態系機能の解明と理解に資する。
実務経験の授業への活用方法:

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書なし
参考書環境植物学 田崎忠良 朝倉書店
参考書植物の生化学・分子生物学 B.B.Buchanann他 学会出版センター
参考書光合成とは何か 園池公毅 ブルーバックス
参考書生命とは? 物質か! ― サイエンスを知れば百考して危うからず 和田 昭允 オーム社